眠気が無いのに、あくびが出てくる時は「緊張」の場合があり、目の前の対象を敵と判断している場合があります。

34298 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
眠気が無いのに、あくびが出てくる時は「緊張」の場合があり、目の前の対象を敵と判断している場合があります。

皆さんはこんな経験はないでしょうか?本を読んでいると「あくび」ばかり出てきてまったく読めない。しかし、ある時はスラスラ読めてしまう。これは、無意識でその本の価値観を嫌がっている場合があります。

例えば、優越コンプレックスがある人の場合は「専門用語を並び立てて、相手が理解できないことで優越感に浸る」場合があります。専門用語を知らない人に、専門用語を使い、相手が理解できない姿を見て優越感に浸る人がいます。そのような目的を潜ませている人の話や本は、無意識で嫌がってしまう場合があり、あくびが出てくるものです。

眠気が無いのに、あくびが出てくる経験がある方もいると思います。このようなあくびは「緊張」の場合もあります。「緊張しすぎ」を緩めようとして「あくび」が出るといった防衛本能なのです。

高城れに「緊張するとあくび止まらないんですよ」

あくびは極度の緊張状態でも起こる

あくびが出やすいのは、覚醒と睡眠の境界から覚醒に向かうときである[1]。具体的には以下のようなときに起こる。

眠たいとき。 過度に疲れているとき 退屈なとき 極度の緊張状態 寝起き

引用元:Wikipedia

緊張は悪い物ではありません。私たちを守ってくれるものです。生き物が何かに直面した時に「闘うか、それとも、逃げるか」という準備の状態が「緊張」なのです。

つまり、先ほどの話に戻ると、本を読んでいると「あくび」ばかり出てきてまったく読めない状態は「緊張」の場合があり、もしも、その「あくび」が「緊張」によるものなら、自分の無意識が「その本を敵の可能性あり」と判断しているかもしれないのです。本が敵と言えば大袈裟ですが、「その本の価値観は自分には不要ですよー!」という意味なのかもしれないのです。

<<下に続く>>

ですから自分の無意識の声に従って嫌なら読まないほうがいいという事になります。その本を書いた人が、優越コンプレックスがある人の場合で「専門用語を並び立てて、相手が理解できないことで優越感に浸る」ような人の書いた本は、読むと自分にマイナスな影響が来る可能性があるから、それを防衛するために無意識が緊張を作り出して、過剰な緊張を緩めるべく、あくびを作り出している可能性もあるということです。

コンプレックスは傷を核として似た感情を集めて、纏めていく性質があるので、本人が自覚していなくても、周囲の人からの似たような感情を吸収できるように無意識で行う場合があるのです。

例えば劣等コンプレックスが酷い人は、傷を核として劣等感情が纏まりになっています。それらは自動的に劣等感を欲しがります。自分以外の人にも劣等感を抱かせるように無自覚でコミュニケーションを通して劣等感を抱かせるように「それ、ヤバくない?」とか「お前ってブスだよね」「お前よりあいつのほうがまし!」とか、傷を付けて劣等感を持つように仕向けます。その劣等感の感情を吸収します。人の不幸は蜜の味状態という事です。それでコンプレックスは更なる肥大化を遂げるのです。なので、簡単に言えば深刻なコンプレックスある人の話を信じたり、本を読んで共感すると、コンプレックスの影響を受けやすくなるという事です。

ですから、自分の心の声に素直になって、嫌だと感じたら堂々と離れて行く事が大事です。体は正直ですから自分の体の反応と心の声を信じましょう。コンプレックスを抱えている方だとわかったら、自分に余裕があれば相手に呑み込まれず相手に優しくしてあげましょう。コンプレックスの核にあるのは心の傷です。その傷を守ろうと沢山の感情が壁になっているのです。そう、心の”かさぶた”です。傷が癒えれば人は変わります。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 12 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. コンプレックスって見える部分にある人も居れば、見えない部分にある人も居ますよね。

    実際私も複数のコンプレックスを抱えていますが、克服するのは容易ではありません。

    他に自分とは違うコンプレックスを抱えている方が居れば、長く付き合っていかなくてはいけない苦しみも分かりますから優しくしたいですね。

  2. 確かにあります。誰も知りあいの居ない場所に行くと私もあくびが頻発します。それは過度の緊張からくるのですね。勉強になりました。ありがとうございます。

  3. そうですね。嫌だと感じたら離れる勇気も必要ですね。
    つい嫌われたくなくて我慢してましたが、自分の進む道は他にもあるのだから思い切って離れてみます。

  4. 確かに緊張するとあくびがでますよね。
    睡眠不足だけが原因ではないと思います。
    環境の変化もあります。
    敵対心は知りませんでした。

  5. 私もよく眠く無いのに

    よくアクビがよく

    出て理由が

    分からなかったので

    どうしたらアクビが治るか

    分からなかったんてすが

    緊張することで

    アクビが出るんですね

    勉強になりました。

  6. あくびは、眠気か貧血だと思っていたので、記事を読んで驚きました。

    そういえば、緊張する場面であくびが出たこともありましたが、前日から緊張の為寝れなかったので、寝不足の影響で出たのかな、と思っていました。

  7. そうなんですね。意外でした。
    緊張感がない時に あくびが出ると思っていました。

    私は子供の時、乗り物酔いをよくしていたのですが、酔う前は必ず あくびが止まりませんでした。
    「酔ってしまうかも」って緊張していたのかも知れないですね。

  8. 緊張であくびが出るなんて初めて知りました。よく退屈なときなどに出るナマあくびは何故でるのか?っていうのも気になりました。

  9. ∞ひめくるみ∞

    本を読むと眠くなります\( ̄0 ̄)/

    伯母がたまに小難しい、専門知識?みたいなん言うけど、
    私はさっぱり(;_;)

    それを、「私が分かるから、あなたもわかるでしょ。」
    みたいになってるし
    (;_;)

    • 眠くなる本は読まないほうがいいかもしれませんよ!無意識で嫌だと言っている時に眠くなるので自分の本音がそれ嫌だと言っているのかもしれません。
      逆にどんどん読んでしまうような本を見つけると良いです。

  10. 分からない相手に専門用語を使いながら、その言葉・その笑顔の裏に『あんたは知らないでしょ?こんなことも知らないの?(笑)』といった声が潜んでいます。昔は私も加害者でした。

  11. なるほどなぁと思いました。
    自分も気をつけよう…。そして、そういう人間とは表面だけの付き合いに留まらせて、まっとうな人を大事にしようと思います。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)