普通でいる勇気が大切!苦労したことの1つは「普通」を手に入れることだった!

(一部不快に感じるかもしれない表現がありますのでご注意下さい。)

僕は、子供の時から、ずっと心が苦しかった。

その苦しみから一時的に逃れることが出来た時期がある。
それが、子供の時の「薬物依存」と「良心を感じないようにした」時期です。

世間では、「酷い奴だ」と悪人扱いされる立場になること、
これでしか、苦しみから逃れることが出来なかったのです。
(子供だから知らなかった)

そして、物心ついた頃から、変な環境に居たから、
「重要フラグ(自分にとって重要な目印など)」がおかしくなっていた。

例えば、家庭では、
1秒でも時間に遅れる」=「骨をへし折る」と言われていたので、
子供だった時の僕にとっては、
「時間に遅れる」=「命に関わる可能性があるほど重要」だったのです。

これがまた心の面白いところで、
愛情をもらう期間にされた重要なこと」を
愛情と関係のあるもの」と無意識のうちに関連づけるのです。

今の僕は、とてもまじめで、
田舎でひっそり暮らしていて悪い関りも一切ないのですけど、
子供の頃、自分の居場所が無くて、道をなんだか間違えてしまい、
暴走族に入っていたことがあるのですが、

そこでは、危険なこともありました。
僕は関係ないのですが、半年の間に2名が殺人で亡くなり、
事故で無くなった人もいました。

笑ったまま人の脚を金属バットでへし折る人、車で人を撥ねる人、子供の時にこういう環境に居ることしか出来ませんでした。

こんな人もいました。

そして、
「時間に遅れる」=「内臓破裂するまで暴力を振るわれる可能性がある」ということが、
時と場合によっては起こる環境でした。実際にこの暴力事件も起こっていました。

つまり、、、

僕は愛情をもらうはずだった時に、
親から「1秒でも時間に遅れる」=「骨をへし折る」と言われていた。

僕にとっては、これが愛情に関することだとご認識されたいたのでしょう。
(無意識レベルで)

親の愛情は暴力的な場所にある…、
そういったご認識が無意識レベルで起こっていたのだと思います。

親から虐待されて育った人が、
親と似たような人を選んで暴力を振るわれて再現するのと似ています。

だから、自然と、親と似たような、
「時間に遅れる」=「内臓破裂するまで暴力を振るわれる可能性がある環境」に近づいていたのだと思います。

前記した、

これがまた心の面白いところで、
愛情をもらう期間にされた重要なこと」を
愛情と関係のあるもの」と無意識のうちに関連づけるのです。

こういうことです。

これが潜在意識(無意識)にある認識なので、
これを変えるまで似たようなことが続くのです。

そして、そこでは、
1秒でも時間に遅れる」=「骨をへし折る
1秒でも時間に遅れる」=「内臓破裂するまで暴力を振るわれる
なので、当然、「1秒でも時間に遅れる」は「最重要フラグ」となるのです。

これも僕の中では「ダメ」になっていて、
最初は自分ではわかっていなかったけど、恐怖や緊張に繋がっているものでした。

なので、これ関連したことも「重要」なことだと、
心は無意識のうちに判断しちゃう。当然、防衛のために。

だけど、これはこういった環境で育っていない一般的な人たちの中では「過剰反応」と感じることだから、
そのズレを修正するのは本当に難しかった。今でもまだまだ歪んだ認識が残っています。

苦労したことの1つは「普通」を手に入れることだったのです。

「普通」は「悪」
「普通」は「無価値」
「普通」は「ゴミ」

こういった、染みついたものを変えるのは本当に難しかった。
その過程で、何度も感情の解放を行なった。

一般的な人たちの中では、
「時間に遅れる」=「ま、いっか」と思えることもあると思います。

だけど、僕が育った環境にはそれがなく、
叩きこまれた価値観は、三つ子の魂百までというように、
百歳まで続くかのような強い力だった。

だけど、良い変化は起こった。
「サヨナラ・モンスター」の方法も変化した理由の1つですが、
それ以外に、「普通」の良さを教えてくれた存在の1つ、それが飼っている猫です。

もう少しで処分されるところだった黒猫を保健所から引き取ってきました。
もう8歳になります。

見れば見るほど、
ネコは感情豊かで、嘘もつかないし、優しさもあるし、毎日呑気に、自分らしく生きている。
そして1つ1つの小さなことに興味津々で、普通を楽しんでいる。

僕が持っていなかったこと、知らなかったことを、持っていたし、知っていた。

だから、大切なことは、
心理学三大巨頭の1人アドラーも言っているように「普通でいる勇気」なのだと思う。

そして、嘘のつかない動物たちをよく観察することです。
よく見れば、素晴らしい部分が見えてきますので。

僕は、

特別になれ、特別になれ、特別になれ、特別になれ、特別になれ、特別になれ、
こう育てられた。(今は区別して、親に感謝しています)

そして、普通を毛嫌いし、人と違うことをしてみた。
だけど、苦しくなっていくだけだった。

そして、過去よりは普通の素晴らしさがわかってきた。
その分だけ、心は軽くなっている。

なので、心理学三大巨頭の1人アドラーは嘘つきではない…、
今は、そう思っています。

追記、

「特別」って、誰か(他人)にとって都合が良いものなんです。
本当の自分からかけ離れてしまうものです。

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)

最新情報をチェックしよう!