書き出してきた情報に関することを知り尽くしたことで、 恐怖は大幅に減っている。

書き出してきた情報に関することを知り尽くしたことで、 恐怖は大幅に減っている。

サヨナラ・モンスターを手にした方が、
「この教材は本当にすごいです!」と言った。
そして、恐怖が減ることで、やる気が出やすくなったと言った。

自然なやる気をせき止めているものの1つが、
「恐怖感情」なのです。
恐怖が減ると、せき止められていた本来の自分の何かが、少しずつ動き出していく。

人は誰しも、大なり小なり、恐怖への同一化をしている。
そして、その恐怖対象(群れも含む)の解釈を自分のものだと思い込んでいる。
その他人の解釈から、感情が生まれる。
つまり、他人の感情を自分のものだと思い込んでいるものもある。
だから、恐怖を減らし、本当の自分の感情を取り戻すことが大切。

「恐怖への同一化って何?詳しく知りたい!」と思う人は、
http://oeda.gooside.com/heiwa/006.html
こちらの記事を読んでみて下さい。とても良い記事だなと思った記事です。

過去に書き出してきた、たくさんの自分の心に関する情報がある。
その情報から「隠れた恐怖」と「知るべきこと」が見えてくる。
そして、それら(書き出してきた情報に関すること)を知り尽くしたことで、
恐怖は大幅に減っている。
恐怖を減らすために自分が知るべきことは何か、このツールで見えてくる。

ツール名は
自分の「モンスター」と「隠れた能力」を知るためのツール】です。

19世紀の思想家エマーソンは、多くの有名人に影響を与えた人物です。
そのエマーソンの名言の1つに、「”恐怖は常に、無知から生まれる”」がある。
これは本当です。知らないから怖い、知ってしまえば恐怖は消えるのです。
「知る」は「モヤモヤ(恐怖の元)」を解いてくれます。

「サヨナラ・モンスター」に取り組んでいる方たちの「恐怖感情」が減ったのも、
「知る」を増やしたから。

自分にとっての「知るべきこと」を見つけ、
それを知り尽くしていくと、恐怖は減っていくのです。
それが恐怖感情の役目なので、「知る」が的を得ていたら、ちゃんと恐怖は減っていく。

恐怖から目を背けると、恐怖感情はますます強くなっていく。
それは、自分が自分の大切な恐怖感情を無視しているからです。
無視すると、恐怖感情は大切なことを教えようとして、ますます強くなるのです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
書き出してきた情報に関することを知り尽くしたことで、 恐怖は大幅に減っている。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
書き出してきた情報に関することを知り尽くしたことで、 恐怖は大幅に減っている。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)