あなたは自分の空間的縄張りのパーソナルスペースを守っていますか?他人に近付かれると不愉快・不快に感じる空間を大切に!

59291 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

あなたは自分の空間的縄張りのパーソナルスペースを守っていますか?他人に近付かれると不愉快・不快に感じる空間を大切に!

パーソナルスペースとは、誰もが持っている見えない「空間的な縄張り」のことで、アメリカの文化人類学者のエドワード・ホールによると、パーソナルスペースは大きく分けて4つのゾーンに分けられるとされている。このパーソナルスペースは「他人に近付かれると不快に感じる空間」のこと。個人の性格、対象者、文化、民族などによって差があるとされ、一般的には女性より男性のほうがパーソナルスペースは広いとされている。

親密な関係の相手になればなるほどパーソナルスペースは狭くなり、近づかれても不快感を感じないが、敵だと感じている相手に対してはパーソナルスペースは広くなるとされている。

このパーソナルスペースは特徴として男性は広いが女性は狭い傾向があります。そして異性の間では歓迎されやすい男女の恋愛空間とも言われているのです。同性の他人がパーソナルスペースに侵入してくると嫌悪感が出てしまいます。

また、相手のパーソナルスペースに入ることは男女の恋愛関係を進展させることにも繋がることもあるのです。

パーソナルスペースの距離

親しい人に許される密接な距離
・近接相(0~15cm)抱きしめられたり、相手の体臭や体の温かさを感じる距離
・遠方相(15~45cm)手が相手に届く距離

相手の表情が読みとれる距離
・近接相(45~75cm)手を伸ばせば相手を捕まえられる距離
・遠方相(75~120cm)お互いが手を伸ばせば指先が触れあうことが可能な距離

簡単に会話ができる社会距離
・近接相(1.2~2m)相手に触れることが出来ない商談をするような場合の距離
・遠方相(2~3.5m)表情がはっきり見えない全体を見るような距離

複数の相手が見渡せる公衆距離
・近接相(3.5~7m)個人的なものではなく、相手の様子がよくわからない距離
・遠方相(7m以上)身振りや手振りでコミュニケーションが行いやすい距離

<<下に続く>>

パーソナルスペースの男女の違い

異性に対しては歓迎されやすい男女の恋愛空間とも呼ばれるパーソナルスペースは異性に対して興味を持つ境界線とも言えます。相手のパーソナルスペースに入ることは男女の恋愛を進展させることにも繋がるのです。
パーソナルスペース
この図のように男女ではパーソナルスペースの大きさや形が違います。
女性のほうがパーソナルスペースは小さい事が多いので、女性と普通に会話をしていても、男性は『こんなに近づいているということは俺の事が好きなのかも?』と勘違いをすることが多いのですが、これは元々のパーソナルスペース大きさや形の違いが関係あると理解しておきましょう。
パーソナルスペース
このように向かい合っていると女性は男性のパーソナルスペースに入っている場合、女性からしてみると何でもない距離です。しかし男性からすると女性が気になってしまう距離です。このテクニックを恋愛に利用すれば男性に気になってしまう状態を作りつつ、女性は冷静でいるという状態になりやすくなります。
女性が前方から男性のパーソナルスペースに侵入し男性に意識をさせてから、下の図のように横や後ろから近づくとより効果的です。
パーソナルスペース
このように男性と女性が横に並んでいる時に男性は女性のパーソナルスペースに入っている場合があり、女性は男性が気になってしまう距離です。逆に男性は気になりません。男性は目の前のパーソナルスペースが広く、横や後ろは狭いという特徴があります。パーソナルスペースの性質上、相手の横に並ぶことで会話にも警戒心が薄れ、親近感が増しやすくなるのです。

男性が気になるけど女性からしてみると何でもない距離を見つけたら、その距離に近づいたり離れたりを繰り返すことで相手に興味を持たすことが出来るのでプラスに活用して恋愛に使えそうです。

また、あなたは自分のパーソナルスペースを守っていますか?

人を支配しコントロールしようとする人は、まずパーソナルスペースに無断で侵入し、会話を通し無意識に刷り込みを行おうとします。

あなたはパーソナルスペースに侵入されていませんか?

パーソナルスペースへの不法侵入に気づくこともプラスです。最初にお伝えしたように、パーソナルスペースは「他人に近付かれると不快に感じる空間」のことです。あなたが「不快」に感じる感情を大切にして、自分の感情に素直に従うことが大切です。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 12 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 思い当たる節があります。「ここから俺の陣地〜」的な遊びが不快だった事や、ただの友達に勝手に腕を組まれてイラついた事。
    当時は意味の分からなかった感情も、ちゃんと理屈で裏付け出来るんですね。

  2. 不意にパーソナルスペースに入ってしまうと相手は嫌がりますね。

  3. 仕事や性格のせいかあまり気になりませんでしたが、パーソナルスペースと言う言葉を初めて耳にしました。恋愛等で試してみたいです。参考になりました。

  4. パーソナルスペースは大事ですね。確かに上手いことつかいたいです。

  5. 好きな男性に使ってみたいです。試してみます。

  6. 『パーソナルスペース』その言葉で縄張りの事だとわかりました。自分の一番居心地の良い所を生きていくなかで見つけるべきだと私は思います。また自分の潜在能力を一番発揮出来る場所、自分をいかせる場所を見つけていくべきだと私は思います。それは日本な限らず海外であるかもわかりません。

    • 自分の潜在能力を一番発揮出来る場所、自分をいかせる場所を見つけていくべき。

      本当にその通りだと思います。

      それを見つけることが素晴らしい第一歩ですね^^

      頑張ってください!

  7. パーソナルスペースを守る事って大事ですよね。
    昔何かの本で、私物を勝手に触る事もパーソナルスペースを侵してる事になると書いてあるのを見付けました。
    たまに私物を勝手に触ったり、荒らす人が居て、
    その行為ドン引き&パーソナルスペースを荒らされた!!!と不愉快な気持ちになるのですが、なんと断っていいのか分からず、我慢してしまう自分がいます。
    そうすると、相手は図に乗り、また人の私物を勝手に触ったり、あれこれと指図してきたり、無駄に近付いてくるんです。
    この記事を読んで、改めてパーソナルスペースを守る事の大切さを実感しました。
    自分を守る為にもパーソナルスペースをきちんと守りたいと思います。

    • そうですね。

      パーソナルスペースに侵入することで相手の無意識に刷り込みや、自尊心を傷つけることがやりやすくなるので、まずパーソナルスペースに侵入することを目的としているので、侵入させないが大事です。

      自分が離れて侵入させないことも大事ですし、出来るだけ私物を触られないようにしておくことも必要だと思います。

  8. あまり気にした事がありませんでしたが、読んでみてそういえば、頷ける点があると
    思いました( ・∇・)

  9. メグミ(二児のママ)

    男性と女性とでパーソナルスペースの距離感が違ったり、物事によってのパーソナルスペースにも違いや意味があるのを知って勉強になりました。

  10. 苦手だなと思う人を見掛けたら先ずその人に近づかないし会社の上司だろうが知り合いだろうが距離をおいたり関わらないようにするのでパーソナルスペースに侵入されるような事はないと思いますが支配やコントロールされる事のないように付けようと思いました。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)