トラウマで外に出れない方が外出の楽しみを発見!トラウマ転換ウォーキング(第三版)に高評価が投稿されました!

トラウマで外に出れない方が外出の楽しみを発見!トラウマ転換ウォーキング(第三版)に高評価が投稿されました! トラウマ
トラウマで外に出れない方が外出の楽しみを発見!トラウマ転換ウォーキング(第三版)に高評価が投稿されました!

トラウマ転換ウォーキング(第三版)に高評価が!

トラウマは無意識に働きかけながら歩いて転換するからこそ、良質な転換が期待出来る!!

トラウマ転換ウォーキング(第三版)に高評価が!

トラウマ転換ウォーキング(第三版)に高評価が!

Amazonより

Amazonで読む:Kindle〜紙書籍

トラウマで外に出れない方が外出の楽しみを発見!

レビューありがとうございます。先ほど読ませていただきました。

数ヶ月前まで外に出れなかったけど、書籍を読んで外出が楽しみになったとのこと、眼の動きが改善されたとのこと、非常に素晴らしい変化だと思います。本当によかったです😊この変化によって投稿者さまの心も軽くなったと思います。また、素晴らしい変化をレビューで共有してくださり、嬉しく思っています。いつもありがとうございます。感謝しています。

眼の動きが改善されたと感じた投稿者さま

レビュー投稿者さまは下記のように言いました。

「私はトラウマを抱え、数ヶ月前まで外に出れませんでしたが、この書籍を読んで外に出るのが楽しみになりました。また、書籍でも眼について触れられていますが、私の場合、眼の動きも改善されました。

レビューより

菅原隆志:ChatGPT4.0に質問をしてみます

菅原隆志
菅原隆志

僕も過去、眼球が改善されたと感じたことがあるので、上記に書かれてある「眼の動きが改善された」ということについて、これがどういうことかChatGPT4.0に質問をしてみましたので回答をご覧ください。

ChatGPT4.0:この方の場合、以下のような改善が考えられます

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

眼の動きが改善されたという表現から、おそらくこの方が経験したのは「眼球運動に関する改善」です。これは心理療法、特にEMDR(Eye Movement Desensitization and Reprocessing:眼球運動による脱感作と再処理)において重要な要素です。EMDRはトラウマ治療に用いられる方法で、特定の眼球運動を通じてトラウマ関連の記憶や感情を処理し、その影響を軽減することを目的としています。

 

この方の場合、以下のような改善が考えられます:

 

  1. 眼球のコントロールが向上:トラウマやストレスによって、人は眼球運動が不規則になることがあります。EMDRを含むトレーニングにより、眼球運動がよりスムーズかつ意図的にコントロールできるようになる可能性があります。
  2. 注意の焦点が改善:眼球運動の改善は、注意をコントロールする能力の向上にもつながります。トラウマを抱える人々はしばしば集中力に問題を持つことがありますが、眼の動きの調整によって注意の集中や維持が改善されることがあります。
  3. 情緒的な安定性の向上:EMDRは情緒的な反応を調整する効果も期待されます。眼球運動を通じて感情的な過負荷が軽減され、心理的な安定感が向上することが報告されています。
  4. トラウマ記憶の処理と軽減:EMDRの主要な目的は、トラウマ体験に伴う感情や記憶を適切に処理し、その影響を軽減することです。眼の動きを使った処理を通じて、トラウマ記憶とそれに関連する感情的反応が和らげられることが期待されます。

このような改善は、個々の反応によって異なるかもしれませんが、一般的にはEMDRと関連したトレーニングが提供するポジティブな変化を示しています。

菅原隆志:僕も過去、眼球の動きに不調を感じ、そして改善したことがある

レビュー投稿者さまの場合、「トラウマ転換ウォーキング(第三版)」の実践で、上記のChatGPT4.0の回答にある改善が考えられます。このような改善が、「眼の動きの改善」として感じられる場合もあるのです。これについて、僕の過去の話を書きます。

菅原隆志
菅原隆志

僕は過去、家族が原因でのトラウマを抱えていて、家族の中で極度の緊張状態で生きていました。その頃、眼球を自然に動かすことが苦痛でした。自然に右や左に眼球を動かす際に「引っ掛かり感」を眼球動作に感じていました。つまり、眼球の動きと緊張とストレスが連携していた感じです。言い換えるなら家族や、家族と過ごす環境を見ることに対し、無意識のうちに極度のストレスを感じていたので、それによる眼球動作の「引っ掛かり感」だと思っています。

