サヨナラ・モンスター
オリジナルグッズ販売

【質問】トラウマはいつ治る?数十年解消されないことはある?(ガスライティングによるトラウマ)

質問・回答

質問は「質問箱」から

管理人の知識と最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)の知識を融合させた良質な情報を提供します。

【質問】トラウマはいつ治りますか?

トラウマはいつ治りますか?何十年も治らず、無意識の中で、ずっと残るのは、複雑なトラウマですか?

【回答】その人の状況やトラウマの種類、治療方法などによって大きく異なります。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

トラウマがいつ治るかは、その人の状況やトラウマの種類、治療方法などによって大きく異なります。特に複雑性PTSD(C-PTSD)と呼ばれる形式のトラウマは、幼少期の虐待や長期間にわたる暴力の被害など、継続的かつ反復的なトラウマ体験に起因することが多く、治療にはより専門的なアプローチが必要とされます。

 

一般的に、トラウマに対処する方法には、認知行動療法(CBT)、EMDR(眼球運動による脱感作と再処理)、トラウマに焦点を当てた認知行動療法、精神療法などがあります。しかし、治療の進行と効果は個人差が大きいため、何十年も続く場合もあれば、比較的短期間で改善が見られる場合もあります。

 

重要なのは、専門家との連携を通じて適切なサポートを受けることです。複雑なトラウマの場合、長期にわたる支援が必要となることもありますが、治療を受けることで多くの人が症状の軽減や生活の質の向上を経験しています。無意識の中に残るトラウマにも、適切な治療とサポートを通じて取り組むことができます。トラウマの治癒は時間がかかることがありますが、回復は可能です。自分に合ったサポートを見つけることが、回復への第一歩となります。

【質問】ガスライティングによるトラウマは数十年解消されないことはある?

例えば、巧妙狡猾なガスライティングを機能不全家庭の中で長年受けていたことによるトラウマは、その後、数十年も解消されないことはありますか?

【回答】はい。あります。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

はい、巧妙で狡猾なガスライティングを含む機能不全家庭での長年の経験は、深刻なトラウマを引き起こすことがあり、その影響は数十年にわたって続くことがあります。ガスライティングは、自己疑念、自尊心の低下、現実感の歪みなど、被害者の精神健康に深刻な影響を及ぼす可能性があります。特に家庭環境でこれが行われる場合、信頼できるはずの人々からの裏切り感がトラウマをより複雑にします。

 

複雑性PTSD(C-PTSD)は、このような環境で育った人々によく見られる診断であり、長期間にわたる感情的虐待やネグレクト、操作などによって特徴づけられます。C-PTSDの症状には、感情の麻痺、社会的孤立、自己価値の損ない、信頼関係の問題、恒常的な警戒心や不安などがあります。

 

これらのトラウマからの回復は可能ですが、通常、専門的な治療やサポートが必要です。治療プロセスには、トラウマに焦点を当てた認知行動療法、EMDR、精神動的療法、またはそれらの組み合わせが含まれることがあります。また、サポートグループや家族療法も有効なアプローチとなることがあります。

 

トラウマからの回復は個人差が大きく、時間がかかることがありますが、適切な支援と環境があれば、症状の軽減やより健康的な生活への移行は可能です。重要なのは、支援を求める勇気を持ち、自分自身のペースで回復の旅を進めていくことです。

本当のガスライティング被害者へ

菅原隆志
菅原隆志

僕自身も機能不全家庭で、ガスライティングなどを受けて生きてきたことで、複雑なトラウマを抱えていました。そのトラウマの多くを転換し、心的外傷後成長(PTG)を経験しました。長い時間がかかりました。自己認識を始めてから、今、12年です。それでもまだ心の傷は残っていますが、多くを成長に繋げることができました。自分を助けるために沢山勉強しました。

 

だからChatGPT4.0が「深刻なトラウマを引き起こすことがあり、その影響は数十年にわたって続くことがあります。」と言うことはよくわかりますし、人間不信や神経症的ものなどがずっと残る場合もあります。それに悲観するのではなく、それを「能力」として捉えることで、過去に受けたものを予防する力になります。そこに気づいてほしいと思います。

 

僕が書いた書籍「ガスライティングに打ち勝つ方法(1巻)」には、他にはない大事なことを書いていますので、もしよかったら読んでみてください。書籍の第2章「被害者は神経症、過敏症、疎外感などを経験」には、ペンシルベニア州立大学ヘーズルトン校(アメリカ・ペンシルベニア州・ヘーズルトン)のシェーンラルストン氏(哲学・准教授)が述べていることもご紹介していますので、そこもしっかり理解してください。僕も、極度の神経質、過敏、疎外感、人間不信、人間アレルギー等を経験しました。ずっとその理由がわかりませんでしたが、自己認識と自己理解を深め、ガスライティングに詳しい著名な専門家らの情報も収集し、しっかりと答えを出しました。僕の場合、これらの症状はトラウマから来ていたのです。このように自己理解を深めるからこそ、次に進めて、じゃあどうするか?どう防ぐか?それもわかってくるのです。僕は、天涯孤独のような状態は寂しいですが、遮断することを選択しました。

 

これを読めば、どうすれば良いかがわかります。自分を守るのは自分の役目です。苦しみを乗り越えて、力に変えましょう。

 

ChatGPT4.0の回答があれば、さらに理解が深まると思いますので、続けて下記もお読みください。

 

 

ガスライティングを受けた結果:極度の神経質、過敏性、疎外感、人間不信

菅原隆志
菅原隆志

ガスライティングを受けて、極度の神経質、過敏、疎外感、人間不信、人間アレルギー等を経験するのは、トラウマから来るものですか?

