ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

死にたい気持ちになっていた。やっとペットロスから回復してきました。「ペットロスを乗り越える」を出版!

死にたい気持ちになっていた。やっとペットロスから回復してきました。「ペットロスを乗り越える」を出版!感謝(2)

ペットロスとは?

ペットロスとは、ペットが死亡したり、行方不明になったり、何らかの理由で手元から去ってしまったときに、飼い主が経験する喪失感や悲しみのことを指します。これは家族や友人の死を悼むときの感情と似ており、ペットは多くの場合、家族の一員として見なされるため、その死は深刻な影響を与えることがあります。(ChatGPT4.0より)

重度のペットロスとは?

重度のペットロスは、ペットの死によって引き起こされる強烈な悲しみと喪失感を指します。これは飼い主が日常生活に影響を与えるほどの深い悲しみを感じ、うつ病や不安障害の症状を示すことがあります。重度のペットロスは、しばしば複雑な喪失(Complicated Grief)という状態に関連しており、飼い主は長期間にわたって強い悲しみを感じ続け、日常生活や機能に悪影響を及ぼす可能性があります。(ChatGPT4.0より)

ペットロスの症状は?

ペットロスの症状は人それぞれ異なりますが、以下のような一般的な感情的、身体的、行動的反応があります:

  • 感情的反応:悲しみ、怒り、罪悪感、孤独感、空虚感、無力感。
  • 身体的反応:食欲不振、不眠、過眠、疲労、頭痛、胃の不調など。
  • 行動的反応:ペットを思い出すための行動(写真を見る、思い出話をする等)、ペットの遺品を手放せない、日常生活に支障をきたす程度に仕事や人付き合いを避けるなど。

これらの反応は一時的であることが多く、時間と共に緩和されます。しかし、それらが長期間続き、日常生活に大きな影響を与える場合、専門家の助けが必要となることもあります。(ChatGPT4.0より)

ペットロスを乗り越える方法に関する書籍を出版

「ペットロスを乗り越える: 心の供養〜感謝、愛するペットとの別れから学ぶこと(ChatGPT4.0)」を出版しました。

2023年6月28日23時45分頃、飼っていた犬が息を引き取りました。深い悲しみ、喪失感、無力感、無気力などの感情を感じて、死にたい気持ちにもなっていて、倦怠感もあり、そして心を整理して、そこから自分なりの答えを出しました。その答えが「心の供養」です。ペットロスの乗り越え方についての答えを出したことで、心の苦しみが軽くなりました。つらく、心苦しい経験をしたことで、また1つ心理的に成長出来ました。

この本を出版しようと思った理由は、大切なペットを亡くした人に「心の供養」という、僕が考える概念をお伝えしておきたいと思ったからです。心の供養をして生きていくことが、心を軽くすることにも繋がります。

序章のみ、僕自身が書いた文章になり、それ以外の全ての文章にChatGPT4.0(AI)を活用しています。具体的には、ChatGPT4.0に僕の意思や視点、感情を伝え、それを文章に反映してもらうという形です。これにより、僕自身が書くことを想定していた内容が、ChatGPT4.0によって読みやすく、理解しやすい文章に変換されています。つまり、AIが僕の言葉をあたかも僕自身が書いているかのように伝えることで、本書のテーマである「ペットロスを乗り越える:心の供養〜感謝、愛するペットとの別れから学ぶこと」についての深い洞察と価値を提供できるのです。

※本書は横書きでレイアウトされています。
※文字数約9万文字

Kindle Unlimited(読み放題0円対象本)
「ペットロスを乗り越える」の詳細はこちら
ペーパーバックもあります

こんな人におすすめ!(ChatGPT4.0より)

この書籍は次のような人々に特におすすめします:

  1. ペットを亡くした人: 最も明確な対象読者はペットを失った人々でしょう。愛するペットとの別れを経験し、深い喪失感や無力感を抱いている人々は、この書籍からペットロスと向き合い、乗り越えるための具体的なアドバイスや慰めを見つけることができます。
  2. ペットの死を前にした人: ペットが高齢であったり、病気であったりする場合、その死を前にして不安や恐怖を感じている人々にとってもこの書籍は有益です。ペットの死と向き合う心構えや、ペットの死後の生活の再建方法について学ぶことができます。
  3. ペットを飼いたいと考えている人: ペットを飼うことを考えている人々も、ペットの一生を通じての責任や、終生のお世話がどういうことを意味するのかを理解するために、この本を読むと良いでしょう。
  4. ペットロスを経験している周囲の人: ペットを亡くした友人や家族を支えたいと思っている人々にとって、この書籍はペットロスの深刻さを理解し、適切な支援の方法を学ぶための有用なガイドとなります。
  5. 心理カウンセラー、臨床心理士、精神保健専門家: ペットロスに対する理解を深め、患者やクライアントの苦しみを理解し、適切なケアを提供するための情報源としてこの本が役立ちます。
  6. 人工知能やAIの利用に興味がある人: 本書はChatGPT-4.0というAIを活用して作成されています。この新しいテクノロジーの応用例に興味がある人にとって、読み応えがあるでしょう。(ChatGPT4.0より)

目次

はじめに(菅原隆志より)

序章 僕が考える心の供養
飼っていたペットを亡くした
思っていた以上に存在が大きかった(長い間ありがとう)
後悔をして心の供養へ繋げよう
大切な2つのこと
1、現実を受容する
2、心の供養
自分の悪い部分や問題点を必ず書き出しておこう
回復が早かった
ChatGPT4.0について

