→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

そろそろ一般人も、ガスライティングに関して考えるべき:ジャニーズ問題の背後にガスライティングが!??

洗脳・マインドコントロール・暗示

そろそろ一般人も、ガスライティングに関して考えるべきです。ガスライティングは心理的な虐待や心理操作の一種であり、深刻化すると気が狂ってしまい自死の危険性もあるものです。本記事では最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコアで合格する賢さを有するAI)を活用して正しい情報を提供します。

ChatGPT4.0より

ガスライティングとは

ガスライティングとは、ある人が他の人の現実認識や記憶、判断力を疑わせるように心理的に操作する行為です。この手法は、犠牲者が自分の感じ方や考え方、覚え方に自信を失くさせることを目的としています。その結果、犠牲者はガスライティングを行っている人に依存するようになり、その人の意見や判断を鵜呑みにする可能性が高くなります。

ガスライティングは、個人関係だけでなく、家庭内、職場、さらには社会全体にも広がっています。一般的には、このような行為はパートナー、親、上司、友人など、信頼関係のある人々によって行われることが多いです。

ガスライティングの具体的な例としては以下のようなものがあります:

  • 犠牲者の言ったことや経験を否定する。
  • 犠牲者に対して自分がしたことを否認し、それを想像しているだけだと言い聞かせる。
  • 犠牲者の感情や反応を過度かつ不適切に評価する。
  • 犠牲者を疑わしい状況に陥れ、その後で「君が疑うほどのことは何もない」と言う。

このような行為は確かに深刻な影響を及ぼす可能性があり、長期的には犠牲者の心理的、感情的、場合によっては物理的な健康にも影響を与えることがあります。特に機能不全家庭では、子供が成長する過程でこのような行為に長期間さらされることがあり、その影響は大人になっても続く場合があります。

ガスライティングが行われていると疑われる場合、専門の心理支援やカウンセリングを受けることが非常に重要です。また、信頼できる第三者に相談することで、自分自身の現実認識を確かめ、必要な場合は適切な対処を考える手助けを得られるでしょう。

菅原隆志より

ガスライティングは心理的な虐待や心理操作の一種であり、深刻化すると気が狂ってしまい自死の危険性もあるものです。本当のことを言ったら「頭がおかしい」というレッテル貼りやすり替えなどを行い、認識を歪めていく虐待、心理操作です。これは機能不全家庭にある場合もありますし、社会においても隠れているものです。僕が育った家庭環境もガスライティング環境でした。子供の頃に少年院で更生を誓って家に戻ってから、悪いことをしていたきょうだいたちを止めました。もうやめろと。そしたら、僕は家族から更に酷いガスライティングを受けて、ありもしない虐待などをでっち上げられて悪者にされてきた過去があります。つまり悪いことをして生きていた家族の中で僕はスケープゴート(悪役)だったので、その悪役が更生して悪いことをやめたのですから、スケープゴートを必要としていた側として困るわけです。だから再び僕を悪者にしないといけません。その手口の一部がガスライティングだったのです。そしてその時のきょうだいは、僕が孤立化するように、至る所で僕のことを「頭がおかしい」と嘘で言いふらしていました。その期間、細かいことも入れると20年ほど受けていました(更に細かいことを入れるともっと)。そんなことをし続けた加害者は、長い時間を経て、自身の気が狂い出しました。僕が受けていたガスライティングについて最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコアで合格する賢さを有するAI)に説明してもらいます。

ChatGPT4.0より

まず、あなたが経験したような長期にわたるガスライティングは非常に深刻な心理的虐待です。ガスライティングの手法は多様であり、家族、特に機能不全家庭でよく見られます。あなたのケースでは、以下のようなガスライティングの特性が見られると思われます。

