よく殴られ絡まれる人は「どうして自分だけこんな不幸に?」と悲しくなるでしょう。無意識の中に「そうなりやすいもの」が入ってしまっているので、それを刷り込んだ人間を特定し捨てることで変わる。

よく殴られ絡まれる人は「どうして自分だけこんな不幸に?」と悲しくなるでしょう。無意識の中に「そうなりやすいもの」が入ってしまっているので、それを刷り込んだ人間を特定し捨てることで変わる。

よく殴られ絡まれる人は「どうして自分だけこんな不幸に?」と悲しくなるでしょう。無意識の中に「そうなりやすいもの」が入ってしまっているので、それを刷り込んだ人間を特定し捨てることで変わる。よく殴られ絡まれる人は「どうして自分だけこんな不幸に?」と悲しくなるでしょう。しかし無意識の中に「そうなりやすいもの」が入ってしまっているのです。悪い事をしている人は罪悪感もあるでしょう。悪い事をしていない場合、それは誰かの価値観です。その価値観が「自分は責められるべき人間」と決めつけているので、それを刷り込んだ人間を特定し捨てることで変わる。

例えば、家族中から「あいつはダメなやつだ」「苦しみ足りない」「もっと苦しめばいいのに」と言われたり、影で言われたり、言葉では言わなくても非言語的メッセージから伝わってきたりして、それを受け入れてしまったとします。子供なら家族から「お前が大事」だと言われて「あいつはダメなやつだ」というダブルバインドで催眠状態になると、ボーっとしてそれを受け入れてしまい無意識の中に「自分は責められるべき人間」だというものが刷り込まれていきます。

その無意識の中にある「自分は責められるべき人間」が無意識的な言動などにより「実際に責められるようなこと」を無意識でしてしまうのです。それにより誰かを刺激して、絡まれたり殴られたりすることが増えやすくなるのです。本人は自覚がないから「どうして自分だけこんな不幸に?」と悲しくなってしまうのです。

まずは、気づくことです。無意識は自覚できませんがある程度は自覚できます。例えば録画していれば自分の無意識の仕草やコミュニケーションなどから、相手が怒るポイントが見つけることが出来る場合もあります。それが見つかると次は何故?こんなマイナスな結果を促すことを自分はしているんだろう?いつからするようになったのだろう?誰を信じたのか?誰の価値観なのか?自分が逃げるためにやったのか?色々考えていくと過去に「あいつはダメなやつだ」「苦しみ足りない」「もっと苦しめばいいのに」のようなものを受け入れていたことを思い出すことがあります。

その「あいつはダメなやつだ」「苦しみ足りない」「もっと苦しめばいいのに」を直接受け入れてはいなくても、それを言っていた人間を信じていたりすると、気づかないうちに相手に染まってしまうのです。例えば心理学でいうモデリングを引用します。

モデリング(英: Modelling)は、心理学用語のひとつ。何かしらの対象物を見本(モデル)に、そのものの動作や行動を見て、同じような動作や行動をするのがモデリングである。 人間(主に子供)の成長過程では、モデリングにより学習・成長するとされている。思春期から大人にかけての時期では、憧れの意識から、対象の人物に少しでも近づきたいという心理が発することがある。また、芸能人のファンが、その対象人物のファッションや仕草などを真似るのは、モデリングのひとつである。 バンデュラ(A.Bandura)は攻撃行動は他人の攻撃行動を観察することによって促進されるとし、社会的モデルの示範的効果を強調した〈モデリング理論〉を唱えた。この立場では、他人の攻撃場面(たとえばテレビの暴力シーンやレスリングなどのスポーツ)を観察することによるうっぷんの解消、すなわち浄化作用を認めず、むしろ攻撃行動を促進させるとみている[1]。

Wikipediaより引用

上記に書いてあるように、特に子供の成長過程ではモデリングにより学習・成長すると書かれていますね。子は親を無条件で信じていますから親をモデリングしているのです。親や家族が「あいつはダメなやつだ」「苦しみ足りない」「もっと苦しめばいいのに」という無数の非言語的メッセージなどを出すことで、それすらモデリングするのです。そして自分も誰かに「あいつはダメなやつだ」「苦しみ足りない」「もっと苦しめばいいのに」と伝えながら「お前が大事だよー?」と矛盾したコミュニケーションをしていくようになるのです。それを背負わせる相手がいない、または背負わせられない場合は自分に対して自虐的になったり自傷行為に走りやすくなったりして無意識レベルで「自分は責められるべき人間」となるので、そのように殴られたり絡まれたりする結果を無意識で生み出しやすくなると言うパターンもあるのです。そこに自覚がないから「どうして自分だけこんな不幸に?」となるのです。

親や家族であっても不要な価値観は自分の責任で捨ててしまう事が大事です。捨てることが出来ると次は解釈を変えてみると違う視点が見えてきます。「あいつはダメなやつだ」「苦しみ足りない」「もっと苦しめばいいのに」は言っている側が苦しんでいるのかな?と別の視点が見えてきます。

以下の音声も聞いてみて下さい。 YouTubeで見る

無意識の中に「そうなりやすいもの(なぜかマイナスになること)」を変えていくことが、自分を幸せにすることです。そのための第一歩が自己理解、そして自己理解を深めていくこと。あなたの答えはあなたにしかわかりません。他人があなたの答えを知っていることはありません。だから、自分で自分を救い出すことが必要なのです。そのために役立つのが「サヨナラ・モンスター」です。

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)