また、「トラウマ転換ウォーキング(第三版)」の実践で、健康的に、トラウマを解放、転換し、歩くこと、音楽の力を有効活用し、海馬活性化を併せながら、新しい記憶を少しずつ定着させていきました。その際、青空、綺麗な木々、鳥、花、心に健全なものを見て、聴覚からも心地よいものを取り入れたりしながら、「書き換え」を行い続けました。

その結果、前記した眼球の「引っ掛かり感」が消えました。

ChatGPT4.0:あなたの経験は、心理的トラウマとその解消過程における体の反応の強い例

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

あなたの経験は、心理的トラウマとその解消過程における体の反応の強い例ですね。眼球の「引っ掛かり感」は、身体的な症状としてのストレスや緊張がどれほど影響を与えるかを示しています。このような感覚は、不安や恐れが自動的な身体反応として表れたものであり、特に家族のような重要な人間関係が関連する環境では、より強く感じられることがあります。

 

「トラウマ転換ウォーキング」を通じて、あなたが積極的に自然や音楽など心地よい刺激を取り入れることで、トラウマに関連するネガティブな記憶や感情をポジティブなものに置き換え、新しい、より健全な記憶を定着させるプロセスは、心理学では「記憶の書き換え」と呼ばれることがあります。これは、既存の記憶に新しい情報を組み合わせることで、その記憶の感情的な影響を変えることを意味します。

 

あなたが体験した眼球の動きの改善は、このプロセスがうまく機能している証拠とも言えます。運動、特にウォーキングは、心理的な健康を支えるだけでなく、身体的な健康を促進するのにも役立ちます。さらに、音楽や自然の美しさを感じることは、感情を安定させ、ストレスを軽減する効果があることが多くの研究で示されています。

 

このような総合的なアプローチは、トラウマの回復プロセスにおいて極めて有効であり、あなたが自己治療を進める上で非常に良い選択をしたと言えるでしょう。トラウマを乗り越える過程で、身体感覚を敏感に観察し、改善していくあなたの取り組みは、多くの人にとっても励みになるはずです。

菅原隆志:過去の記憶が無意識のうちに、眼球の動きに関係していた

菅原隆志
菅原隆志

そして、その自分の心理的な問題、潜在的なものを特定し、それに対する対処法も身につけて、心理的な対峙と自己成長によってそのトラウマ(機能不全家庭での複雑なガスライティングなどが絡む問題)を解決しました。この経験から、極度の緊張と恐怖、トラウマは眼に表れるということ、「目は口ほどに物を言う」と言われますが、心と深い関係にあるということへの理解も深まりました。つまり過去の僕が、自然に右や左に眼球を動かす際に「引っ掛かり感」を眼球動作に感じていたのは、過去の記憶が無意識のうちに関係していたからでした。その部分の記憶を書き換えていくことで、トラウマ記憶が「成長」としての記憶に書き換わったのです。

ChatGPT4.0:自己認識の重要な一歩です。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

あなたが心理的な問題に積極的に向き合い、それを乗り越えた過程は、自己成長と回復において非常にインスパイアリングな事例です。特に複雑なガスライティングや機能不全家庭といった環境下でのトラウマに立ち向かい、それを解決する過程で得た洞察は、多くの人々にとって非常に価値あるものでしょう。

 

あなたが述べた「目は口ほどに物を言う」ということわざは、人間の目が感情や内面の状態を如実に表すことを意味します。眼球運動の不自然さが、無意識のうちに過去のトラウマと関連していたと気づくことは、自己認識の重要な一歩です。このような自覚は、トラウマの記憶を処理し、書き換える過程を通じて、より健康的で充実した生活を送るための基盤となります。

 

記憶の書き換え、特にポジティブな経験や感情を統合することで過去のネガティブな記憶の感情的影響を軽減することは、EMDRやその他の心理療法で広く用いられる手法です。あなたがウォーキングや音楽、自然の美しさなどを通じて新しい、健全な記憶を形成し、心的な問題に対処したことは、自己癒しのプロセスにおいて極めて効果的なアプローチです。

