日頃から疲れている人に気づいてあげること、労ってあげること。とても大切なこと。

日頃から疲れている人に気づいてあげること、労ってあげること。とても大切なこと。

上記の記事で「過労死」について読んだのですが「もし、大切な人が過労で倒れたら…」と考えるだけでも悲しくなりますよね。

そして、過労には前兆があると書かれていました。

日頃から疲れている人に気づいてあげること、労ってあげること。大切ですね。

前兆を見逃さずに、しっかり疲れをとってもらう。回復してもらう。労わってあげること。

相手が無理していて、気づけないことがあれば教えてあげること。「無理しないでゆっくりするときも大事だよ」と。

家族みんなで、労わり合って、そして問題解決もして生きていけば、「過労死」を防いでいけます。

長時間労働をしないこと!大切です!

相手を労わる方法

相手を労わる方法をお伝えします。

相手を言葉で労わる

相手を言葉で労わるには「優しい言葉がけ」が必要です。そのためには、まず自分の心に余裕がないといけません。相手を労わるためにまず自分を労わりましょう。そのうえで、相手を労わりたい。そう思う自分の自然な気持ちを言葉にしてみましょう。心から相手を労わりたいという思い、その思いから出てくる自然な言葉こそが、相手にとって「労わってもらえた」と感じる言葉だと思います。

心理的効果のある「大丈夫だよ」「何とかなる」などの言葉がけをして、安心してもらえるようにするのも良いですね。

あと、その人のやることを減らすために「○○のことは私(僕)がやるから安心して」と過労の人の負担を減らしてあげることも大事ですね。

家庭で相手を労わる

相手が帰ってきてからも家の中でやらなければいけないことがある場合、それを代わりにできるのであれば代わりにやってあげたり、疲れをとるレシピなどをネットで調べて疲れをとるための食べ物を食べてもらったり、帰ってくる前に家をきれいに掃除したり、疲れが取れる香り、疲れが取れる入浴方法(カラダを温める天然塩風呂もおすすめ)を調べてやってみたり、調べればたくさんみつかります。

そういった見つけた方法を1つではなく、複数やること。それが大事です。複数のことが全体として機能して疲労回復につながりやすいからです。

 

 

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

このブログ全体の総合評価

4.4
Rated 4.4 out of 5
星5つのうち4.4 128件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)57%
星4つ(投稿者の主観:良い)28%
星3つ(投稿者の主観:普通)10%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)3%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)2%

良かったらグッドボタンを押そう!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)

Category :
1166 views

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。