Google検索

眠気が無いのに、あくびが出てくる時は「緊張」の場合があり、目の前の対象を敵と判断している場合があります。

眠気が無いのに、あくびが出てくる時は「緊張」の場合があり、目の前の対象を敵と判断している場合があります。

皆さんはこんな経験はないでしょうか?本を読んでいると「あくび」ばかり出てきてまったく読めない。しかし、ある時はスラスラ読めてしまう。これは、無意識でその本の価値観を嫌がっている場合があります。

例えば、優越コンプレックスがある人の場合は「専門用語を並び立てて、相手が理解できないことで優越感に浸る」場合があります。専門用語を知らない人に、専門用語を使い、相手が理解できない姿を見て優越感に浸る人がいます。そのような目的を潜ませている人の話や本は、無意識で嫌がってしまう場合があり、あくびが出てくるものです。

眠気が無いのに、あくびが出てくる経験がある方もいると思います。このようなあくびは「緊張」の場合もあります。「緊張しすぎ」を緩めようとして「あくび」が出るといった防衛本能なのです。

高城れに「緊張するとあくび止まらないんですよ」

あくびは極度の緊張状態でも起こる

あくびが出やすいのは、覚醒と睡眠の境界から覚醒に向かうときである[1]。具体的には以下のようなときに起こる。

眠たいとき。 過度に疲れているとき 退屈なとき 極度の緊張状態 寝起き

引用元:Wikipedia

緊張は悪い物ではありません。私たちを守ってくれるものです。生き物が何かに直面した時に「闘うか、それとも、逃げるか」という準備の状態が「緊張」なのです。

つまり、先ほどの話に戻ると、本を読んでいると「あくび」ばかり出てきてまったく読めない状態は「緊張」の場合があり、もしも、その「あくび」が「緊張」によるものなら、自分の無意識が「その本を敵の可能性あり」と判断しているかもしれないのです。本が敵と言えば大袈裟ですが、「その本の価値観は自分には不要ですよー!」という意味なのかもしれないのです。

<<下に続く>>

ですから自分の無意識の声に従って嫌なら読まないほうがいいという事になります。その本を書いた人が、優越コンプレックスがある人の場合で「専門用語を並び立てて、相手が理解できないことで優越感に浸る」ような人の書いた本は、読むと自分にマイナスな影響が来る可能性があるから、それを防衛するために無意識が緊張を作り出して、過剰な緊張を緩めるべく、あくびを作り出している可能性もあるということです。

コンプレックスは傷を核として似た感情を集めて、纏めていく性質があるので、本人が自覚していなくても、周囲の人からの似たような感情を吸収できるように無意識で行う場合があるのです。

例えば劣等コンプレックスが酷い人は、傷を核として劣等感情が纏まりになっています。それらは自動的に劣等感を欲しがります。自分以外の人にも劣等感を抱かせるように無自覚でコミュニケーションを通して劣等感を抱かせるように「それ、ヤバくない?」とか「お前ってブスだよね」「お前よりあいつのほうがまし!」とか、傷を付けて劣等感を持つように仕向けます。その劣等感の感情を吸収します。人の不幸は蜜の味状態という事です。それでコンプレックスは更なる肥大化を遂げるのです。なので、簡単に言えば深刻なコンプレックスある人の話を信じたり、本を読んで共感すると、コンプレックスの影響を受けやすくなるという事です。

ですから、自分の心の声に素直になって、嫌だと感じたら堂々と離れて行く事が大事です。体は正直ですから自分の体の反応と心の声を信じましょう。コンプレックスを抱えている方だとわかったら、自分に余裕があれば相手に呑み込まれず相手に優しくしてあげましょう。コンプレックスの核にあるのは心の傷です。その傷を守ろうと沢山の感情が壁になっているのです。そう、心の”かさぶた”です。傷が癒えれば人は変わります。

関連コンテンツ

「成長」「気づき」「回復」に役立つ教材一覧

デイリーパラダイムシフト
「デイリー(毎日)」「パラダイム(物事の見方、視点。)」「シフト(変える事)」でコミュニケーション能力を向上させる方法。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム
1日15分30日の実践で、吃音(どもり)を改善する方法。
『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
自己肯定感を高め無意識のうちにプラス思考が出来るようになるためのメールトレーニング。
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
必要な「回復のプロセス」を自己学習し、自分を癒して回復させていくための自己学習キット。
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】
モラルハラスメントの被害をあなた自身で解決することが出来る根本解決のための「自立的」な方法。
感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法。
精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ
ドラクエで最初の街から一歩も出られない主人公…。のようになっていませんか?精神的な弱さを改善するシンプルな方法。
あがり症改善プログラム
あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

