投げやりな生き方が変わった理由

投げやりな生き方が変わった理由

寝ぼけたまま生きたい人は、
この文章を読まないで下さい。

とても【重要】なことですので。

人生上手くいかない…

生きづらい…

生きるのに疲れた…

死ぬのを待っているだけ…

誰も信じられない…。

この文章を読んでくれている方は、
このように思っている方がたくさんいます。

これは、僕自身も、何度も思ったことです。

ずっと昔の子供の時のお話ですが、

子供の時なんて、頻繁に
早く死ねばいいや」と投げやりに生きることしか出来ませんでした。
絶望していたんです。

絶望していたので、非行に走って、
少年院送致となった時も、
誰もやらない「少年院からの逃走」もしました。
絶望の中から小さな希望を探すかのように、
「最終手段として、邪魔するなら〇す…」と決め、
約一か月逃走生活を続けました。

僕は、誰も信じられなかったし、
誰の言葉も自分の心に響かない…。

ずっと、心が凍っているような感じでした。

凍りついた心」、
そう、これが苦しみの原因です。
「投げやりな生き方」の原因でもありました。

僕は、この苦しみを減らし、
投げやりな生き方を変えるために、
最も大切だったことが何なのかわかりました、

それが「〇〇」だったのです。
投げやりな生き方が変わった理由は「〇〇」を使って、
他の「〇〇」も探して、
自分の権限で使って、取り戻す。

それが「心の苦しみ」を減らしていくことに、
大きく役立ちました。

子供時代の「少年院逃走」から、
その後の「人間嫌い」を経験し、
僕は、「〇〇」をなくしてしまっていたのでした。

この「〇〇」、、それを取り戻さなければ
心の苦しみからは抜け出せなかったのです。
(まだ苦しいですか、向かいに比べかなり消えました)

記事の続きは以下のボタンを押して下さい。


(決済は安全の「Stripe(ストライプ)」)

「スマホの料金と一緒にお支払いはこちら」
(docomo au SoftBank 携帯キャリア決済)

購入後は、すぐに続きを読むことが出来ます。
購入してくださった方は、必ず続きのページをブックマークしてください。
ブックマークせずウィンドウを閉じてしまった方はで再度読みたい方は、お問い合わせください。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)