あなたは自分の空間的縄張りのパーソナルスペースを守っていますか?他人に近付かれると不愉快・不快に感じる空間を大切に!

あなたは自分の空間的縄張りのパーソナルスペースを守っていますか?他人に近付かれると不愉快・不快に感じる空間を大切に!

パーソナルスペースとは、誰もが持っている見えない「空間的な縄張り」のことで、アメリカの文化人類学者のエドワード・ホールによると、パーソナルスペースは大きく分けて4つのゾーンに分けられるとされている。このパーソナルスペースは「他人に近付かれると不快に感じる空間」のこと。個人の性格、対象者、文化、民族などによって差があるとされ、一般的には女性より男性のほうがパーソナルスペースは広いとされている。

親密な関係の相手になればなるほどパーソナルスペースは狭くなり、近づかれても不快感を感じないが、敵だと感じている相手に対してはパーソナルスペースは広くなるとされている。

このパーソナルスペースは特徴として男性は広いが女性は狭い傾向があります。そして異性の間では歓迎されやすい男女の恋愛空間とも言われているのです。同性の他人がパーソナルスペースに侵入してくると嫌悪感が出てしまいます。

また、相手のパーソナルスペースに入ることは男女の恋愛関係を進展させることにも繋がることもあるのです。

パーソナルスペースの距離

親しい人に許される密接な距離
・近接相(0~15cm)抱きしめられたり、相手の体臭や体の温かさを感じる距離
・遠方相(15~45cm)手が相手に届く距離

相手の表情が読みとれる距離
・近接相(45~75cm)手を伸ばせば相手を捕まえられる距離
・遠方相(75~120cm)お互いが手を伸ばせば指先が触れあうことが可能な距離

簡単に会話ができる社会距離
・近接相(1.2~2m)相手に触れることが出来ない商談をするような場合の距離
・遠方相(2~3.5m)表情がはっきり見えない全体を見るような距離

複数の相手が見渡せる公衆距離
・近接相(3.5~7m)個人的なものではなく、相手の様子がよくわからない距離
・遠方相(7m以上)身振りや手振りでコミュニケーションが行いやすい距離

パーソナルスペースの男女の違い

異性に対しては歓迎されやすい男女の恋愛空間とも呼ばれるパーソナルスペースは異性に対して興味を持つ境界線とも言えます。相手のパーソナルスペースに入ることは男女の恋愛を進展させることにも繋がるのです。
パーソナルスペース
この図のように男女ではパーソナルスペースの大きさや形が違います。
女性のほうがパーソナルスペースは小さい事が多いので、女性と普通に会話をしていても、男性は『こんなに近づいているということは俺の事が好きなのかも?』と勘違いをすることが多いのですが、これは元々のパーソナルスペース大きさや形の違いが関係あると理解しておきましょう。
パーソナルスペース
このように向かい合っていると女性は男性のパーソナルスペースに入っている場合、女性からしてみると何でもない距離です。しかし男性からすると女性が気になってしまう距離です。このテクニックを恋愛に利用すれば男性に気になってしまう状態を作りつつ、女性は冷静でいるという状態になりやすくなります。
女性が前方から男性のパーソナルスペースに侵入し男性に意識をさせてから、下の図のように横や後ろから近づくとより効果的です。
パーソナルスペース
このように男性と女性が横に並んでいる時に男性は女性のパーソナルスペースに入っている場合があり、女性は男性が気になってしまう距離です。逆に男性は気になりません。男性は目の前のパーソナルスペースが広く、横や後ろは狭いという特徴があります。パーソナルスペースの性質上、相手の横に並ぶことで会話にも警戒心が薄れ、親近感が増しやすくなるのです。

男性が気になるけど女性からしてみると何でもない距離を見つけたら、その距離に近づいたり離れたりを繰り返すことで相手に興味を持たすことが出来るのでプラスに活用して恋愛に使えそうです。

また、あなたは自分のパーソナルスペースを守っていますか?

人を支配しコントロールしようとする人は、まずパーソナルスペースに無断で侵入し、会話を通し無意識に刷り込みを行おうとします。

あなたはパーソナルスペースに侵入されていませんか?

パーソナルスペースへの不法侵入に気づくこともプラスです。最初にお伝えしたように、パーソナルスペースは「他人に近付かれると不快に感じる空間」のことです。あなたが「不快」に感じる感情を大切にして、自分の感情に素直に従うことが大切です。

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

このブログ全体の総合評価

4.4
Rated 4.4 out of 5
星5つのうち4.4 128件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)57%
星4つ(投稿者の主観:良い)28%
星3つ(投稿者の主観:普通)10%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)3%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)2%

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。