被害者意識をなくす方法!改善方法!

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨
被害者意識をなくす方法!改善方法!

人生を不幸に導く被害者意識にサヨナラしませんか。

この被害者意識には「責められたい」「責められる必要がある」という気持ちが潜んでいることがあります。

自分では、そんなことはないと思っていても気が付かない無意識レベルに潜んでいることがあります。

「責められたい」「責められる必要がある」という気持ちが潜んでいる場合、実は「加害者意識」があるのです。

自分が加害者として悪さをしていることを、自分の無意識は実は知っているから「責められたい」「責められる必要がある」となるわけです。

ですので被害者意識をなくす方法は「加害者をやめる」ことに繋がってくるのです。

私もそうですし、人は誰しもが加害者でもあり被害者でもあります。

そして、無自覚で人に嫌なことをしてしまうことがあるものです。

「加害者をやめる」前に必要なことが、「自分でも気が付いていない加害者としての自分」に気づくことです。

無意識的に人に嫌なことをしたり傷つけたりしている自分に気づいていないので、それが被害者意識になっていることがあるのです。

「自分は酷い事されて可哀想な人間だ!」と強く言いたいとき「加害者意識」が隠れています。

<<下に続く>>

よく「思考は現実化しない」という人はいますが「全て自分の望み通り、目的通りに現実化している」のです。

目的があって目的に沿って結果が出てくるのです。

被害者意識をなくすには、「無意識の目的を変更する必要」があります。

あなたが被害者の立場にいることで喜んでいる人に依存していませんか?

あなたが被害者の立場にいることで喜んでいる人に期待していませんか?

自分が被害者であり続ける、自分が支配的な人間であり続けるという目的が無意識レベルで決定されている方は、被害者意識があるのです。

抜け出すには無意識の目的ごと変更する必要があります。

覚悟と決心です。

「人を傷つけるための被害者意識をなくすぞ!」という覚悟と決心が大事です。

被害者意識は加害者意識がカモフラージュしたものです。

被害者意識をなくすということは、気づかないでいる攻撃的な自分をやめることです。

自分を傷つける被害者意識を捨てて、被害者も加害者もいない状態に心を持っていきましょう。

私も、加害者でもあり、被害者でもある部分がありますから、一歩ずつ進んでいきます。

関連コンテンツ

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 匿名

    相手を見下そう
    あいつらは
    そんなことしかできないバカなやつらだと

  2. by 名無し

    成長させてもらえるチャンスだと自然に思えるようなれば、感謝の気持ちすら抱けるようになると予想しています。私も頑張ります。

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)