原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

【モラハラ加害者は豹変する場合がある】苦しみの原因を理解することが、癒しになり、自己肯定感を高める方法です。

【モラハラ加害者は豹変する場合がある】苦しみの原因を理解することが、癒しになり、自己肯定感を高める方法です。

「人のせいにするな!」と、言ってくる人がいます。その時に不快な気持ちになる人もいるのではないでしょうか。それは不快になって当然かもしれません。



”せい”は”所為”と書く

まず、「**のせいにする」の「せい」って一体何なのか?ってことですが、漢字にすると「所為」となります。意味は「そうなった理由や原因」と、いう事です。「**のせいにするな!」は「**が原因でそうなったと言うな!」と、いう事です。

納得がいかないこともある

自分が悪いと納得したり、自分の間違いを認めることは大事です。依存心が強かったりすると、人のせいにしてしまいやすいものです。それは納得できる話ですよね。しかし、世の中には攻撃を隠したり、陰湿な手法で相手の精神を追い込んだり搾取したり騙したりする人がいます。そんな人は理解力の無い人や言語化出来ない人を狙って、相手が気づきそうになると「人のせいにするな!」と、明るみに出ないように予め封じ込めて置くときに「人のせいにするな!」と、隠ぺいするのです。ですから、説明は出来ない…。だけど、何か腑に落ちない…。そして不快な気持ちになる。という状態になるパターンもあります。

モラルハラスメント加害者は「人のせいにするな!」を悪用する

賢い支配者やモラルハラスメント加害者は「人のせいにするな!」を悪用するのです。確かに、「人のせいにするな!」と言っている側はしっかりと責任を持って生きているイメージで、逆に「人のせいにするな!」と言われている側は、責任も持てず依存して他力本願で自分の非も認められない馬鹿丸出しのイメージを貼りやすいものです。

モラルハラスメント加害者は豹変する

モラルハラスメント加害者は、賢ければ賢いほど、表面上、良い人です。そして演技も上手ですから「え?まさか?あの人が?そんなわけない」と思いやすいのです。モラルハラスメント加害者は豹変することがありますが、その豹変ぶりを見たら驚くでしょう。一部のモラルハラスメント加害者は、相手の苦しみや不幸が蜜の味というくらい喜び、相手が精神的に追い詰められた際に奇声のような、歓喜の雄たけびとも言うべき声をあげることがあります。誰がそうだったかとは書けませんが、実際に2人きりの時に相手の豹変ぶりを見たことがあります。

そして豹変ぶりを平気で隠す

モラルハラスメント加害者は、この豹変ぶりを隠します。ですので、証拠がない限りこの事を話すと、話したほうが大袈裟だとか、妄想扱いされやすいと言う場合があります。実際に本人の妄想のパターンもあるでしょう。今回の記事は本人の妄想のパターンの話ではありません。

昔の話ですが、モラルハラスメント加害者は、豹変ぶりを隠し、処女の知人女性を木刀で頭を叩きながら脅し、「おっさんとやって金持ってこい」と、テレクラに電話させて行かせました。この女性は涙を流して泣いていました。そして、何度かいくうちに、この賢いモラルハラスメント加害者の女に思い込まされていったのです。「気持ち良かったろ?」「金ももらえて最高だよな?」と恐怖と脅迫と巧みな話術で思い込まされていき、その女性を何度も何度も行かせてお金を奪い取ったのです。繰り返すうちにその女性は自らテレクラに電話して、モラルハラスメント加害者女性の誘導以外でも自分から進んでいくようになっていったのです。

<<下に続く>>

このモラルハラスメント加害者は、わたしは悪い事をしていません。という顔で、このことを知らない人を平気で騙していきます。プレゼント攻撃が得意なので、そういった方法で操っていき周囲を味方につけていきます。都合が悪い相手がいると、その相手のイメージが低下するように周囲をコントロールし、挙句の果てには気づいた人間が被害妄想だと思われるように周囲に思い込ませていきます。そして善人のフリをしながら、ターゲットを見つけて搾取していくのです。

私も過去、散々やられましたが、自己肯定感が低いとターゲットになりやすいのです。私の場合は、小さい頃から自分の命を大事にしてはいけないというような教育をされてきたので、自分よりも他のものを優先させるべきだという価値観が根強くありましたので、そういった自分よりも他を大事にしなければいけないと思わせるのもモラルハラスメント加害者のやり方です。ですから自己肯定感を高めることはとても大事なことですから自己肯定感を高めるトレーニングなどを行いましょう。

やられ方が巧妙だと、人のせいにしてしまう

今まで書いたように賢いモラルハラスメント加害者は、精神的に嫌がらせをしてお金を奪い取って恐怖でコントロールしたりして相手のイメージ操作をし相手を妄想扱いしながら、自分の悪事を隠してちゃっかりと精神的利益や経済的利益を頂いたりするわけですが、賢いほどやり方が巧妙になります。詐欺師です。

ですので引っかかった人は、相手と同等のレベルにまでいかなければ説明が出来ないわけです。ですので説明が出来ない、上手く言語化出来ない、という状態の時に、人のせいにしてしまうのです。漢字にすると「所為」となります。意味は「そうなった理由や原因」と、いう事です。「**のせいにするな!」は「**が原因でそうなったと言うな!」と、いう事です。

つまり、自分がこんなに苦しくなったのは、今は、説明が出来ない、上手く言語化出来ない、だけど、あいつが私を騙したんだ。と言いたいのでしょう。しかし、証拠も出せない、周囲はモラルハラスメント加害者を信じる、悔しくて納得いかない。そういう状態でしょう。

自分に原因があると納得できると簡単

過去の私が、そうでした。何も勉強しないできたので上手く説明も出来る、モラルハラスメント加害者の女にまんまと騙されて転がされて搾取され、怒りを爆発させてしまった所を「よっしゃ!悪役捏造完了♪」という感じで悪者扱いされて集団から長い間悪者扱いされました。そこから勉強して、それを半分は取り返しました。モラルハラスメント加害者女の妄想を暴いたことで周囲半分は納得したのです。そして、最終的には自分に原因があったことがわかったので、離れることが出来たのです。自分に原因があるとわかると簡単なものです。

記事タイトルに書いたように、苦しみの原因を理解することが、癒しになり、自己肯定感を高める方法です。私の場合は苦しみの原因は善人のフリをしたモラルハラスメント加害者に騙される未熟な自分が原因だと理解でき、そこから少しずつ癒されて、自己肯定感が高まって行ったのです。これが自己肯定感を高める方法の一つです。苦しみの原因を理解することが、癒しになり、自己肯定感を高める方法です。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    「本当の癒しとは?」といった内容の記事に以前参加させて頂きましたが、理解することの大切さを改めて考えています。自分で自分を理解してあげないと何も始まらないですね。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      そうですね。自分で自分を理解してあげる事。それが自分を癒すという事です。

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。