第1章「心の供養」
1-1. ペットの死という経験について
1-2. 愛するペットとの別れの後悔と苦悩
1-3. 心の供養とは?その意義と必要性
1-4. 自分自身の問題点を見つめ、心の供養へ繋げる
1-5. 新しいペットとの出会いを考えるタイミング

第2章「ペットロスとは」
2-1. ペットロス症候群をチェック
2-2. ペットロスによる心理的な変化
2-3. ペットロスになりやすい人の特徴
2-4. ペットロスの立ち直り期間とは
2-5. ペットロスで深く悲しんでいる人にかける100の言葉

第3章「ペットの死と向き合う」
3-1. ペットの死を受け入れる方法
3-2. ペットの死後の世界について
3-3. ペットの生まれ変わりを見分けるポイント
3-4. 死は必ず訪れる現実:現実受容と気づき
3-5. ペットの死を受け入れられないときの対処法

第4章「ペットロスと仕事」
4-1. ペットの死と仕事のバランス
4-2. ペットの死後、仕事を休むべきか?
もし仕事を休んだ場合は何をするべきか?
4-3. ペットの死と仕事のストレス

第5章「ペットロスと子供」
5-1. ペットの死と子供への伝え方
5-2. ペットの死と子供の反応
5-3. 子供がペットの死を理解するために

第6章「新しいペットとの出会い」
6-1. ペットの死後、新しいペットを飼うタイミング
6-2. 新しいペットとの出会い
6-3. 新しいペットと向き合う心構え
6-4. 未熟な心を育て、深まる愛情への道

第7章「ペットの死とスピリチュアル」
7-1. ペットの死とスピリチュアルな視点
7-2. ペットの死後の世界とは
7-3. スピリチュアルが苦手な人へ

第8章「ペットロスと周囲との対応」
8-1. ペットの死と友人への連絡
8-2. ペットの死を家族や友人に伝える方法
8-3. ペットの死と他人からの慰め
サポートの求め方:

第9章「ペットの死と感情の管理」
9-1. ペットの死と罪悪感
9-2. ペットの死と寂しさ
9-3. ペットの死と喪失感
9-4. ペットの死と絶望感
9-5. 感情受容が大切な理由
9-6. ペットの死後の涙が止まらないときの対処法

第10章「ペットの死と供養」
10-1. ペットの死後の供養方法
10-2. ペットの死と虹の橋
10-3. ペットの死と心の供養

第11章「ペットの死後の生活の再建」
11-1. ペットの死後の生活の立て直し
11-2. ペットの死と日常生活の変化
11-3. ペットの死と新しい生活への移行

第12章「ペットの死と健康管理」
12-1. ペットの死とうつ病
12-2. ペットの死とストレス度
12-3. ペットの死と睡眠不足
12-4. ペットの死でうつになる人とならない人の違い
12-5. 心の供養の視点とうつ病予防の可能性

第13章「ペットの死と神社・神棚」
13-1. ペットの死と神社参拝
13-2. ペットの死と神棚
13-3. ペットの死と宗教

第14章「ペットの死と感謝の意志」
14-1. ペットの死と感謝の言葉
14-2. ペットの死と贈り物
14-3. ペットの死とありがとうの意志

第15章「ペットの死と自己表現」
15-1. ペットの死と絵画表現
15-2. ペットの死と詩・歌・電子書籍出版
15-3. ペットの死と写真・ビデオ
15-4. ペットの死と自己表現の重要性

第16章「ペットの死と高齢者」
16-1. 高齢者とペットの死
16-2. ペットの死と孤独感
16-3. 高齢者のペットロス対応

第17章「ペットの死と悲嘆のプロセス」
17-1. 悲嘆のプロセスとは何か:基本的な理解
17-2. 悲嘆の段階:一般的なフレームワーク
17-3. 現実の否認:その影響と問題
17-4. 現実の受け入れ:その重要性
17-5. 自分の感情に向き合う:悲嘆のプロセスの一部
17-6. 各人の悲嘆の経験:個々の違いを尊重する
17-7. ペットロスと悲嘆:特殊な状況への理解
17-8. 悲嘆を乗り越える:対策とサポート

第18章:ペットロスと周囲の人々の対応
18-1. 友達とペットロス:うざいと感じる人の心理
18-2. ペットロスはくだらないことではない
18-3. ペットロスを経験している人は優しい人
18-4. ペットロスが理解されにくい理由
18-5. ペットロスと「そっとしておいてほしい」感情

第19章 「現実を生きる」
19-1. ペットの死と現実:避けられない真実への直面
19-2. 生命の有限性:ペットの死がもたらす深い学び
19-3. 無意識の中に潜む妄想:現実からの遠ざかり
19-4. 現実への回帰:ペットの死というショッキングな覚醒
19-5. 生きていくための現実直視:ペットの死が示す道しるべ

「おわりに」
20-1. ペットとの別れと成長
20-2. ペットとの別れと新たな人生
20-3. ペットとの別れから得る力

まとめ:実践編
おわりに(菅原隆志)
著作権について

Kindle Unlimited(読み放題0円対象本)
「ペットロスを乗り越える」の詳細はこちら
ペーパーバックもあります

ペットの売れ筋ランキングで18位

ペットの売れ筋ランキングで18位:2023年7月21日

ペットの売れ筋ランキングで18位

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました