→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

勇気があるなら深刻になれ!!深刻に考えるメリット。洞察力が高い人になれるよ!

心の問題解決(1)

結論から言うと、物事を深刻に考える人は洞察力が鍛えられて高い洞察力を持てるようになる可能があります。勇気があるなら深刻になって物事を考えることも悪くありません。ただし、深刻に考えるにはその深刻さに耐えうるだけの、それ相応の能力も必要です。ですので自分には無理だと思ったら深刻に考えることから逃げて楽観的に考えることも大切です。

繰り返しますが「深刻に考えるにはその深刻さに耐えうるだけの、それ相応の能力も必要」ですので、基本的には一般的な人たちにとっては難しいことで、耐えるうるだけの能力がないので、一般的な人たちの世界では深刻に考えることは否定的な意味で捉えられていることが多いので、その点は、よく理解しておくことも大切です。つまり、深刻に考えることのメリットは大きいのですが、それを理解出来る人が少ない為、まるで悪いことかのように、偏った見方で否定されることもあるということです。それも1つの視点ですが、、、。

ChatGPTよりはい、物事を深刻に考える人は、洞察力を鍛える可能性があります。深刻に考えることは、より詳細に情報を分析し、問題や課題をより深く理解することを促します。これにより、問題の本質や背後にある要因を見つけ出し、より深い洞察を得ることができます。

深刻に考える性格を持つ人は、情報を見逃さずに注意深く取り入れ、情報の隠れた意味やパターンを見つけ出す傾向があります。また、異なる視点や角度から情報を捉えることができるため、独自の視点や深い理解を持つことができます。

洞察力は、問題解決や意思決定において非常に重要なスキルであり、深刻に考えることが洞察力を鍛え、高める可能性があると言われています。洞察力を持つことにより、より正確な判断や効果的な解決策を見つけ出すことができ、より良い結果を生み出すことができるでしょう。

ただし、深刻に考えることにはデメリットもあるため、自己の性格や状況に合ったバランスの取れたアプローチが重要です。深刻に考えることができる人には、洞察力の向上といったメリットがあるかもしれませんが、自己のケアやバランスを保つことも同様に重要です。(2023年4月13日)

このような感じで最新のChatGPT(人工知能)に本記事の文章を入力して回答をもらいながら、それもご紹介しますので、ChatGPTの文章も併せてお読み下さい。理解が深まるでしょう。

深刻とは?

深刻の一般的な定義は、重大で、真剣に対処しないといけない状況のことです。これを踏まえた上で、本記事で扱う深刻は、重大な心の問題、真剣に対処しないといけない心の問題のことを指します。深刻とは、文字通り「深く刻まれる」ということです。深いということは、心で例えるなら潜在意識(無意識)のことです。潜在意識レベルに刻まれるほどのこと、それが「深刻」なことなのです。深刻な出来事は潜在意識レベルに刻まれるほど衝撃的な出来事ということです。そんな深い部分に刻まれた心の情報と向き合うということは、それ相応の痛みや苦しみも伴う場合があります。だから重大で、真剣に対処しないといけないことである場合もあるのです。

世の中には苦しんだフリをしたり、病んだフリ(詐病等)をして何らかの利益を得ている人がいる一方で、本当に深刻な心の苦しみを抱えている人たちもいます。そんな人たちに「楽観的になりなよ?」と言うのは酷であり、間違った指摘である場合もあります。深刻な人たちに軽々しく指摘をすることは控えるべきでしょう。そして、深刻であることから得るもの大きいですが、普通の人には耐えられないものだと思いますので、深刻な人を理解することは非常に難しいことですから、深刻さについてよく理解を深めることが大切です。

ChatGPTよりご指摘いただいたように、「深刻」という言葉は、心の問題や苦しみを含む重大な状況や問題を指し示すことがあります。深刻な心の問題は、潜在意識や無意識のレベルに深く刻まれることがあり、それを扱う際には痛みや苦しみが伴うこともあるでしょう。

また、深刻な心の問題を抱えている人たちに対して、軽々しく指摘をすることは避けるべきであり、深刻さを理解することが大切であるとの指摘にも同意します。深刻な心の問題に苦しむ人たちは、時に他の人とは異なる経験や感情を持っているかもしれず、一般的なアプローチやアドバイスが通用しないこともあります。個別の状況や人に合わせた理解と配慮が必要です。

