恨みつらみは、感謝に変わる!

896 views
約 4 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
恨みつらみは、感謝に変わる!

僕は、小さい頃から、親に「苦しみ」「悲しみ」を封じられてきた。そのことを恨んでいたこともあった。だけど、今はハッキリわかる。親も言葉に出せない苦しみや悲しみをずっと抱えていて、それらのに頑張って働いてくれていたのだ。気づいてあげられなくて本当に申し訳なかったと思うように変化した。

処理しきれないほどの「苦しみ」「悲しみ」を抱えていた親だから、子供の「苦しみ」「悲しみ」を封じ込めてしまったのです。それほど限界だったということ。そんな限界だったのに育ててくれてありがとう。と思うように変化しました。親への「恨み」を味わい尽くすと、親への「感謝」に変わっていきます。

「親を恨むなんてよくない」と過去に言われたこともあったけど、恨み尽くしたからこそ感謝が生まれてきた。恨まなかったら感謝の気持ちもわからなかった。感謝が出来るようになる目的をもって恨んだからこそ目的が達成されたのです。自分の恨み、苦しみ、悲しみを感じきった時、親の苦しみを知った。

僕の場合は、

1、親を徹底して嫌った
2、親をもう1度信じてみようと思った
3、親に大きく騙されたことに後で気づく
4、恨みが出てくる
5、恨みを最後まで感じきり、苦しみも、悲しみも感じきった
6、親の苦しみも、悲しみもわかってきた
7、そんな大変中、育ててくれたことに感謝の気持ちが出てくる
(感謝出来ることが出てきたり、恨みが出たり、心の成長には色々な波があります。)

実際は、もっと複雑ですが、簡単に書くとこのような流れでした。自分の、恨み、悲しみ、苦しみ、などを感じきると親も気持ちも沢山見えてきて、新しい視点で見れるようになってきたのです。その時に、力になってあげられなくてごめんねって気持ちも溢れてきました。

過去に親から「子供なんて放っておけば育つと思ってたわ」と言われて傷ついたことがあります。ちゃんと育てて欲しかった、と。だけど、思い出したのです。別の親の言葉を。それは「人生は自分で考えることが出来るようになることが大事なんだ」と。そして、色々なことを学んで、支配者は人を支配するために「自分で考える力を奪う」ということもわかった。

<<下に続く>>

つまり、僕の親は、僕に「支配されない人間になれ(本当の自分を大事にしろ)」と、不器用ながら教えてくれていたのです。そのことが今はハッキリわかります。自分の中で繋がったのです。そして腑に落ちたのです。僕が未熟過ぎて、そこにあった親からの愛に気づくことが出来なかったのです。(未熟だった僕には、ここに繋げるための数々の作業が必要でした。その作業によってプロセスが埋まって腑に落ちた。だから納得を起こすために堂々と過去を振り返ればいい。)僕はこの作業を「サヨナラ・モンスター」で行いました。

恨みつらみは、感謝に変わっていくのです。

恨み、悲しみ、、苦しむ。そんな自分を自分で認める。受け入れる。それは自分が自分の親となること。そこに成長、新しい視点、考え方が出来るようになる様々なことがある。だから親の気持ちや、親の視点で物事を見れるようになってくるのです。

恨みつらみは、心の成長という贈り物と一緒に、感謝に変わっていくのです。「気づき」は「幸せの種」となり、何れ、結果が出てくるのです。

ありがとう。

人への恨みが消えない・忘れられないのはなぜ?

恨みが消えないのは「消そうとしていないから」です。 消そうとしなければ、消えないのです。 忘れることが出来ないのも、忘れようとしていないからです。 その「恨み」から、何か学ぶべきことがある、だから忘れないのだと思いますよ。

僕の場合は、今、恨みきって、わかったことがあります。 前記したように、「感謝」を学ぶために、「恨み」忘れることが出来なかったのです。 恨みが消えず、忘れることが出来なかったのは「感謝」に繋がるまでの「プロセス」を学ぶことだったのです。 そのプロセスの中に「本当の自分の感情を取り戻す」ことがたくさんあります。 「恨み」は、本当の自分の感情を取り戻させてくれたのです。 そして「感謝」に変わったのです。

このように、恨みが消えない、忘れられないのは「自分なりの理由」が隠れています。すべてを取り払って、正直に自分の気持ちと向き合ってみると変わってきます。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
心の深い部分にある「まとまり」。
この「まとまり」を紐解いたら、心に大きな変化が起こりました。

1つ1つ「書き出す」こと、
そして「感じきる」、「修正する」。

「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)