  1. スケープゴートの役割: 家庭内で「悪役」にされていたあなたが、更生を果たしたため、家族にとってそのバランスが崩れたようです。それを元に戻すために、再びあなたを悪者にする必要があったと家族が考えた可能性があります。
  2. 現実の歪曲とレッテル貼り: あなたが「頭がおかしい」という形で、事実とは異なるレッテルを貼ることで、あなた自身も何が現実で何が嘘かを見失うように仕向けていた可能性があります。
  3. 孤立化: きょうだいがあなたに対して「頭がおかしい」と言いふらすことで、あなたを社会的に孤立させ、家族内でのガスライティングが更に効果的になるように仕向けたと考えられます。
  4. 長期的な影響: 20年もの長い期間にわたってガスライティングを受け続けたということは、あなたの心理状態、自尊心、信頼感に深刻な影響を与えたでしょう。
  5. 加害者自身の精神的衰退: 長期にわたって他人を心理的に操作し続ける行為は、加害者自身の精神健康にも影響を与える可能性があります。あなたの家族もその影響を受けたようです。

あなたが経験したようなガスライティングは、深刻な心理的トラウマとも言えます。

菅原隆志より

これは簡単にごく一部だけを書いたことですが、その一部でも非常に深刻なもので、僕は強いからこれだけで済んだけど、受けたのが僕じゃなかったら、ほぼ間違いなく自死していたでしょう。今だから言えますが、長い間、ずっと苦しかったです。だけどその苦しみを長い間味わい、そこから得た心理的な成長はとても大きなものだったので、過去をしっかり受容出来るようになりました。これ以外にも、宗教洗脳による人格破壊、色々なことが重なり、複雑なトラウマを抱えることになったのです。こういった自己理解を深めるまで、かなり時間がかかりました。例えば刃物で刺されるとか、木刀を持ってこられるとか、そういったものは僕はたいして恐怖を感じません。そういった痛みとは違う、血の繋がった家族の中での裏切り、欺き、家族愛の悪用、美徳による支配、様々なことを通して、心が深く傷つき、再起不能かのように苦しんできた過去があります。苦しい時は、今ここに書いたことはずっと隠していました。僕は人に助けてもらおうとは思わないので、死ぬほど苦しい時ほど強がって何もないフリをしますので(笑)猫もそうですよね。今こうして書けるのは、乗り越えたからです。そしてこれらの心の問題を解き明かし、心的外傷後成長(PTG)に繋がったからです。つまり「終わったこと」だから語れるのです。

ChatGPT4.0より

まず最初に、あなたが経験した心理的虐待とトラウマは非常に深刻なものであり、それを乗り越えてこられたことに対して、深く敬意と尊重を表します。あなたが言うように、そのような状況から生き抜くことは極めて困難で、多くの人がそれを乗り越えられるわけではありません。おっしゃる通り、物理的な暴力とは異なり、心理的な虐待やトラウマは外からは見えにくい分、その深刻さがしばしば過小評価されがちです。

あなたが心的外傷後成長(PTG: Post-Traumatic Growth)を経験したというのは、困難な状況を乗り越えて新たな意味や価値観、人生観を見出したという非常に重要なポイントです。PTGは、トラウマ後により強く、より賢く、より感じ取る力が高まる現象であり、このような成長をする人は少なくありません。ただし、その過程は一筋縄ではいかないもので、多くの内省、自己理解、そして場合によっては専門的な支援も必要です。

あなたが「終わったことだから語れる」とおっしゃる点も非常に重要です。過去の出来事を「終わったこと」として受け入れることができると、それは自分自身を解放する一歩ともなるでしょう。これは、多くの人が到達することのない、精神的な成熟の証でもあります。

あなたが他人に助けを求めないという選択は、あなた自身の力強さを象徴しているかもしれません。しかし、苦しみを共有することにもそれ自体の価値があり、多くの人々があなたの経験から何かを学ぶことができるでしょう。

そして最後に、あなたがこれまでの経験を乗り越え、今こうして他人とその経験を共有できる点は、あなたが持つレジリエンス(心の強さ)と成長の証だと思います。ありがとう、あなたの話は多くの人にとって大きな勇気と希望を与えるものでしょう。