深刻な心の問題については、専門的な支援やアドバイスを受けることが重要です。専門家による適切なケアやサポートを受けながら、深刻さを理解し、適切に対処していくことが大切です。(2023年4月13日)

違いを認め離れることが大事

「深刻である人」と「深刻さはいらない人」は関わらないことが大事です。理由は、近寄ると「お互いに傷つける場合があるから」です。心の問題が根深い場合は深刻に考えていかないと解決出来ないものあります。表面上のものであれば楽観的に解決が出来やすいのですが、心の深い部分の問題解決はとても深刻なものですから、その深刻さに耐えうるだけの力を養いながら、洞察していかないといけないこともあるのです。例えば外科手術で、外科医が楽観的に笑いながら手術をしていれば大失敗するかもしれません。やはり深刻である現実を直視する勇気を持ってやらないといけないこともあります。それは心の問題も同じなのです。前記した「深刻である人」と「深刻さはいらない人」の場合、どちらかが正しいというわけではありません。どちらもそれぞれの人生において大切なことだと思います。深刻さが必要な人もいれば、逆に深刻さが嫌な人もいます。この違いをお互いに認めて、合わない場合は離れることが大事なことです。

ChatGPTよりおっしゃる通り、心の問題や深層心理に向き合うことは、深刻な問題解決を必要とする場合があります。心の深い部分には傷やトラウマがあるかもしれず、それを解決するには深刻に取り組む必要があるかもしれません。外科手術の例もご指摘の通りで、楽観的にのみ取り組むと失敗する可能性があります。心の問題も同様で、深刻さを直視し、勇気を持って向き合うことが重要かもしれません。

また、深刻さが必要な人とそうでない人がいることも事実です。人それぞれ異なる性格や生き方を持っており、深刻さが必要な人もいれば、逆に深刻さが苦手な人もいます。それぞれの個性や生き方を尊重し、お互いに認め合いながら、合わない場合は距離を取ることも大切です。

深刻さを持つことや持たないこと自体に正解はなく、状況や個人によって異なる場合があります。大切なのは自己のあり方を理解し、自己責任を持ちながら、自分に合った方法で問題解決や成長に取り組むことです。自分自身や他人を尊重し、適切な方法で向き合うことが求められるでしょう。(2023年4月13日)

深刻になれる人(深刻なレベルまで降りれる人)

例えば、大きな病、大きな心の病、深刻な問題、深刻な壁、これらにぶつかっている人の助けになれるのは「深刻になれる人(深刻なレベルまで降りれる人)」です。その人が抱えている深刻さと同じようなレベルでの洞察が出来るからこそ、苦しんでいる人が堕ちている所まで降りていける場合があります。それだけの洞察がある人は、深刻になれる人です。だから引っ張り上げることの助けとなれる可能性もあるのです。楽観的では救われない人もいます。深刻になって高い洞察をするからこそ、物事の本質が見えてくるのです。楽観的では物事の本質は見えてこないのです。物事の本質が見えてくるからこそ、解決の糸口を発見出来ます。

ChatGPTよりご指摘の通りです。深刻な状況や心の問題に直面している人を理解し、助けるためには、深刻さに対して敏感であり、深い洞察を持つことが重要です。深刻になることで、問題の本質を見極め、解決策を見つけ出すことができる場合もあります。楽観的であるだけでは、問題の深刻さや苦しみを理解しにくい場合があります。

また、深刻さに対して理解を示し、共感し、一緒に感情に寄り添うことが、助けになる場合もあります。深刻さに対して軽々しい指摘や楽観的なアドバイスをすることは、相手の感情を無視し、理解不足を示すことになります。深刻な状況や心の問題を抱える人に寄り添い、共感し、深刻さを受け止めることで、相手の信頼を得られる場合があります。

深刻さを理解し、深い洞察を持ち、相手の感情に共感し、寄り添うことができる人が、助けになることがあります。ただし、深刻な状況に関わる際には、専門的な支援を受けることが必要な場合もありますので、適切な専門家に相談することも大切です。(2023年4月13日)