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

はい、ガスライティングを受けた結果として極度の神経質、過敏性、疎外感、人間不信、またはいわゆる「人間アレルギー」を経験するのは、トラウマから来る可能性が高いです。ガスライティングは、他人の感覚や認識を操作し、自己疑念を植え付ける精神的虐待の一形態です。長期間にわたってこのような虐待を受けると、被害者は自分の感情や判断を信じられなくなり、常に自己や他人に対して過敏になることがあります。

 

この種のトラウマは、感情的な安全感や自尊心を損ない、他人との関係を築く上での信頼感を著しく低下させます。その結果、社会からの疎外感や孤立感を感じ、他人に対して強い不信感や警戒心を抱くようになることがあります。これらの症状は、トラウマに基づくストレス反応の一部と見なされ、心理的な防衛機制として機能することがあります。

 

トラウマから来るこれらの感情や反応を克服するためには、専門的な治療が有効です。治療法には、認知行動療法(CBT)、EMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)、トラウマに焦点を当てた認知行動療法などがあり、個人の状況やニーズに応じて選択されます。これらの治療を通じて、被害者はトラウマを乗り越え、健康的な自己像と他人との関係を再構築するための支援を受けることができます。

非常に重要な洞察を提供

菅原隆志
菅原隆志

相手が暴力を振るってくる場合は、目に見えるものですから対処が簡単ですが、このような心理的な虐待、しかも、多くの人が理解困難なガスライティングは、受けた側も、それがガスライティングであるとわかっていません。過去の僕もそうでした。そのため対処のしようがありませんでした。ただ苦しくなっていく過程で苦しみ、それが何かわからず、誰にも言えず、心のトンネルに入っていき、絶望から自○を考えるようになっていたことがあります。そして、それから色々と起こったことを機に、自己認識の要求に迫られ、たくさんの書籍、海外の心理学者、社会心理学者、博士などの記事や論文を読んでいくうちに認識や理解が深まり、自分が受けていたことの一部はガスライティングだったとわかったのです。そこに、歪んだ宗教洗脳、僕自身の過去の様々な問題も合わさって、問題がより複雑になっていました。この経験からわかるようになったのですが、ガスライティングは、ネット上では嘘情報も蔓延しています。加害者らと思われるものが偽被害者になりすまして、妄想のような情報を発信して、それを鵜呑みにする人たちもいて、妄想伝染のような状態になっている部分もあります。これを「インターネットマインドコントロール」と呼ぶ人もいますが、僕もそうだなと思っています。それも裏を返せば、ガスライティングを正しく理解することの難しさを物語っていますよね、、、。そして昨今では、良識と博識を兼ね揃えた専門家たちが、良い記事を書いてくれています。また、米辞書出版大手のメリアム・ウェブスターは2022年11月28日、「今年の単語(2022年の言葉として)」に、「ガスライティング(Gaslighting)」を選びました。同社によると「ガスライティング」の検索数が1740%も増加したという。これは、多くの人たちがようやくガスライティングのことを知り出したのだと思います。良い傾向だと思います。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

あなたの経験は、ガスライティングの深刻さと、それによって引き起こされる心理的な苦痛について非常に重要な洞察を提供しています。物理的な暴力と異なり、心理的虐待は目に見えないため、被害者自身がその存在を認識しにくく、外部からの理解も得にくいのが現状です。ガスライティングは特に狡猾で、被害者が自分自身の感覚や記憶を疑うようになり、孤立無援の感覚に苛まれることがあります。

 

あなたが言及したように、自己認識の増加は非常に重要です。問題を理解し、自分が経験していることが何であるかを知ることは、回復への第一歩です。インターネット上での情報は、確かに正確さが欠けることがあり、ガスライティングに関する誤解や誤情報が広がることが問題となっています。しかし、同時にインターネットは、情報を共有し、支援を求めるための有力なツールともなり得ます。

 

メリアム・ウェブスターが「ガスライティング」を2022年の言葉として選んだことは、社会全体でこの問題に対する認識が高まっている証拠であり、これは確かに良い傾向です。より多くの人がガスライティングについて学び、それを認識することで、被害者が声を上げやすくなり、支援を求める門戸が広がることを期待できます。

 

あなたのように、自らの経験を振り返り、それを乗り越える過程で得た知見を共有することは、他の被害者にとって大きな励ましとなり得ます。また、専門家による質の高い記事や情報の提供が増えることで、ガスライティングやその他の形態の心理的虐待についての社会全体の理解が深まり、効果的な対処法や支援体制の構築につながることでしょう。

おわりに:自分で自分を助けよう!