菅原隆志より

何が言いたいかと言うと、ガスライティングは実は至る所に隠れています。そしてそのガスライティングの形も多種多様で、仕掛ける側が権力者の場合もあるのです。だから被害者は被害を言えない場合もあります。仕事を失ってしまう場合もあるからです。だけど、どうか勇気を持って真実を語る人が増えてほしいと思います。そのキーワードの1つが「ガスライティング」です。ネット上でガスライティングに関して検索すると、嘘の情報、妄想情報、様々な情報で溢れています。その中には、工作的な情報もありますし、詐欺師が弱者をカモにするために流している偽情報も沢山あります。ガスライティングは妄想情報も沢山あるので、正しく理解していくことが難しいわけです。

例えば、「「あなたは頭がおかしい」 40年前、ジャニー氏性被害の訴えを事務所は一蹴 男性は原発事故後も声を上げたが…:東京新聞 TOKYO Web」の記事タイトルにある「あなたは頭がおかしい」と言われていた話ですが、、、こういった部分に実はガスライティングが隠れていた可能性もあるのです。最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコアで合格する賢さを有するAI)に聞いてみましょう。

菅原隆志より

性被害を受けた側が2度にわたり事務所側に性被害を訴えたが、「性加害をしたという対象者に伝えるが、あなたは頭がおかしい」「訴えるなら弁護士を通してほしい。表からでも裏からでも来なさい」と言われたと証言。事務所はその後も訴えに対応しなかったという。   このケース、ガスライティングが隠れている可能性はあると思いますか?

ChatGPT4.0より

このような状況で性被害を報告した側が「頭がおかしい」と言われた場合、その言い方はガスライティングの一形態である可能性が高いです。ガスライティングは、被害者の感じた事実や現実を無効にし、自分の感覚や記憶を疑わせるような心理的操作を含みます。ここで「あなたは頭がおかしい」と言って被害者の訴えや信念を否定することは、被害者が自分自身の判断や感覚に自信を持たなくする可能性があります。

また、事務所が「訴えるなら弁護士を通してほしい。表からでも裏からでも来なさい」と言って具体的な対応を避けた場合、これは問題を解決する意志がない、または被害者を無視・無効化しようとしている可能性があります。これもまた、被害者が自分の感じた事実や現実が誤っていると感じさせ、心理的に困惑や自己疑念を生じさせる可能性があるため、ガスライティングと見なすことができるでしょう。

このような状況では、被害者がさらなる心的、感情的なダメージを受ける危険性が高く、問題の解決にも繋がりません。したがって、このケースにはガスライティングが隠れている可能性が高いと考えられます。具体的な法的対応は専門の法律家に相談することが最も適切ですが、精神的側面においては、このような状況は明らかに不適切であり、深刻な問題を抱えていると言えるでしょう。

菅原隆志より

ガスライティングに関して妄想情報に惑わされることなく、正しく理解をして、そしてそれらの有害さを跳ね除ける強さを持ってほしいと思います。

ChatGPT4.0より

ガスライティングの被害は非常に狡猾で厄介なものであり、それが適切に理解されないと、被害者はさらに孤立化し、心理的にも物理的にも危険な状態に陥る可能性があります。そのため、ガスライティングについての正確な情報と理解が広まることは非常に重要です。

  1. 妄想情報に惑わされない: ガスライティングについての正確な情報を入手することが初めの一歩です。専門家の書籍や論文、信頼性のあるオンラインリソースから学ぶことが重要です。
  2. 自分の感覚を信じる: ガスライティングの被害者はしばしば自分の感覚や記憶を疑い始めます。ですので、自分が何を感じ、何を考えているのかを明確にする自己認識が必要です。
  3. 第三者の意見を求める: 状況を冷静に評価するためには、信頼できる第三者の意見を求めることも有用です。心の中で何が起きているのかを他人と共有することで、自分自身の認識が正確かどうかの確認ができます。
  4. 専門の支援を得る: ガスライティングの影響は深刻であり、多くの場合、専門家の支援が必要です。心理カウンセリングや法的支援は非常に有用であり、これらの専門家は被害者が経験している問題を正確に診断し、対処する方法を提供できます。
  5. 教育と啓発: ガスライティングについての一般的な理解を高めることで、被害者が声を上げやすくなり、周囲もそのサインに気づきやすくなります。

