在宅支援をご希望の方へ

イライラすると動物に八つ当たりする子の勘違いの気づき

イライラすると動物に八つ当たりする子(Pちゃん)の勘違いの気づきをご紹介します。こちらは一部内容を伏せていたりします。

また本人の許可も得て誰かわからないよう掲載しています。

 

Pちゃん:私はイライラすると動物をいじめてしまうんです‥そして妄想もしてます

菅原:それは辛いですね。ご自身で理由は分かりますか?

Pちゃん:分かりません。

菅原:まず問題となることが起こりますね。動物をいじめる等。これは誰かからの不条理などを感じ、処理できないことで、発散できる対象に当てていると思われます。納得いかない事などがあり、正しく処理できないことで苦しくなったりします。

Pちゃん:うーん‥

菅原:そうすると、苦しさを何か理由付けして動物などのターゲットのせいにして処理して発散するようになるのです。

Pちゃん:はい。

<<下に続く>>

菅原: そしてPさんが苦しいと感じることの認知(それが何であるかを判断したり)が間違っている場合もあるんですね。
Pちゃん:例えば?
菅原: 例えば本当はプラスに感じても良いはずなのにマイナスに感じてしまっているなどです。
Pちゃん:はい。
菅原: このような認知の歪みがあるので、喜ぶ事が怒りで感じてしまうということなどがよくあるのです。
Pちゃん:はい。
菅原: 情報不足や、知らない事が多いこと、そして妄想をすることで、認知が歪んでしまって勘違いしてしまうこともあるんですね^^
Pちゃん:そうなんですか。
菅原: はい。現実は、原因があり結果がありますが、妄想は原因無関係ですよね^^
菅原: 結果を自由自在に出来ますよね^^
Pちゃん:たしかに好きなようにできるから好きな芸能人とかの妄想してます。
菅原: はい。妄想には理由はいらないのです。理由は根拠のことです。いかがでしょうか?
Pちゃん:わかる。
菅原: ありがとうございます。それで妄想には根拠はいらないのです。
菅原: そうすると根拠がない思考は妄想思考ということになりますよね。
Pちゃん:うん。そうなるね。
菅原: はい。ありがとうございます。それで根拠がないということは、その人が勝手にそう勘違いしている思い込みな場合が多いのです。
菅原: あの人が悪い!と言う人がいたとして、悪い根拠が出せないと言う事は、その人の思い込みで、そう思いたいだけなのですね。
Pちゃん:はい。
菅原: 妄想で世の中、会社成り立つか?と言えば成り立ちません。
菅原: 100にちかいくらい成り立たないのが妄想ですよね。
菅原: 妄想は関与している組織を破壊してしまうのです。
菅原: ここまでは妄想で考えると良くない結果を生み出すのがわかったかと思いますがいかがでしょうか?
Pちゃん:わかる。
菅原: ありがとうございます。妄想思考は認知を歪ませてしまうのです。
菅原: つまり、妄想をしていると認知の歪みになってしまうのです。
菅原: 喜ぶ事をマイナスに感じたら、人生ものすごいストレスですよね;^^
Pちゃん:それじゃ生きてけない。
菅原: そうですよね;^^妄想するとストレスが酷くなる一方なのです。しかし妄想がないと余計につらくなるので、いきなり妄想はいけない!と言っているわけではないのですね。
Pちゃん:それならわかる。
菅原: ですが結果だんだん病んでくることにも繋がりますので、妄想をする人生よりも現実の自分を好きになっていけると良いですよね。
Pちゃん:できれば‥
菅原: 妄想は現実世界にプラスの結果をだしましたか?
Pちゃん:なかったです。
Pちゃん:イメージトレーニングの妄想はいいこと?
菅原: 妄想とは、非合理的かつ訂正不能な思いこみのことを言います。
菅原: 非合理というのは論理や道理に合わないことを言います。
菅原: そうしますと論理や道理に合わないイメージトレーニングになりますので
菅原: やればやるほど、失敗する力が強まるためのイメージトレーニングになってしまうかと思われます。
菅原: ですが根拠のある妄想はプラスです。
菅原: 妄想が認知を歪ませ、歪んだ認知でストレスをふやすということがおわかりいただけたでしょうか?
Pちゃん:なんとなく。
菅原: 妄想はしたいですか?
Pちゃん:やってしまう。
菅原: そうしますと病気になりたい気持ちもあるということでしょうか?
Pちゃん: 病気が楽だと思ってる部分があるから楽したい
菅原: それはどんな楽でしょうか?
Pちゃん: 何もしなくていい状態。好きな時に寝て、ゲームがあって、おいしいものが食べれる感じです
菅原: それでは数か月しか楽でいられないと思うのです。
菅原: 何もしないと筋力が弱まり、精神不安定になり寝たきり状態になる可能性もなくはないかと思うのです。
Pちゃん:うーん‥病気になりたい気持ちもあるかも
菅原: ですが、本当の病気になってしまうと本当の病気は凄く辛いものだと思います。
菅原: 数か月の楽の為に、それ以上の辛い状況になりたいという感じになってしまいませんか?
Pちゃん:あら?そうなるね。なんだろ?
菅原: 早死にはもちろんしたくないですよね?
Pちゃん:したいわけない。
菅原: はい。ですが、Pさんの求めている結果は早死にしやすい道だと思われるのですが、如何でしょうか?
Pちゃん:そうなるけど早死にする事を考えないでいるんだと思う
菅原: 早死にする事を考えないで、早死にしたいという形になっていませんか?
Pちゃん:うん。そうなってしまう。そうじゃないのに
菅原:何か変な感じしませんか?
Pちゃん:矛盾してる
菅原:その通りです^^良く分かりましたね!矛盾してしまっているんですね。その矛盾が苦しい一つの原因でもあるんです^^
菅原:では、そこに気が付いてみましょう^^
Pちゃん:はい(^◇^)
菅原:何もしなくていい状態。好きな時に寝て、ゲームがあって、おいしいものが食べれる
菅原: こういう生活は良い場合もあるんですよ。
Pちゃん:怠けじゃないの?
菅原:いえ怠けの場合もありますしプラスな場合もあります。
菅原: Pさんは暗い人生と明るい元気な人生どっちがいいですか?
Pちゃん:出来れば明るいほうがいい。
菅原: ありがとうございます。Pさんが望むとおり生き生きとして生きたいということをPさんが望んでいるのだと思います。
菅原: 元気よく生きたいですか?
Pちゃん:はい。
菅原: 元気よく、寝たきりになりたいですか?
Pちゃん:は?なんですかそれ(笑)
菅原: 布団の中で明るい人生は如何ですか?
菅原: 元気よくおいしいものを食べたい
菅原: 元気よくゲームしたい
菅原: 元気良く寝る
菅原: 如何でしょうか?
Pちゃん:ゲームやりたいかも?
菅原: その通りです。Pさんはゲームがしたいんでしょうね。しかもそれを悪いことだと思い込んでしまっているのだと思います。
Pちゃん:そう言われてみたらそんな感じ。
菅原: 過去にゲームをすること自体が良くないことをだと勘違いしてしまったのでしょう。
菅原: そのことを言えずずっとためこんで苦しいことにつながっていたと思います。
菅原: 暗い感じで寝たきりでゲームすることが本人にとって良くないですが
菅原: 明るく元気よく生活を充実させゲームすることはとても良い事で素晴らしいことです!
菅原: 明日にでも好きなゲームを買ってやってみたらいかがでしょうか^^
Pちゃん:実は貯金あるんです。働いて貯めてたんで
菅原: 素晴らしいことですね!一生懸命自分の働いたお金で息抜きのゲームをやるのは凄く良いと思いますよ^^
Pちゃん:買ってみます!
菅原: Pさんは過去にあったことから、ゲームをやることを良くないと思い込んでいたのですね。
Pちゃん:確かに‥ゲームをやったら怠け者で悪い人間だと思っていてやりたいのに出来ませんでした
Pちゃん:すっきりしました ありがとう

