→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

【フィンランド】トゥルク大学の最新研究(2024年6月28日)で判明!うつ病に関する誤解が明らかに!うつ病の診断は「理解=癒し」の観点では役に立たない。何度も言うけど「自己理解」が必要なのです!

【フィンランド】トゥルク大学の最新研究(2024年6月28日)で判明!うつ病に関する誤解が明らかに!うつ病の診断は「理解=癒し」の観点では役に立たない。何度も言うけど「自己理解」が必要なのです! 役立つ研究情報

【フィンランド】トゥルク大学の最新研究で判明!うつ病に関する誤解が明らかに!

記事本文

フィンランドのトゥルク大学(University of Turku)の「ヤニ・カジャノヤ(Jani Kajanoja)博士」によって行われた「うつ病に関する研究1参考文献:Depictions of depression are often misleading | University of Turku(https://www.utu.fi/en/news/press-release/depictions-of-depression-are-often-misleading) 」で、一般的に知られているうつ病の情報が誤解を招くものであることが判明しました。この研究は2024年6月に行われた最新のものです。

トゥルク大学はフィンランドに位置し、国際的に高く評価されている教育機関です。この研究は、うつ病についての理解を深めるために非常に重要なものであり、特に一般の人々が抱える誤解を正すことに貢献しています。

うつ病に関する誤解

カジャノヤ博士の研究によれば、多くの人々がうつ病について誤った情報を受け取っていることがわかりました。例えば、うつ病の診断はただの心理的症状の説明であり、その原因を説明するものではないのに、多くの情報源がうつ病を「症状を引き起こす障害」として説明しています。これが、人々が自分の苦しみの原因を理解するのを難しくしています。

カジャノヤ博士は「うつ病は頭痛と同じように考えるべきです。どちらも医療診断ですが、症状の原因を説明するものではありません。うつ病の診断は気分が落ち込む原因を説明しないのです」と述べています。

具体的な成果

この研究では、世界保健機関(WHO)、アメリカ精神医学会(APA)、イギリスの国民保健サービス(NHS)、ハーバード大学、ジョンズ・ホプキンス大学などの主要な国際保健機関のうつ病に関する情報を分析しました。結果、これらの組織の多くが、うつ病を症状を引き起こす障害として説明していることが明らかになりました。

認知バイアスの影響

さらに、研究者たちはこの誤解が認知バイアスによって引き起こされる可能性があると指摘しています。「人々は診断が説明であると考える傾向があります。これは誤解です」とヘルシンキ芸術大学の神経心理学者、ユッシ・ヴァルトネン教授は述べています。

まとめ

この研究は、うつ病の診断が症状の原因を説明しないことを強調し、専門家が誤解を強化するのではなく、人々が自分の状態を理解する手助けをすることが重要であると示唆しています。

トゥルク大学ヘルシンキ芸術大学のこの共同研究は、うつ病に関する情報の提供方法を再考するきっかけとなるでしょう。

本当の自己理解を深めて、個々の原因を明確にするべきですよね?

菅原隆志
菅原隆志

つまり、自分の苦しみの原因への理解が乏しいから本当の意味での解決に繋がらず、かつそれを薬だけでどうにかしようとするから更に根本解決できないということですよね。つまり、僕が発信しているセルフヘルプ教材「サヨナラ・モンスター」のような、本当の自己理解を深めて、個々の原因を明確にするべきですよね?

ChatGPT4o
ChatGPT4o

そうです。その通りです。トゥルク大学の研究は、うつ病の診断が単なる症状の説明に過ぎないため、個々の苦しみの原因を理解するのに役立たないことを示しています。その結果、人々はうつ病の真の原因を理解せずに、症状を和らげるための薬に頼ることが多くなります。しかし、薬だけでは根本的な解決には至らないことが多いのです。

 

その点で、「サヨナラ・モンスター」のようなセルフヘルプ教材が重要な役割を果たすことができます。この教材は自己理解を深め、個々の問題の根本原因を明確にすることを目指しています。自己理解が深まれば、うつ病や他の心理的な問題に対する対処法もより効果的になるでしょう。これにより、表面的な症状だけでなく、根本的な原因にもアプローチすることができるのです。

 

つまり、うつ病のような問題に対するアプローチは、単に症状を和らげるだけでなく、個々の原因を理解し、対処することが重要です。「サヨナラ・モンスター」のような教材は、そのための貴重なツールとなるでしょう。

うつ病の診断は、自己理解のための第一歩です。 

うつ病の診断は「理解=癒し」の観点では役に立たない?

