恨みつらみは、感謝に変わる!

 2021年11月28日
2037 views
恨みつらみは、感謝に変わる!

僕は、小さい頃から、親に「苦しみ」「悲しみ」を封じられてきた。そのことを恨んでいたこともあった。だけど、今はハッキリわかる。親も言葉に出せない苦しみや悲しみをずっと抱えていて、それらのに頑張って働いてくれていたのだ。気づいてあげられなくて本当に申し訳なかったと思うように変化した。

処理しきれないほどの「苦しみ」「悲しみ」を抱えていた親だから、子供の「苦しみ」「悲しみ」を封じ込めてしまったのです。それほど限界だったということ。そんな限界だったのに育ててくれてありがとう。と思うように変化しました。親への「恨み」を味わい尽くすと、親への「感謝」に変わっていきます。

「親を恨むなんてよくない」と過去に言われたこともあったけど、恨み尽くしたからこそ感謝が生まれてきた。恨まなかったら感謝の気持ちもわからなかった。感謝が出来るようになる目的をもって恨んだからこそ目的が達成されたのです。自分の恨み、苦しみ、悲しみを感じきった時、親の苦しみを知った。

僕の場合は、

1、親を徹底して嫌った
2、親をもう1度信じてみようと思った
3、親に大きく騙されたことに後で気づく
4、恨みが出てくる
5、恨みを最後まで感じきり、苦しみも、悲しみも感じきった
6、親の苦しみも、悲しみもわかってきた
7、そんな大変中、育ててくれたことに感謝の気持ちが出てくる
(感謝出来ることが出てきたり、恨みが出たり、心の成長には色々な波があります。)

実際は、もっと複雑ですが、簡単に書くとこのような流れでした。自分の、恨み、悲しみ、苦しみ、などを感じきると親も気持ちも沢山見えてきて、新しい視点で見れるようになってきたのです。その時に、力になってあげられなくてごめんねって気持ちも溢れてきました。

過去に親から「子供なんて放っておけば育つと思ってたわ」と言われて傷ついたことがあります。ちゃんと育てて欲しかった、と。だけど、思い出したのです。別の親の言葉を。それは「人生は自分で考えることが出来るようになることが大事なんだ」と。そして、色々なことを学んで、支配者は人を支配するために「自分で考える力を奪う」ということもわかった。

つまり、僕の親は、僕に「支配されない人間になれ(本当の自分を大事にしろ)」と、不器用ながら教えてくれていたのです。そのことが今はハッキリわかります。自分の中で繋がったのです。そして腑に落ちたのです。僕が未熟過ぎて、そこにあった親からの愛に気づくことが出来なかったのです。(未熟だった僕には、ここに繋げるための数々の作業が必要でした。その作業によってプロセスが埋まって腑に落ちた。だから納得を起こすために堂々と過去を振り返ればいい。)僕はこの作業を「サヨナラ・モンスター」で行いました。

恨みつらみは、感謝に変わっていくのです。

恨み、悲しみ、、苦しむ。そんな自分を自分で認める。受け入れる。それは自分が自分の親となること。そこに成長、新しい視点、考え方が出来るようになる様々なことがある。だから親の気持ちや、親の視点で物事を見れるようになってくるのです。

恨みつらみは、心の成長という贈り物と一緒に、感謝に変わっていくのです。「気づき」は「幸せの種」となり、何れ、結果が出てくるのです。

ありがとう。

人への恨みが消えない・忘れられないのはなぜ?

恨みが消えないのは「消そうとしていないから」です。 消そうとしなければ、消えないのです。 忘れることが出来ないのも、忘れようとしていないからです。 その「恨み」から、何か学ぶべきことがある、だから忘れないのだと思いますよ。

僕の場合は、今、恨みきって、わかったことがあります。 前記したように、「感謝」を学ぶために、「恨み」忘れることが出来なかったのです。 恨みが消えず、忘れることが出来なかったのは「感謝」に繋がるまでの「プロセス」を学ぶことだったのです。 そのプロセスの中に「本当の自分の感情を取り戻す」ことがたくさんあります。 「恨み」は、本当の自分の感情を取り戻させてくれたのです。 そして「感謝」に変わったのです。

このように、恨みが消えない、忘れられないのは「自分なりの理由」が隠れています。すべてを取り払って、正直に自分の気持ちと向き合ってみると変わってきます。

読者登録&解除(無料)

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に対しての評価をお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。