「言葉で心が傷つくなんて弱い奴だな!」という勘違い

12272 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
「言葉で心が傷つくなんて弱い奴だな!」という勘違い

心が傷ついている人に対して「言葉くらいで傷つくなんて弱い奴だな!」という「弱い」という部分の言葉の意味を勘違いされている方もいますが、 これは勘違いの認知の歪みなので修正するとより良い自分になることが出来ます。

「言葉で心が傷つく。」 これは人であれば当たり前のことなのです。 言葉は人間が話したり書いたりする事での「情報伝達手段」となるものです。 解釈の結果 そして言葉を相手に伝えると、それを相手は解釈し、解釈の結果の感情が無意識内に生成されます。 人の心には無意識がありますから、解釈の結果のマイナス感情が無意識に生成されれば当然マイナスの感情になります。

そして、その生成されたマイナスの感情で傷がついてしまうのは当たり前のシステムです。

では何故、心に傷がつきやすい人がいるか? 心の傷がつきやすいということは、大きくわけると二通りに分かれます。 一つは自分の解釈の仕方が歪んでいるため、マイナスに捉えなくても良いのにマイナスに捉えるので不必要にマイナス感情を生成する場合。

二つ目は、本人は素直で解釈の仕方があまり歪んでいないが、周囲に歪んだ解釈の人が多いことで、正しいことを意味もなく否定され傷つけられる場合。

二つ目のほうは、試練と言う言葉を使うのなら試練の難易度が高い場合です。 心に傷がつきやすいと言うことは、相手の言葉からの情報伝達を自分の無意識に容易に侵入させていることも原因の一つです。

言い換えれば、心が傷つきやすい人はセキュリティソフト無しのパソコンでウイルスだらけのサイトを閲覧しまくっている状態です。

「セキュリティソフト無しのパソコン」=「自分の心の管理者として管理できていない」=「自分を信じられていない」

何故、セキュリティソフト無しのパソコン状態なのか?

<<下に続く>>

それは、素直で純粋が良いことだと思い込んでいるからの場合もあります。 確かに素直で純粋な方は素晴らしいと思いますし良いことです。 しかし、ウイルスだらけの無数のサイトをセキュリティソフトなしで閲覧することは、言葉は悪いですがバカだと言われても仕方ない事にもなります。

つまり、世の中には、良いこともあれば悪いこともある。それは変えようのない事実です。そんな悪いこともある世の中で無防備で素直で純粋でい続ければ?当然食い物にされてしまう可能性は高いです。

ですので、私たちは解釈の仕方の部分に強力なセキュリティソフトを入れる(自分が心の管理者として成長する)必要があるのです。 そうすることで外部からのマイナス感情生成による情報伝達は防ぐことができます。

何故なら、自分が成長して自分の心の管理者として成長するということは「責任」を持てるようになってくるからです。責任とは「正しく反応する能力」のことですので、正しく反応が出来るようになればなるほど、解釈も「自分が傷つかない解釈」が出来るようになるのです。

その為に大事なことは、認知の歪みの修正と、自己肯定感を高めることです。 認知の歪みが修正されれば、ウイルスだらけのサイト(餌で釣り上げる人間関係との縁の意味)は見る必要が減り、 自己肯定感が高くなると、自分から餌で釣り上げる人間関係にくっついていかないので、危険性も減ります。

「心が傷つくなんて弱い!」ではなく、心が傷つくのは当たり前の場合もあるので、傷つかないように解釈の仕方の部分に強力なセキュリティソフトを入れる(自分が心の管理者として成長する)と良いのです。

「弱い=馬鹿にされた」ではないのです。「 弱い=セキュリティソフトが弱い」

こんな感じです。

「言葉で心が傷つくなんて弱い奴だな!」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「言葉で心が傷つくなんてセキュリティソフトが弱いな!」

と、自分の成長のキッカケとなることを教えてくれているありがたい言葉の場合もあるのです(#^^#)

認知の歪みを修正して、自己肯定感を高めて、自分軸で生きていくことが大切です。

 

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. セキュリティソフトが弱いと、確かに危ないですね。こんなご時世ですから。
    それを、教えてくれるなんて素晴らしい仲間になれそうです。
    居ないじゃないですか、自分の弱さや悪さを指摘してくれる友達って。
    私には居ません。
    だから、言葉で傷つくなんて弱いな!と言われたら弱いんです!だから友達になって!と握手を求めたら本当に腹わって話せる友達ができるんだろうなと心が軽くなりました。

  2. ∞ひめくるみ∞

    言霊って有るんですね。

    言葉の力は、暴力より怖い。

    暴力もイランよ。

    でも、言葉の力は、
    なんだろう?

    『バカ』
    『デブ』
    って言われるのと、

    頭を小突かれるのやと、『デブ』って言われる方が、ダメージでかいわ。

  3. PR文読ませてもらいました。考えさせられますね。決して他人事ではないので…。

  4. 言葉には魂が宿ると言われるし、表面上受け流していても心無い事を言われると心の水面下に泥が溜まっていってしまうイメージがあります。だからそれを掻き出す力を身に付けたいです。

  5. 本当にその通りだと思います。
    まさに!心のソフトにウイルスバスターをいれないと!わたしは母から素直が素晴らしいと言って育てられ、それを信じてやみませんでした。大人ニキビなるに連れバカにされることが気になるようになり、この答えをなんとなく導いていましたが、ハッキリとしました。それがなかなか難しいけど頑張ってはいます!ありがとうございます

    • そうなんですよ!ウイルスバスター、ノートン、カスペルスキー、Gデータ、好きなのを入れたほうがいいんです(笑)
      答えがハッキリしてきたとのことで良かったです!
      難しいことですが、何よりも自分を大事に。そして素直でも優しくなくてもいい時もあるということを大事に頑張ってくださいね^^

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)