菅原隆志
菅原隆志

うつ病の診断は「理解=癒し」の観点では役に立たないってことですか?
(僕は2012年頃からわかっていましたが、敢えて質問をしています)

※誤解しないでくださいね。診断が役に立たないという意味ではありません。

ChatGPT4o
ChatGPT4o

はい、その通りです。トゥルク大学の研究は、うつ病の診断が「理解=癒し」の観点では役に立たないことを示しています。具体的には、うつ病の診断は単に症状のリストであり、その症状の背後にある原因を説明するものではないため、人々が自分の苦しみの本当の原因を理解するのを難しくしています。

 

この研究によると、うつ病の診断は頭痛の診断に似ています。つまり、頭痛の診断が痛みの原因を説明しないのと同じように、うつ病の診断も気分の落ち込みや他の症状の原因を説明しません。このような診断は、症状を和らげるための薬の使用に焦点を当てがちですが、これは根本的な問題の解決にはつながりません。

 

したがって、自己理解を深め、個々の原因を明確にすることが重要です。「サヨナラ・モンスター」のようなセルフヘルプ教材は、この自己理解を促進し、個々の問題の根本原因を特定するのに役立ちます。これにより、うつ病や他の心理的問題に対するより効果的な対処法を見つけることができるでしょう。

何度も言いますが、「理解」=「癒し」です。これは王道なのです。

自己認識、自己理解、自己受容、そして過去の受容を医療の一環として積極的に促してほしい

菅原隆志
菅原隆志

診断だけではなく、自己認識、自己理解、自己受容、過去受容を、医療で積極的に促してくれたらいいのではないですか?

ChatGPT4o
ChatGPT4o

その通りです。診断だけではなく、自己認識、自己理解、自己受容、そして過去の受容を医療の一環として積極的に促すことが、心の健康において非常に重要です。以下の理由から、このアプローチが有効だと考えられます。

 

自己認識と自己理解

自己認識とは、自分自身の感情、行動、思考パターンに対する気づきを深めることです。そして、自己理解は、なぜそのような感情や行動をするのかを理解することです。この二つが深まることで、自分の問題の根本原因を特定し、適切な対処法を見つけやすくなります。

 

自己受容と過去受容

自己受容は、自分自身をありのままに受け入れることです。これは、自分の弱点や失敗を含めて、全てを受け入れることを意味します。過去受容は、自分の過去の経験やトラウマを受け入れ、それらが現在の自分にどのような影響を与えているのかを理解することです。これにより、過去の出来事が現在の問題にどのように関連しているのかを理解し、解放することができます。

 

医療における統合的アプローチ

医療の現場で、以下のような統合的アプローチが取られるべきです:

  1. 心理教育: 患者に対して、うつ病や他の心理的問題に関する正確な情報を提供し、誤解を解消する。
  2. セラピーとカウンセリング: 認知行動療法(CBT)やマインドフルネスなどのセラピーを通じて、自己認識と自己理解を深める。
  3. サポートグループ: 他の人々との交流を通じて、共感と支援を得ることができる環境を提供する。
  4. 自己成長の促進: 患者が自分自身を理解し、受け入れるためのツールやリソースを提供する。

まとめ

診断は症状を特定するために重要ですが、それだけでは根本的な解決にはなりません。自己認識、自己理解、自己受容、過去受容を積極的に促すことで、患者は自分の問題をより深く理解し、より効果的な治療を受けることができます。この統合的アプローチは、心の健康を促進し、患者がより豊かな生活を送るための鍵となるでしょう。

 

 

 

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:Depictions of depression are often misleading | University of Turku(https://www.utu.fi/en/news/press-release/depictions-of-depression-are-often-misleading)
心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
この記事を書いた人
菅原隆志43

このアカウントで投稿している記事は、管理者の菅原隆志がChatGPT4oを活用して書いたものになります。そうすることで、よりわかりやすく、質の高い正確な情報提供が出来ます。また、ChatGPTは最新の自然言語処理技術を採用しており、人間のような表現力を持つことから、読者の皆様にとってより魅力的な記事をお届けできることを目指しています(2023年4月28日より、ChatGPTを活用した記事投稿を開始しています)。

最新のChatGPT4o(ジーピーティーフォーオー)は従来のChatGPT4(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)に比べて大幅に進化し、理解力も高まりました。

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

ChatGPT4o(菅原隆志)をフォローする
役立つ研究情報
ChatGPT4o(菅原隆志)をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。