日頃から疲れている人に気づいてあげること、労ってあげること。とても大切なこと。

473 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
日頃から疲れている人に気づいてあげること、労ってあげること。とても大切なこと。

上記の記事で「過労死」について読んだのですが「もし、大切な人が過労で倒れたら…」と考えるだけでも悲しくなりますよね。

そして、過労には前兆があると書かれていました。

日頃から疲れている人に気づいてあげること、労ってあげること。大切ですね。

前兆を見逃さずに、しっかり疲れをとってもらう。回復してもらう。労わってあげること。

相手が無理していて、気づけないことがあれば教えてあげること。「無理しないでゆっくりするときも大事だよ」と。

家族みんなで、労わり合って、そして問題解決もして生きていけば、「過労死」を防いでいけます。

長時間労働をしないこと!大切です!

相手を労わる方法

相手を労わる方法をお伝えします。

<<下に続く>>

相手を言葉で労わる

相手を言葉で労わるには「優しい言葉がけ」が必要です。そのためには、まず自分の心に余裕がないといけません。相手を労わるためにまず自分を労わりましょう。そのうえで、相手を労わりたい。そう思う自分の自然な気持ちを言葉にしてみましょう。心から相手を労わりたいという思い、その思いから出てくる自然な言葉こそが、相手にとって「労わってもらえた」と感じる言葉だと思います。

心理的効果のある「大丈夫だよ」「何とかなる」などの言葉がけをして、安心してもらえるようにするのも良いですね。

あと、その人のやることを減らすために「○○のことは私(僕)がやるから安心して」と過労の人の負担を減らしてあげることも大事ですね。

家庭で相手を労わる

相手が帰ってきてからも家の中でやらなければいけないことがある場合、それを代わりにできるのであれば代わりにやってあげたり、疲れをとるレシピなどをネットで調べて疲れをとるための食べ物を食べてもらったり、帰ってくる前に家をきれいに掃除したり、疲れが取れる香り、疲れが取れる入浴方法(カラダを温める天然塩風呂もおすすめ)を調べてやってみたり、調べればたくさんみつかります。

そういった見つけた方法を1つではなく、複数やること。それが大事です。複数のことが全体として機能して疲労回復につながりやすいからです。

 

 

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)