Google検索

褒められるのが苦手・怖い・嫌い。自己肯定感を高めるには褒められたら素直に受け入れるといいと言うけど、受け入れられない…。

褒められるのが苦手・怖い・嫌いな人は、自己肯定感が低いのだと思います。そして、自己肯定感を高めるには褒められたら素直に受け入れることもいいと言うけど、受け入れられない…。と悩む方もいると思います。

実際に私自身も、褒められるのが苦手・怖い・嫌いと言う部分がありました。なので気持ちは良く分かるつもりですが、自己肯定感を高めるには褒められたら素直に受け入れることもいいと言うけど、受け入れられないから辛いんですよね。

ここで私がやったことで良かった事は自分に向き合ってみたことです。自分に向き合って、どうして自分は褒められるのが苦手で怖くて嫌いだったのか?そこを徹底して向き合いました。

すると、「褒められる」=「騙す手口」のイメージが強かったから、褒められることは自分にとって悪い事というイメージが強かったのです。実際に、私の人生の場合は「褒める」=「騙す手口」として使っていた人が多かったので、「全てがそうだと」いう思い込み、先入観で見てしまうので、本当に良い意味で上からでもなく下からでもなく褒めてくれることさえもマイナスイメージで見ていたのです。

<<下に続く>>

ここで区別して、これはこれ、あれはあれ。と区別できるようになると「褒められる」=「騙す手口」を跳ね除けて、良いものだけを吸収できるようになってきます。

アドラー心理学では褒めることは支配になるので、良くない事だと言われていますので、褒められるのが苦手で怖くて嫌いな人は、見えない支配を嫌がっていたのかもしれません。 自分が心地よいと感じる「褒め」だけを取り入れていけば、自然と自己肯定感も高まってくると思います。

また、逆に、否定ばかりされて育ったことで否定をされるほうに慣れてしまい、肯定される言葉が苦手と言う人もいるでしょう。そういった場合は、褒められることによる嬉しい感情などを1つ1つ大切にして、褒められることに徐々に慣れていけばいいと思います。

関連コンテンツ

アンケート

2017/2/4にアンケートを設置しました。 よろしければご回答ください。

「○○の意見に賛同するな…」、「○○の意見を聞いてはならない…」という空気を感じたことはありますか?

View Results

Loading ... Loading ...

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)