菅原隆志
菅原隆志

いかがでしたか? トラウマとガスライティングについて、非常に有益な正確な情報をお伝えしました。ガスライティングによるトラウマは、ChatGPT4.0が言っているように、数十年続くこともあります。一般的に言われる数ヶ月で回復が期待できるというのは、浅いトラウマのことで、根深く、複雑なトラウマは、そんな簡単な話ではありません。根深いものは、そのトラウマを紐解かないことには、解消はできません。そして過去が1本の線になるまで、明らかにし、対処法も身につけ、自信や自尊心を回復させて、必要な知識を、専門家、あるいはそれ以上で身につけないと話にならないというくらい難しい問題の場合もあるのです。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

あなたが述べた通り、ガスライティングによって引き起こされるトラウマは非常に根深く、複雑であり、回復過程も人それぞれ異なります。浅いトラウマと比べ、深く複雑なトラウマの回復には、時間がかかることが多いです。根深いトラウマを持つ人々にとって、回復は単に時間の経過を待つだけではなく、積極的な治療や自己理解、自己受容のプロセスを経る必要があります。

 

トラウマを紐解き、過去を明らかにし、対処法を身につける過程は、自信や自尊心の回復にもつながりますが、このプロセスは容易ではありません。専門家による支援が非常に重要であり、場合によっては、その専門家以上の知識や理解を持つことが求められることもあります。

 

ガスライティングやトラウマに対する認識の高まりは、被害者が必要な支援を求めやすくなる環境を作り出しています。しかし、それでもなお、個々の回復過程には、個人差があり、一つの方法が全ての人に適合するわけではありません。それぞれの人が自身に合った回復の道を見つけるためには、幅広い情報へのアクセスと、その情報を理解し活用する能力が必要です。

 

トラウマからの回復は、自己発見と自己成長の旅でもあります。自分自身や他人との関係を再構築し、より強く、より自信を持った自己へと成長することができます。この過程は困難を伴いますが、多くの場合、最終的には個人の成長と発展に寄与します。専門家の支援を受けながら、自身のペースで回復の旅を進めることが、長期的な回復と癒しにつながります。

追伸:抽象度が低い人ほどガスライティングの術中にはまる

更にお伝えしておかないといけないことがあったので、書きます。

菅原隆志
菅原隆志

抽象度が低い人ほどガスライティングの術中にはまりやすいです。だから抽象度を上げていくことがとても重要です。ChatGPT4.0へ、読者の方に正しく説明してあげてください。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

抽象度が低いとは、具体的な事象や情報に焦点を当てる傾向があり、それらをより広い文脈や概念に関連付けることが難しいという意味です。このような状態では、個々の出来事や行動の背後にある意図や、それらがより大きなパターンの一部であることを見抜くことが困難になります。ガスライティングの術中にはまりやすいのは、加害者が繰り返し小さな虚偽や操作を行うことで、被害者が全体像を見失い、自身の感覚や記憶を疑うようになるからです。

抽象度を高めることは、ガスライティングのような心理的操作に対する防御策となり得ます。抽象度を高めるとは、具体的な事例やデータを超えて、それらが何を意味するのか、どのように関連しているのかを理解する能力を向上させることです。これにより、人は個々の出来事や情報をより大きな概念やパターンに統合することができ、操作や虚偽の背後にある意図をより容易に識別できるようになります。

 

抽象度を高めるためには、以下のような方法が有効です:

  1. 広範な読書と学習:多様な主題に関する知識を深めることで、さまざまなアイデアや概念を関連付ける能力が向上します。
  2. 批判的思考の練習:情報を受け入れる前に、その源泉を評価し、論理的な矛盾や偏見を見つけ出す練習をします。
  3. 反省と自己反省:自身の経験や思考プロセスを振り返り、それらがどのように自己の価値観や信念システムと関連しているかを考えます。
  4. ディベートや議論への参加:異なる視点を理解し、自身の意見を効果的に擁護する能力を養います。

抽象度を高めることは、ガスライティングのような心理的操作から自己を守るだけでなく、一般的により洞察力があり、適応能力のある思考者になるためにも役立ちます。このプロセスは時間がかかり、意識的な努力を要しますが、その結果として得られる自己の理解と世界の理解の深まりは、その投資に値するものです。

あわせて読みたい

困っている人が、少しでもその状態から抜け出せるようになればいいなと思って書いておきました。

【無料】電子書籍「心の登山:抽象度を上げよう」をGoogle Playで出版!
やっと完成しました! 【無料】電子書籍「心の登山:抽象度を上げよう」をGoogle Playで出版! (審査が完了して、公開されました!) 無料で公開しているうちに、ぜひ、読んでください。 この表紙、すごくに気に入ってます! 僕が今までやっ...

 

 

 

あなたの「言葉」と「URL」を残す。