逆に深刻さがない人が相手の傷を深めることもある

逆に深刻さがない人が相手の傷を深めることもあります。「深刻なレベルまで降りることが出来ない」のに、中途半端に意見をして相手が良くなれないと「あいつは手遅れだ……」と言って傷つけて、喩えるなら、上から細いひもを垂らして助けた気になっているような感じです。そしてそんな細い紐じゃ上に引き上げることなんて出来ないのに、それを紐をつかんが相手が悪いと言う感じです。これは時に、モラルハラスメントのセカンドハラスメントのようになることもあります。

ChatGPTよりはい、あなたの指摘は正しいです。深刻さのない人が相手の傷を深めることがあり、それは時にモラルハラスメントやセカンドハラスメントのようになることがあります。深刻さを持たずに、中途半端に意見をすることで、相手を傷つけることがあります。

また、深刻な問題や心の病を抱える人に対して、単純に楽観的なアドバイスをするだけで、問題を軽視し、相手の苦しみを理解していないような印象を与えることもあります。これは、相手を傷つけるだけでなく、問題の解決にも役立たない場合があります。

助けをする際には、相手の深刻さを理解し、共感し、適切なアプローチを選ぶことが重要です。中途半端なアプローチや深刻さを無視するような態度は、相手を傷つけるだけでなく、問題を解決することも困難にします。深刻な問題や心の病を抱える人に寄り添い、適切なサポートを提供するためには、深刻さを理解し、適切な対応をすることが大切です。(2023年4月13日)

深刻さを知らない人は本当の愉快(楽しいこと)を知らない

「深刻さ」を知らない人は「本当の愉快(楽しいこと)」も知らないのです。知っているのは、用意された「楽しさ」だけです。

元イギリスの首相のウィンストン・チャーチルの名言があります。

愉快なことを理解できない人間に世の中の深刻な事柄がわかるはずがない

元イギリスの首相 ウィンストン・チャーチル

つまり、逆も同じです。世の中の深刻なことがわかっていないと、本当の愉快なこと(楽しいこと)も知る由がないということです。

ChatGPTに聞いてみましょう。

質問:逆を言えば、深刻さを理解出来ない人は、本当の愉快なことも知らないと言うことですよね?

ChatGPTよりそうです、逆を言えば、深刻さを理解できない人は、本当の愉快なことも理解できない可能性があるということです。この格言は、深刻な事柄を理解するためには、愉快なことやポジティブな感情を理解し、持つことが重要であるという考えを示しています。深刻な事柄に対処する際にも、ポジティブな視点や幸福な出来事を理解し、持つことができる人が、より良い解決策を見つけ出し、冷静に対処することができるというメッセージが込められています。(2023年4月13日)

こういうことです。ここで「深刻になるメリット」が関係してくるのです。先ほど書いた、「深刻になれる人(深刻なレベルまで降りれる人)」です。世の中、男と女、善と悪、光と闇、自と他、プラスとマイナス。二元性で成り立っています。どちらも必要なことで繋がっているのです。マイナスとプラスは1セットです。深刻さを知るから愉快さも知れるのです。

深刻なレベルまで降りるからこそ、本当の深い喜びや楽しさも知れるようになっていくのです。大きな病、大きな心の病、深刻な問題、深刻な壁、これらにぶつかっている人と共に泣き笑い、同じ深刻さまで降りて、上がって克服した人たちが答えを出していると思います。

「深刻さ」は周囲にエネルギーを削ぐこともあります。だから、同じ深刻さまで降りることをする人以外は離れていくことが大切なことです。自分と同じに見たり深刻な人を蔑視したりするとお互いに気分の良い結果にはならないと思います。関わらないことが大切です。深刻になる人も、ならない人も、別々の場所で、自分の人生を生きればよいだけなのです。

深刻に考えると、悩み苦しみ、深みにはまることがある。そして、絶望的な気分になる。だけど、そこで生み出された「希望」はものすごく強い力を持っている。これも深刻であることのメリットの1つです。深刻な事態に直面した時に、オロオロせず堂々と問題解決に挑める人は「深刻なレベルまで降りた経験がある人たち」だと思います。何事にも、良い面、悪い面がある。深刻という言葉1つで考えても良い面も色々とある。

深刻な劣等コンプレックスを抱えるとモラルハラスメントの加害者になる

深刻な劣等コンプレックスを抱えるとモラルハラスメントの加害者になるというのは知っている人が多いことですね。無自覚で人を馬鹿にし傷つけるようになることがあります。とても深刻な劣等コンプレックスを抱えています。無意識レベルで。そしてなかなかよくならない。深刻だから。