言葉のイジメに打ち勝って人生を好転させる方法!
つまらない口げんか、心無い言葉で、あなたの心を蝕む相手に左右されない人生を送るための方法。

阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間
1日9分・21日間のトレーニングで恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わる方法。
毎日10分で分かる!アドラー心理学 簡単マスターブック「理解する勇気」
アドラー心理学基礎講座「徹底する勇気」
アドラー心理学 完全理解セット【「理解する勇気」+「徹底する勇気」】音声特典付き
他者の言葉の一言一言にすごく傷つく、人の意見におびえている。あなたが、もしこんな悩みを抱えているなら、アドラー心理学を学んでください。

ハーバード大学医学部の
臨床栄養学部准教授を務めたほどの
実力者である荒木裕さんの教材はこちら。


こちらの教材は常識を変えてしまうほどです。心身ともに生涯、健康的に生きていくために是非学んでいただきたいです。

【荒木式】断糖肉食ダイエット
公式サイトはこちら


【荒木式】高血圧改善プログラム
~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法~
公式サイトはこちら


【荒木式】うつ病改善プログラム
~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
公式サイトはこちら


【荒木式】うつ病改善プログラム
~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~
公式サイトはこちら


【荒木式】糖尿病改善プログラム
~インスリンも薬もやめられた画期的な食事法~
公式サイトはこちら

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント一覧

  • Comments ( 12 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by miu

    コンプレックスって見える部分にある人も居れば、見えない部分にある人も居ますよね。

    実際私も複数のコンプレックスを抱えていますが、克服するのは容易ではありません。

    他に自分とは違うコンプレックスを抱えている方が居れば、長く付き合っていかなくてはいけない苦しみも分かりますから優しくしたいですね。

  2. by ポロマム

    確かにあります。誰も知りあいの居ない場所に行くと私もあくびが頻発します。それは過度の緊張からくるのですね。勉強になりました。ありがとうございます。

  3. by 名無し

    そうですね。嫌だと感じたら離れる勇気も必要ですね。
    つい嫌われたくなくて我慢してましたが、自分の進む道は他にもあるのだから思い切って離れてみます。

  4. by 名無し

    確かに緊張するとあくびがでますよね。
    睡眠不足だけが原因ではないと思います。
    環境の変化もあります。
    敵対心は知りませんでした。

  5. by ユキ

    私もよく眠く無いのに

    よくアクビがよく

    出て理由が

    分からなかったので

    どうしたらアクビが治るか

    分からなかったんてすが

    緊張することで

    アクビが出るんですね

    勉強になりました。

  6. by ナオニャン

    あくびは、眠気か貧血だと思っていたので、記事を読んで驚きました。

    そういえば、緊張する場面であくびが出たこともありましたが、前日から緊張の為寝れなかったので、寝不足の影響で出たのかな、と思っていました。

  7. by れん☆

    そうなんですね。意外でした。
    緊張感がない時に あくびが出ると思っていました。

    私は子供の時、乗り物酔いをよくしていたのですが、酔う前は必ず あくびが止まりませんでした。
    「酔ってしまうかも」って緊張していたのかも知れないですね。

  8. by あゆ

    緊張であくびが出るなんて初めて知りました。よく退屈なときなどに出るナマあくびは何故でるのか?っていうのも気になりました。

  9. by ∞ひめくるみ∞

    本を読むと眠くなります\( ̄0 ̄)/

    伯母がたまに小難しい、専門知識?みたいなん言うけど、
    私はさっぱり(;_;)

    それを、「私が分かるから、あなたもわかるでしょ。」
    みたいになってるし
    (;_;)

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      眠くなる本は読まないほうがいいかもしれませんよ!無意識で嫌だと言っている時に眠くなるので自分の本音がそれ嫌だと言っているのかもしれません。
      逆にどんどん読んでしまうような本を見つけると良いです。

  10. by 名無し

    分からない相手に専門用語を使いながら、その言葉・その笑顔の裏に『あんたは知らないでしょ?こんなことも知らないの?(笑)』といった声が潜んでいます。昔は私も加害者でした。

  11. by 名無し

    なるほどなぁと思いました。
    自分も気をつけよう…。そして、そういう人間とは表面だけの付き合いに留まらせて、まっとうな人を大事にしようと思います。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)