実体験からわかったマインドコントロールの解き方!もしかしたら、無責任だった僕に、この大切さを教えるために、徹底したマインドコントロールを仕掛けてくれたのかもしれません。

254 views
約 6 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

実体験からわかったマインドコントロールの解き方!もしかしたら、無責任だった僕に、この大切さを教えるために、徹底したマインドコントロールを仕掛けてくれたのかもしれません。

この記事では、実体験からわかったマインドコントロールの解き方についてお伝えしたいと思います。

マインドコントロールの本質は騙すこと

「マインドコントロールの解き方」なんて、いろいろ言われていますけど、結局のところは「騙されていること」に「気づく」ことがマインドコントロールを解く上で、最も大事なことです。何故なら、マインドコントロールの本質が「巧妙に騙すこと」にあるからです。

つまり、マインドコントロールされているということは、巧妙に騙されているということです。

マインドコントロールが解けると騙されていたとハッキリわかる

僕は、小さい頃から宗教的なマインドコントロールを受けてきた。前世罪人だった…未来は破滅、救われたいなら信じろ…と扱われていた。そして、長い年月を経て、マインドコントロールが解けた時、「騙されていた!」と目が覚めた。この”気づき”が本当の自分の感情に気づくために必要なことです。

マインドコントロールが解けると、それまで自分が騙されてきたことがハッキリわかります。いえ、騙されていたことに気づくからマインドコントロールが解けるというほうが正しいかもしれません。

マインドコントロールによって心の奥に纏まりが形成されている

僕は、目が覚めたら、酷い恐怖、恨み、憎しみ、怒り、殺意、悲しみ、等の、凡ゆるマイナス感情だらけだとわかった。この頃には、強迫観念も出ていた。それらの感情を一つ一つ感じきり、消化し、隠れた感情も消化し回復。其れがサヨナラ・モンスターの方法です。

マインドコントロールをされるということは、心の深い部分にあらゆる情報や感情などの纏まりが形成されているということなのです。これが非常に重要な部分です。マインドコントロールが強ければ強いほど、その纏まりは大きく、そして数もありますし、更には巧妙であるほど、纏まりの相互作用まであるのです。つまり、纏まりAと纏まりBと纏まりCはそれぞれ相互作用を生み出していたり、全体として作用していたり、とても複雑な場合もあるのです。

この纏まりの解体が、マインドコントロールが解けるということでもあります。

マインドコントロールが解けると成長する

信じてついていき、命を投げ出しもいい、そこまで強い思いを抱いていた対象に騙されていたとわかった時、人の心は崩壊しそうになります。だけど自分を大切に出来る心にシフトすれば崩壊を防ぐことも出来るし、更なる成長に繋がります。良い経験です。

お陰様で、例え殺されても曲げる事のない(自分で自分を裏切らない)強い信念を持てるようになりました。マインドコントロールされ、苦しみ、そこから自分で自分を救い出すと、強い信念を持てるようになれます。この信念は、本当の自分を生きる為の力強いサポートになってくれます。

実体験からわかったマインドコントロールの解き方

1、衝撃的な揺さぶりを起こす

2、マインドコントロールをしている者から離す・離れる

3、騙される以前、または騙されている力が弱い、温かい記憶、プラスな記憶を呼び起こす

4、信じるものを見つける(視野を広げる)

5、植え付けられている妄想を見つけ出し粉砕し、不安・恐怖を特定し克服する(視野を広げる)

実体験からわかったことは、大体こんな流れです。

前記したよう、僕は、小さい頃から宗教的なマインドコントロールを受けてきました。これは、前世罪人だった…未来は破滅、救われたいなら信じろ…と扱われていた。

つまり、こうです。

<<下に続く>>

前世が、罪人で地獄にいた。だから生まれ持って罪があるから償わないといけない。だから今が苦しい。その苦しみは実は、マインドコントロールをする側が与えている。それを前世のものによる結果だとすり替えているのです。騙されるわけです。

そして、今を罪の償いをしなければいけないと思い込ませることで、尽くす日々にしないと恐怖が襲ってくるように紐づけされるのです。地獄に落ちるような恐怖です。小さい頃からずっとありました。入眠時にいつも落ちるような恐怖や感覚が襲っていたのは、それだと思います。

つまり、支配者に尽くさないと恐怖が襲ってくるのです。だから僕は、あの家族に恐怖していたのに、信じているし、離れることも恐怖だったのです。つまり混乱状態だったのです。離れたら地獄に落ちるような恐怖があったからです。これにより、心が拘束されていました。そこにいることも恐怖、離れることも恐怖、知ることも恐怖。そして思考停止に陥って、現実逃避をしていました。

上手く説明がまだ出来ない部分もありますが、要は、騙されたことで雁字搦めになり、心理的に拘束されて抜け出せなくなってしまったというわけです。そして、長い年月を経て、これが強化されていったのです。

この状態から抜け出すために前記した「1、衝撃的な揺さぶりを起こす」が必要だったのです。僕にとってのこれは、数々の出来事が連続して重なることで「現実を目の当たりにした」のです。つまり、僕や、パートナー、他の人の目から見ても「騙されている!」とわかる状態になったのです。「欺きの仕組み」が「表面化した」という感じです。

それにより、僕の中にあった「マイナスなことには事情があるに違いない」という部分、ここに強烈な亀裂が入ったのです。つまり「完全に騙されていた!!!」と悟った。そんな感じです。それまではどんなに苦しくても美徳の言葉を信じたい、そんな感じだったのです。裏を返せば餌に食いつきたがっていたのでしょう。それらを根底からひっくり返すだけの出来事によって、「完全に騙されていた!!!」と悟ったのです。

この時は、兎に角逃げないといけない。そんな思いで、その家から逃げるように出ました。それが前記した「2、マインドコントロールをしている者から離す・離れる」です。そこから、心は崩壊状態、得体のしれない恐怖で自分の気持ちも言えない。隠してしまう。なので、自分で前記した「3」「4」「5」を取り組みました。

6年以上、かかりましたが、かなり回復しました。そして、大幅に恐怖が消えて、例え殺されても曲げる事のない(自分で自分を裏切らない)強い信念を1つ、持てるようになりました。

苦しかったけれども、今振り返ってみて、良い経験になったなと思っています。恨みも消えています。

起こるべくして起こったことから、必要なことを学んだ…。そんな感じです。そして、「親への怒りを手放して親への恨みを克服!知るべきことは「みんな、それぞれの形で一生懸命生きている」そして「 生活をする。生きる。簡単じゃない」ということ。」に書いたこと、人は、みんな一生懸命生きているのだということ。

騙されたのは、結果としてそうだったけど、責任を放棄して生きていた無責任な僕自身の所為だったということ。

なので、良かったなと思っています。

もしかしたら、無責任だった僕に、この大切さを教えるために、徹底したマインドコントロールを仕掛けてくれたのかもしれません。それは僕にはわからないことですが、時々、ふと思うことがあります。

本当の優しさって、厳しさの中にこそあるんだな…と。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)