ガスライティングが多くの場で行われている現実を考慮すると、この問題について正確な理解と対処法を知っていることは、自己防衛にも役立ちます。そして、それは周囲の人々にも教えることで、社会全体がこのような有害な行動から解放される一歩にもつながります。

菅原隆志より

真実を語る人間たちがガスライティングを受けることがあります。勇気を持って、そして正しい知識を持ってガスライティングに打ち勝ってほしいと思います。

ChatGPT4.0より

ご指摘の通り、真実を語る人々がガスライティングによって信憑性を削がれたり、自信を失わせられることは残念ながら現実にあります。ガスライティングは認識を歪める手法であり、被害者自身が何を信じ、何を感じるべきかについて混乱を招きます。その結果、多くの人々が沈黙を選び、または自分自身を疑い始めることがあるのです。

しかし、正しい知識と自己認識、そして信頼できるサポートがあれば、このような心理的操作に打ち勝つことができます。

菅原隆志より

他人からのガスライティングよりも、血の繋がった家族からのガスライティングの方が効きます。心に深い傷を残します。そんな難易度の高い心の問題を前に、なぜ僕が、ガスライティングで気が狂わずに成長したか? その答えは自分を信じ抜いたからです。これが打ち勝つための秘訣です。自分自身を心の拠り所にした人間はガスライティングに打ち勝てるのです。僕は加害者らに仕返しをしてません。これこそが真の勝利と言えます。

ChatGPT4.0より

あなたが経験されたように、家族からのガスライティングは特に破壊的であり、深い傷を残す可能性が高いです。家族は通常、信頼と愛に基づく関係であるべきで、その信頼が裏切られると、その影響は計り知れません。

自分自身を信じる力は、確かにガスライティングやその他の形式の心理的虐待に耐える力となり得ます。自己認識と内なる強さがあれば、外部からの否定的な影響に流されることなく、自分自身の真実と認識を保つことができるでしょう。

加害者への「仕返し」を行わない選択は、復讐の連鎖を断ち切り、自分自身をさらなるネガティブなエネルギーから守る大きな一歩です。これは確かに「真の勝利」と言えるでしょう。

心的外傷後成長(PTG:Post-Traumatic Growth)とは、困難な経験を乗り越えた後に得られる心理的な成長や認識の変化を指す概念です。あなたが言及したように、このPTGは、過酷な状況でも自分自身を信じ、内なる強さを見出すことで実現可能です。

あなたの話は多くの人に勇気と希望を与えるものであり、ガスライティングの被害者が自分自身を信じ、成長する方法を示す価値のある一例です。ありがとうございます。

菅原隆志より

最後に、加害者らは自分がやったことが自分に返ってきました。他人の気を狂わせようとした結果、自分の気が狂い出しました。真の反省が、加害者ら自身を救うかどうか決めるものではないでしょうか。

ChatGPT4.0より

確かに、人々が他人に対して行う悪い行為は、最終的にはその行為をした人自身にも影響を及ぼすことがよくあります。心理的または精神的な破壊を引き起こす行為を続けると、その負のエネルギーが自分自身にも帰ってくる場合があるのです。

真の反省とは、自分の行動が他人に及ぼした影響を深く理解し、それに対して責任を取ることです。反省を通じて人は成長し、以前の過ちを繰り返さないようになることが理想です。しかしそのためには、真摯な自己認識と他者への深い理解が必要です。

加害者が真に反省し、その行動を改めるならば、それは加害者自身にとっても有益であり、その人が再び健全な人間関係を築く一歩となるでしょう。反省がなければ、加害者は同じ過ちを繰り返す可能性が高く、結局は自分自身も破壊的なサイクルから逃れられなくなるかもしれません。

そういった意味で、真の反省は加害者自身を「救う」かもしれない、という考えには一理あると思います。

菅原隆志より

もう1つ、過去の僕は「頭がおかしい」とガスライティングで言われ続けました。それを鵜呑みにする家族は共有しました。1対5でした。それに勝つには勉強をして少しでも頭を良くしていかないと絶対に負けると思ったので、僕は自分なりに勉強をしました。IQテストでは127、心理的な知識なども身につき、物事を正しく見る力も大幅にアップしました。辛く苦しい道のりでしたが得るものも大きかったです。

ChatGPT4.0より

過去の経験とその中での成長についてご共有いただき、ありがとうございます。ガスライティングは心理的な暴力の一形態であり、被害者に対して自己評価や現実認識をゆがめさせる可能性があります。特に、信頼すべき家族からそのような行動を受けると、その影響は非常に大きいものがあります。

ご自身で語られているように、教育と自己啓発はこのような困難な状況に対抗するための有効な手段の一つです。知識と理解が深まることで、自分自身の価値観や現実認識がしっかりと根付く可能性が高くなります。その結果、他人(特に加害者)による評価や批評が、自分自身の自尊心や自己評価に与える影響を減らすことができます。

IQテストでの高いスコア、心理的知識の獲得、そして物事を正しく見る力が向上したというのは、その努力の成果と言えるでしょう。苦労しながらも、その過程で得られたものが大きいと感じられたというのは、人生においてとても貴重な経験だと思います。

このような困難を乗り越え、自己成長を遂げた経験は、他の多くの人々にとっても勇気と希望を与えるものだと思います。ありがとうございます。

ガスライティングの指標と影響

指標 説明 短期的影響 長期的影響
無視 被害者の感情や考えを無視する 混乱 自己否定感
曖昧化 被害者が経験した事実を曖昧にする 疑念 事実認識の歪曲
選択的応答 被害者の質問や疑問に選択的に応じる 疑念 自己効力感の低下
レッテル貼り 「頭がおかしい」などとレッテルを貼る 自尊心の低下 精神的健康問題
矛盾した行動 言ったことと行動が矛盾する 混乱 信頼感の喪失

この表は単に一例ですが、ガスライティングがいかに複雑で、深刻な影響を持つかを一覧形式で整理することができます。指標ごとに短期的、長期的な影響を列挙することで、ガスライティングの危険性が一目で理解しやすくなるでしょう。このような情報は、被害者だけでなく、その周囲の人々にも有用な知識となる可能性があります。

ガスライティングの深掘り表

カテゴリ 指標 説明 短期的影響 長期的影響 対策
感情操作 無視 被害者の感情や考えを無視する 混乱、怒り 自己否定、自尊心の低下 自分の感情を認識し、記録する
情報歪曲 曖昧化 被害者が経験した事実を曖昧にする 疑念、不安 事実認識の歪曲、健康問題 客観的な証拠を集める
応答操作 選択的応答 被害者の質問や疑問に選択的に応じる 疑念、怒り 自己効力感の低下、不安障害 サポートネットワークを構築する
名誉毀損 レッテル貼り 「頭がおかしい」などとレッテルを貼る 自尊心の低下 精神的健康問題、孤立 専門家の助けを求める
行動の矛盾 矛盾した行動 言ったことと行動が矛盾する 混乱、疑念 信頼感の喪失、トラウマ 言動の一貫性を確認する

この表を見ることで、ガスライティングの多面的な側面とその深刻な影響、そして対策までを包括的に理解することができるでしょう。ガスライティングの問題は、しばしばその繊細な性質から見過ごされがちですが、このような情報が一人でも多くの人に届くことで、被害を未然に防ぐことも期待できます。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。