何と! 遂に僕にも、Amazonから【Prime会員向け購読プログラム「Prime Reading」へのご招待】メールが届きました!

何と! 遂に僕にも、Amazonから【Prime会員向け購読プログラム「Prime Reading」へのご招待】メールが届きました!

大変嬉しいことに、先日、Amazonから【Prime会員向け購読プログラム「Prime Reading」へのご招待】メールが届きました!!

これを簡単に説明しますと、、、「Amazonが僕の本を積極的に宣伝してくれる」ということです。つまり、このPrime Reading(プライムリーディング)に招待されるということは、招待された電子書籍を、Amazon全体で積極的に宣伝をしてくれて、更に(今まで以上に)多くの方に電子書籍を見てもらえる機会をいただけ、且つ、Amazonから掲載の対価も受け取れるということなります。更に、招待されて掲載されている間も、Prime Reading(プライムリーディング)外でのロイヤリティは受け取れるという。詳しいことは省略しますが、これはどう考えても、KDPの著者にとって願っても無い最大のメリットと言えるでしょう。

勿論、参加することにしました。招待コードを入力し、参加申請をしました。

掲載されるか、まだ確定ではありませんが、掲載が決まったらメールが届くとのことです。

 

Kindle Unlimitedの場合は、、、

画像出典:(https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/hz/subscribe/ku

2021年8月現在、Kindle Unlimitedでは、上記画像に記載の通り、200万冊以上【和書(書籍、マンガ、雑誌)と洋書】が読み放題の対象になっています。そして、今回Amazonから招待をいただいたPrime Reading(プライムリーディング)ですが、1000冊以上と記載がありました。

画像出典:(https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/hz/bookshelf/prime/

画像出典(https://www.google.com/search?q=

Kindle Unlimitedの場合、和書は12万冊以上。Prime Reading(プライムリーディング)は殆どが和書だと思いますので、要は、12万冊(120000)の中から厳選された1000冊以上、それがPrime Reading(プライムリーディング)だと思います。

今回、招待された本は、「女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の1月号(12月25発行 表紙:中村アン)巻頭特集「2021年版~開運・占い~」にて、紹介された「自己肯定感を高める方法」です。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の1月号(12月25発行 表紙:中村アン)巻頭特集「2021年版~開運・占い~」にて、幸せの種「気づき」と「自己肯定感を高める方法(Amazonで出版している本)」が紹介されました!

この方法は、とても良い方法です。自己肯定感を高めるために大切な、根源的なことをお伝えしています。Prime Reading(プライムリーディング)会員の方は、掲載されたら是非読んでみてください! 無料で読めます。

このような機会を与えていただき、Amazonさんには感謝です!

 

追記:

掲載(Prime Readingへの登録)が決定しました!

自己肯定感を高める方法(Kindle本)がAmazon.co.jpの「Prime Readingプログラムの対象本」として登録!

 

 

この記事のレビューを書く!
(レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします)

There are no reviews yet. Be the first one to write one.

この記事のレビュー

たしかに

Rated 5 out of 5
2021年11月28日

たしかに親は自分なかで特別だった
だからゆるせないのか

ひろ

No Title

Rated 5 out of 5
2021年11月28日
通りすがり

親に対する恨みを消すことは大事

Rated 4 out of 5
2021年11月28日

自分らしく生きてくためにも大事なことだから
すごく大切なことと思った

やす

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)