褒められるのが苦手、褒められるのが怖い、褒められるのが嫌い。そんなあなたは1度自分に向き合ってみたら如何でしょうか。

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨
褒められるのが苦手、褒められるのが怖い、褒められるのが嫌い。そんなあなたは1度自分に向き合ってみたら如何でしょうか。

褒められるのが苦手、褒められるのが怖い、褒められるのが嫌い。こう感じる人は自己肯定感が低い人に多いです。そして、自己肯定感を高めるには褒められたら素直に受け入れることも良い…と言うけど「受け入れられない…」と悩む方もいます。

実際に僕自身も、褒められるのが苦手だったし、怖い時もあったし、嫌いだった時もあります。なので気持ちは分かるつもりですが、自己肯定感を高めるには褒められたら素直に受け入れることもいいと言うけど、受け入れられないから辛いんですよね。

ここで僕がやったことで良かった事は「自分に向き合ってみた」ことです。自分に向き合って「どうして自分は褒められるのが苦手で怖くて嫌いだったのか?」そこを徹底して向き合いました。

すると、「褒められる」=「騙す手口」のイメージが強かったのです。実際に、僕の場合は家族が「褒める」=「騙す手口」として使っていたので苦手になって当然だったのです。

アドラー心理学では「褒めることは支配になる」と言います。

アドラー心理学では褒めることや叱ることは「支配になる」からダメだと言われています。

<<下に続く>>

褒められるのが苦手で怖くて嫌いな人は「まだ気づいていない心の支配」を無意識のうちに嫌がっていたのかもしれません。僕はそうでした。そして自分でも気づいていない支配に気づき少しずつ支配を解いていきました。そして本当の自分を大切にするようにしていきました。それからは、自分がなぜ「褒められること」が嫌いで怖く苦手だったのかもわかってきました。

僕は「自分でも気づいていない支配」が怖かったのです。本当の自分の気持ちがわかってからは「褒め言葉」を表面上は受け取るけど「全てを受け取ること」はしなくなりました。そうすることで支配されにくくなるのです。過去は「褒め言葉」を鵜呑みにしてしまったのです。だから支配されたのです。そして理由もよくわからない苦しみになっていったのです。

褒められるのが苦手、褒められるのが怖い、褒められるのが嫌い。と悩んでいるあなたはこのように自分と1度徹底して向き合ってみたら答えが見つかるかもしれません。

そして、その上で自分に自信を持てるようになりたいと思う人は「SHIP」を試してみてはいかがでしょうか。SHIPは自分に自信をつけるために効果的で、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

関連コンテンツ

続きをメール購読

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)