原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

理解を深めていくには「誰かに伝える」ことを「繰り返す」ことが最も良い方法です。

理解を深めていくには「誰かに伝える」ことを「繰り返す」ことが最も良い方法です。



理解とは

「物事の道筋を知ること」を「理解」と言います。「理」は「物事の道筋」です。「解」は「解る、解く」です。つまり「物事の道筋が、しっかり解った」ということが「理解出来た」ということです。

理解を深めるには

この理解を深めていくには「誰かに伝える」ことを「繰り返す」ことが最も良い方法です。僕自身が実際に1番効果があった方法でした。ただ伝えるのではなく自分の言葉で伝えることが大事なことです。「出来るだけわかりやすく伝える努力」が「理解を深める」ことに繋がっているのです。

文章で伝えることも効果的

理解を深めるために「誰かに伝える」ことを「繰り返す」ことはとても効果的です。これは「文章」で伝えることも効果的です。文章だと後から自分の問題や癖に気づきやすいですし、文章を作成することで頭が整ってきます。そして調べることも増えるので脳の活性化にも繋がっていきます。

調べる(インターネット検索)が脳の活性化に繋がるということは過去に何度もお伝えしていますが念のため引用してご紹介します。

<<下に続く>>

 [シカゴ 14日 ロイター] 米国の研究者は14日、インターネットを使った検索が中高年の人々の記憶力保持などに役立つ可能性があるという研究結果を明らかにした。

引用元:インターネット検索、脳の活性化に役立つ可能性=米研究 | ロイター

インターネット検索をして、調べて、その道筋をしっかり解るまで調べる。そして自分の言葉で話せるようになるまで調べる。その過程で理解が深まっていきます。そしてそれを人に伝えるときに、相手にわかりやすく伝えようとする努力が更に理解を深めてくれるのです。

是非、何かしらの方法で「誰かに伝える」ことを「繰り返す」ことで理解を深めていってください。今の時代は「誰かに伝える」が簡単にできる時代です。パソコン、スマホで誰でも簡単に出来ます。理解が深まれば人は幸せになっていけるのです。逆に理解がないことが不幸に繋がっているのです。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。