「理解する」ということは「深い癒し」に繋がっています。「自己理解」は「自分を癒す」ということ。

「理解する」ということは「深い癒し」に繋がっています。「自己理解」は「自分を癒す」ということ。

理解」は我々の想像を遥かに超える「癒しの力」があります。「その人の人生を理解する」というのは「知恵と勇気」が必要になるもので、とても難しいことです。難しいからこそ真の理解は深い癒しに繋がります。

今日、上記の記事を見つけて読んでみて「理解」の大切さがわかる素晴らしい記事だなと思いました。特に「”親になる前の人生を含めた理解が重要だ”」というフレーズ。

認知症を改善・治すために大切なこと

僕が考えている、認知症を改善・治すために大切なことの1つは「その人が執着している過去を癒す」ということです。つまり、認知症は「その人にとって癒すべき過去があり、その過去に自分でフォーカスしている」状態だと僕は、考えています。なので、上記でご紹介した記事のフレーズの「”親になる前の人生を含めた理解が重要だ”」という部分、これがとても素晴らしいことだと思うのです。

つまり、認知症の人自身が、癒すべき過去を示してくれているのだから、そこに入り込んでいき、心の奥の感情のまとまりを紐解くことを繰り返していけば、認知症はその人の生きる力によって改善していく。と考えています。心の奥のまとまりの核は「傷」です。そこまで到達できる確かな理解こそが癒すのです。

例えば、過去に認知症の人の「物盗られ妄想」について(https://bright-ms.net/post-8219/)の記事で触れましたが、妄想であっても本人なりの言いたいことがあるのです。「物盗られ妄想」は「その人が子供の時に「物を盗られた悲しい思い出」について深い心の傷を癒したいのかもしれないのです。僕も、子供の時に物を盗られ、盗まれた僕が悪者扱いをされるという悲しい記憶があります。そんな僕がもし、認知症になったら、「物盗られ妄想」が出てくるのだと思います。

なので、認知症の人の「物盗られ妄想」にも、その人が「理解してほしい!!」と思っている何かがあるのです。その深い部分まで降りていき、その心の奥のまとまりを紐解いて、更に奥深い、核の部分の「傷」までたどり着く理解があれば、認知症も改善に向かいだすはずです。

本当の理解が人を癒す

どんな行為にも「その人なりの善がある」ということを知る勇気があれば「一歩深まった問題解決」に近づけます。

「理解する」というのは「理(物事の道筋をもって解く」ということ。道筋があるということは「本物(真実)」であり、逆に道筋がないということは「偽物(嘘)」です。

つまり、「本物(真実)」で解き明かすことが、結果として「真の癒しに繋がる」ということなのです。

どんな過去も意味がある大切な過去

その人の過去のどんな悪事も、どんなに蓋をしたい過去も消して否定せず、1本の道筋をもって解き明かすことで、その人は1つの苦しみから解放されることがあるのです。

すべては「その人の成長において意味があることであり、決して無駄なことはなかった」と分かればどんな過去でも受け入れることが出来ます。

過去を受け入れることが出来れば、今を強く生きれます。

過去があるから今がある。

過去を認めて受け入れるということは、今を生きるということでもあるのです。

自分がどんなに葬り去りたいと思った過去でも、その時の自分にとって精一杯のことだったはずです。

大事なのは、自分(自分の過去も含め)を自分が認めて理解してあげることです。

自己理解」は「自分を癒す」ということ。

僕自身、「サヨナラ・モンスター」で自己理解を深めました。自分でも気が付いていなかった心の深い部分の傷をえぐって、その中にあるものをほじくりました。

これは痛みを伴いますが、自己理解が深まったので、確かに癒されました。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)