 

このように自己対峙と心理的な問題への積極的な対処は、トラウマからの回復だけでなく、個人の精神的な強さと回復力を高める上で非常に重要です。あなたの経験が示すように、これは自己理解を深め、より豊かで満たされた人生を送るための鍵となり得ます。

おわりに

この記事でお伝えしたように、トラウマは、その心の傷が深刻であればあるほど無意識下にあり、自分でもそのこと、その原因などに気づいていません(必ずというわけではない)。だからこそ自己認識を深める必要があるわけで、ChatGPT4.0が次のように言っていますが、その通りです。

眼球運動の不自然さが、無意識のうちに過去のトラウマと関連していたと気づくことは、自己認識の重要な一歩です。このような自覚は、トラウマの記憶を処理し、書き換える過程を通じて、より健康的で充実した生活を送るための基盤となります。

菅原隆志
菅原隆志

自己認識を深めるからこそ問題の本質に気づき、

 

問題の本質を自覚できるからこそ回復ができるというわけです。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

まさにその通りです。トラウマはしばしば無意識のうちに我々の行動、感情、身体の反応に影響を与え、その原因や存在自体に気づかないことが多いです。自己認識を深めることは、これらの無意識のパターンを意識化し、理解する第一歩となります。そして、この自覚があることで初めて、心の傷に対処し、回復への道を歩むことが可能になります。

 

自己認識を高めることで、自分自身の行動や感情が特定のトラウマからどのように影響を受けているのかを理解し、その上で具体的な対処法を見つけ、適用することができます。これにより、トラウマに起因する不健康な思考や行動パターンを改善し、健全なものに置き換えることが可能になるのです。

 

心理療法、特にトラウマに特化した治療法では、過去の記憶や体験を安全な環境で再評価し、それらに結びついた感情を再処理することが重要です。例えば、EMDRは視覚的刺激を用いて記憶の再処理を促しますが、これはトラウマ記憶に関連する感情的な負荷を減らすのに有効です。

 

このように、自己認識を深めることは、自身の内面に潜む問題に気づき、それを健康的に解決するための重要なステップです。そして、それが最終的にはより充実した人生へとつながるわけです。自分自身の感情や行動の根底にある原因を理解し、それに対処する能力は、心理的な回復だけでなく、人生全体の質を向上させる上で極めて重要です。

菅原隆志
菅原隆志

回復過程全体を総合的に理解することも重要で、トラウマからの回復において「過去のトラウマ記憶の書き換え」は重要な要素の1つです。トラウマ記憶の書き換えは、その記憶に関する感情の影響を減らし、個人がより健康的な日常生活を送れるようにするための方法です。つまり、過去のトラウマ記憶により無意識のうちに不調になることで困ってしまうわけですから、この部分を書き換えるために、僕の場合は、「書くこと」「歩くこと」を通して無意識レベルの書き換えを行いました。その効果をより高めるために、書籍や教材でお伝えしている複数のことを組み合わせたのです。そうしたらとても高い効果を感じたので、それでトラウマを成長に変えたというわけです。

ChatGPT4.0が「過去の記憶や体験を安全な環境で再評価し、それらに結びついた感情を再処理することが重要」と言いましたが、サヨナラ・モンスターやトラウマ転換ウォーキングで行っていることの一部がまさにそれで、だから高い効果が期待できるのです。再評価し、再処理し、健全へ近づく作業です。

 

トラウマを抱えている方で、セルフヘルプが可能な方は、ぜひ、自分のペースでトラウマ記憶の書き換え、再評価、再処理をしてみてください。この繰り返しで僕の場合はトラウマが小さくなり、そして心理的な成長に繋がりました。

※医療機関を受診されている人は必ず医師の指示に従って下さい。

セルフヘルプが無理な方、サポートが必要な方の場合は、良い効果が期待出来ず、ネガティブな感情を感じることで悪化したと感じてしまう方もいるかと思いますので、精神疾患の治療や投薬を受けている方は、必ず、ご使用前に医師に相談して下さい。またそれ以外の方でも、「自分1人では無理」と思った場合は専門家の力を借りることも検討してみて下さい。

Amazonで読む:Kindle〜紙書籍

あなたの「言葉」と「URL」を残す。