このような感じで簡単に気づける方もいるのです。
このように気づくことが出来れば思い込みから解放されるので、気づきはやはり大事ですね^^

こういった気づきの結果で動物への八つ当たりは減ってきたのです。

 

ゲームをしたいのに抑圧などにより、ゲームができずにいたことでとても苦しかったでしょう。

Pさんにゲームは良くないことだと間違った認知をさせてしまったことが、罪のない動物が犠牲になってしまうことにつながっているのです。

認知の歪みは修正しなくてはいけない問題です。

 

気づけて良かったです。

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法
これを見た時、僕は思わず興奮してしましました!理由は僕自身、パニック障害、自律神経失調症の根本を探り続けていくことで「蝶形骨」と「脳幹」「大腰筋」へ辿り着いたからです。カラダの歪み、心の歪み、認知の歪み。歪みこそが根の原因であるということ。そしてカラダの歪みの改善。それが脳幹に関係あるから。だから、この方法こそが、今僕が最もおすすめできる改善法です。本気で改善したいと思う人のみお試し下さい。メールサポート1年間たっぷりあります。本気で取り組みましょう! 1年間サポート・全額返金保証付

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    自分より強い者からの圧力によって、自分より弱い者へ嫌がらせをする。人間らしいといえば人間らしいですが、本当に相手が強いのか?又は弱いのか?実は逆だったりするんですよね、これ。

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。