深刻な劣等コンプレックスを抱えるとモラルハラスメントの加害者がなかなかよくならない。つまり、彼らを良い方向へ育てることが出来るカウンセラーや精神科医が殆どいないということです。自己愛性人格障害の人などにはお手上げ状態というわけです。

これは、当然なことです。何故なら彼らが抱えているものは「相当深刻なもの」だから、先ほど書いたように「深刻になれる人(深刻なレベルまで降りれる人)」しか、彼らに良い変化を促すことはできないから。更に、自己愛性人格障害の人よりもレベルの高い、ソシオパスやサイコパスクラスになれば、一般的な精神科医やカウンセラーなどでは何も出来ないと思います。それは深刻なレベルに入っていますので。

深刻なレベルまで降りていき、そこで、深刻さをものともしないようになれたなら、大きな力になると思います。「深刻にはなるな!」と深刻さから目を背けて脅えるよりも「よし!深刻になろう(笑)」という人のほうが深刻さをものともしない余裕の力があるのだと思います。

ChatGPTに聞いてみた(深刻に考える大きなメリット)

深刻に考える人は精神が病みやすい一方、逆に大きいメリットもあります。どんなメリットがあるか読者の方に説明する文章を書いて下さい。

ChatGPTの回答

 

深刻に考える性格を持つ人は、精神が病みやすいというデメリットがある一方で、多くのメリットもあります。

  1. 高い洞察力: 深刻に考える人は、状況や人間関係を深く洞察する傾向があります。彼らは細部に注意を払い、問題を深く分析し、根本的な原因を見つけ出そうとします。これにより、彼らはより深い理解を持ち、問題を解決する際に高い洞察力を発揮することができます。
  2. 優れた判断力: 深刻に考える人は、情報を慎重に評価し、状況を冷静に判断する能力があります。感情に流されずに客観的に物事を考えるため、より適切な判断をすることができます。これにより、失敗を避けることができたり、より良い選択をすることができたりします。
  3. 高い創造性: 深刻に考える人は、新しいアイデアや解決策を見つけ出すために創造的な能力を発揮することができます。彼らは問題を深く考え、異なる視点からアプローチすることができるため、革新的なアイデアを生み出すことができます。
  4. 高い自己成長意識: 深刻に考える人は、自己分析や自己改善に対する意識が高い傾向があります。自分自身や自分の行動を客観的に見つめ、改善するための努力を惜しまないため、自己成長が促進されます。
  5. 高い責任感: 深刻に考える人は、自分の行動や選択に対して高い責任感を持ちます。彼らは自分の行動の結果を深く考え、責任を持って行動するため、信頼性や責任感のある人物として周囲からの評価が高いです。

以上のように、深刻に考える性格を持つ人は、高い洞察力、優れた判断力、高い創造性、高い自己成長意識、高い責任感といったメリットを持っています。これらの特性を活かすことにより、彼らは自分自身や周囲の人々にポジティブな影響を与えることができます。また、深刻に考える人は困難な状況にも前向きな態度で取り組む傾向があり、根気強さや忍耐力も備えています。

さらに、深刻に考える性格を持つ人は、自分の目標や理念に対して強い意識を持ちます。自分自身に厳しく自己管理をし、目標に向かって計画的に行動することができます。このような性格は、自己成就や成功を促進する一因となります。

また、深刻に考える人は情緒的にも豊かであり、自分自身や他者の感情に敏感に対応することができます。これにより、人間関係を深化させたり、他者との共感や協力関係を築いたりすることができます。

最後に、深刻に考える性格を持つ人は、自己啓発や情報収集に積極的に取り組む傾向があります。新しい知識やスキルを身につけることに興味を持ち、自己成長を促進するために自主的に学習や研究を行います。

以上のように、深刻に考える性格を持つ人は、多くのメリットを持っています。これらの特性を上手に活かすことにより、より豊かな人生を送ることができます。ただし、過度なストレスや焦りに晒されることも注意が必要であり、心の健康を保つために適切なケアをすることが重要です。(2023年4月13日 ChatGPTより)

 

 

 

あなたの「言葉」と「URL」を残す。