WHO(世界保健機構)では「うつ病は2020年には総疾病の第2位になる」と予測されています。うつ病の人は脳全体の血流低下が起こっています。

悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
→ 「サヨナラ・モンスター」 ←

WHO(世界保健機構)では「うつ病は2020年には総疾病の第2位になる」と予測されています。うつ病の人は脳全体の血流低下が起こっています。

WHO(世界保健機構)ではうつ病は2020年には総疾病の第2位になると予測されています。うつ病は2000年では総疾病の第4位だったのですが、これを上回り増えてくると予測されているのです。今までの流れから見るとこちらの予測は間違いないと僕は確信的に思っています。

つまり、今元気な人でも、うつ病になってしまうと確率が上がると言うことです。「そんなことわかるか!」と思いたい方もいるでしょう。だけど、食生活も環境も、考え方も、人への関わり方などが、どんどん適当になっている人が増えていると感じている人も多いかと思います。

昔とは違いは、今は自由です。そして安全です。そんな中、自分の好きなように生きることが出来る人も増えました。だけど自由には責任が伴います。その自由な日々の生活が実は「うつ病への道」だということを知らないまま「今を楽しく」生きている人もいます。

楽しく生きることは大切なことです。しかし、楽しいだけではいずれうつ病のようになる可能性が高いのです。マイナスとプラスはバランスをとっていないといけないのです。プラスばかりを求めていくとどんどんうつ病のようになる可能性が高くなっていくのです。

丁度チェッカーズの「ジュリアに傷心」という歌の「歌詞(※外部リンク)」にもあるように欲望を求め続けていくと、人らしい心を見失っていきます。欲望の街で大事な何かを見失うのです。

<<下に続く>>

そして、人は大事な何かを捨てる代わりに沢山の欲望で誤魔化すのです。その先に待っているものが「歪んだ認知」であり「うつ病」なのです。なのでうつ病の克服には「認知の歪みの修正」が効果的なのです。そして、スキーマ療法が効果的なのです。

つまり、人らしい心を見失うことで認知の歪みが増えていくのです。人らしさを司るのは「脳の前頭葉」です。うつ病の人は脳全体の血流低下が起こっています。そうなれば認知の歪みも増えることに繋がります。

ここで勘違いをしないでいただきたいのは欲望を求めることが悪いといっているのではないということ。欲はエネルギーになりますから必要なものです。そうではなく誤魔化したり逃げ続けるために欲望を求めていることが歪みの原因になってしまう可能性があるという意味です。ここもバランスが大事です。

脳全体の血流が上がるような生活習慣を作り出して認知の歪みを修正していくことが大切です。

関連コンテンツ

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
→ 「サヨナラ・モンスター」 ←

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by angemini

    やっぱり、私はなるべくしてうつ病になったんだなぁと、確信しました。

    昔の私は、表面ばかり磨く=他人の価値観で物事を捉えてばかりいる人間でした。

    確固たる「自分」は、いなかったんだろうなぁ…。

    今は、「自己肯定が大切」ということはよく理解しているつもりですが、果たして実行できているかは、まだ自信がありません。

    月2の診察で、「顔付きが明るくなってきている」と医師に言われているので、少しずつは良くなってきているんですかねぇ…。

    今まで他人の目ばかり気にしていたので、実は「自分を肯定する」って、どういう感じなのか、実感ができません。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      診察で、「顔付きが明るくなってきている」と医師に言われているるのは確かな良い変化だと思います^^

      そして2020年うつ病が2020年うつ病は2位になるということは、それだけ苦しむ人が増えると言うことですよね。
      だけど、その頃にはangeminiさんはとっくのまに解決していて、良い解決方法をその時に苦しんでいる人に伝えていけそうですよね(*^_^*)

      自分を肯定するには、まず肯定する対象がどんな状況かイメージしなくていけません。
      私の場合、小学校3年生くらいで自分のインナーチャイルドが止まっていました。
      そこから親や環境にでっち上げの否定の連続を鵜呑みにしてしまったので、自己否定の連続でした。

      ですので自分が自分のインナーチャイルドの親になったつもりで、
      自分の内なる子ども(インナーチャイルド)を育てると、自己肯定感が高まりますよ^^

      自分のインナーチャイルドを知って、自分が楽しく自分を育てようと思っていく感じですね。
      体感すれば楽しさが分かるかと思います。

      そうすると、自分の良さが分かってきますので、どんな否定が来ても楽しくなるものです^^

      根拠のある否定は有難いもので、
      根拠のない否定は相手の妄想なので、相手にしなくて良いのです^^

      angeminiさんだからこそ、伝えられるものっていっぱいありそうですね^^

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。