逃げることは悪いこと!?いいえ、逃げる勇気を持つことは自分を大切にすること!

NO IMAGE
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。


「逃げるな!ダメになる!」は支配者自身の価値観

他人を支配しようとしている支配者が「逃げるな!ダメになる!」などと支配者自身の価値観などを身勝手に押し付けていることがあります。支配者自身が「逃げる勇気がない自分と向き合わない」から、他人を自分の地獄(支配者の世界)に引きずり込もうとして逃がさないようにして足を引っ張るのです。

他人に押し付けることは異常なこと

これがどれだけ気持ち悪いことか。例えば、家でゲームドラクエをしている。そして敵が出現して「戦う」「逃げる」から「逃げる」を選択。すると他人が土足で家に上がり込んできて「逃げてはいけない!ダメになる!」などと勝手なことを押し付けてくる。これは異常者以外の何者でもない。

逃げるからこそ本当の自分の道を歩ける

逃げるからこそ本当の自分の道を歩けるようになるのです。人生の選択全てが「戦う」では無理なのです。「戦う」「逃げる」「防ぐ」などをバランスよく使って自分探しをするのです。人は「本当の自分の人生」を歩めるようになると、心の中の小さな自分のために自然と戦い出す時が来るのです。

つまり、「支配者に洗脳された人生」から徹底して「逃げる」ことが大切なのです。その「逃げ」=「本当の自分に近づく」ということですから。だから「逃げる勇気」が大切なのです。支配者に飼いならされて、洗脳されている状態から逃げるということが「心の中の小さな自分を救う」ということです。

あなたが逃げているのに追い掛けてくる者は、あなたが不法行為をしていないのならば、押しかけてくる者は「ストーカー」の可能性が高いのです。この「ストーカー支配者」からは、堂々と逃げましょう。そして本当の自分の感情を1つ1つ取り戻していきましょう。少しずつ大切な感情が蘇ってきます。

支配者が仕掛ける「罠」の場合もある。知らず知らず他人の奴隷に

「嫌なことから逃げるな!」という言葉は、支配者が仕掛ける「罠」の場合もあるのです。「嫌なこと」=「実は、本当の自分の人生に必要ないこと(他人の道具になること)」の場合もある。つまり、嫌なことから逃げないことで知らず知らずのうちに他人の奴隷になってしまっていることもあるのです。

「逃げるな」と言う支配者のマッチポンプ

「逃げない選択」→「ますます病む」、そして支配者に「逃げたからだ!」と言われ「ますます逃げないようにする」…。けど本当の自分の道ではないからまた逃げてしまう。ますます「逃げたからだ!」と支配者に言われ、心が病んでうつになる。うつが悪化。支配者が「ほらな!逃げていたからだ」と納得。

「嫌なことから逃げるな」と押し付けてくる支配者は「マッチポンプ加害者」の場合もあるのです。マッチポンプというのは身近ら問題を作ってそれを解決する自作自演で、親切の押し売りをするメサイアコンプレックスの人が仕掛けてくることがあり、この相手と依存関係になるとダメ人間へと誘導されます。

支配者が「嫌なことから逃げるな」と言うのは「他人の奴隷になる道」の場合もありますから、当然、心から楽しく生きれません。つまり病む。そして、支配者が「ほらな!逃げていたからだ」と勝手に納得。支配者の「相手をダメのするシナリオ通り」に誘導されているのです。だから「逃げる勇気」が大切。

早稲田大学名誉教授、加藤諦三さんの「モラル・ハラスメントの心理構造」には、「マッチポンプ」という言葉が「9回」出てきます。「モラル・ハラスメント」と「マッチポンプ」には深い関係があるのです。

僕はこのような支配者から支配された経験があるので、こういった情報発信をしていくことも大事だと思っています。このような核心に触れる情報を発信すると過去にあったように知識があるモラル・ハラスメント加害者から「嫌がらせ」を受けることもありました、だけど、抜け出すために大事な情報です。

自分で自分に嫌がらせをして虐待してどうするの?

「嫌なことから逃げるな」としつこく寄り付いてくる者がいたら、自分の心に問いかけてみて下さい。「逃げなかった先にあること、それは自分の人生に本当に必要なのか?」と。心の中の小さな自分が嫌がっているのに逃げないのは「自分への嫌がらせ」と同じこと。自分で自分の心を喜ばせてあげましょう。

「自分で自分に嫌がらせをしてどうするの?」ということ。心の中の小さな自分が「逃げたい…他のところで生きたい…他のところで成長したい…」と言っているのだから、「堂々と逃げる勇気」を持つことが大切なのです。支配者に飼いならされて道具になって、それを自分に与える?それは自分への虐待…。

ただ、「不法行為」をした場合は別です。これは「責任追及」が来ます。

時代は変わっている。体罰的考えは古い

1、「嫌なことから逃げるな!!」=「体罰肯定派」
2、「堂々と逃げる勇気を持とう」=「体罰否定派」

過去は「1」で良かったのでしょうけど、もう時代は変わっている。「2」が大切なことです。進化していかないと自然淘汰されます。時代が「2」を必要としているのです。「1」は終わります。

ハッキリと跳ね除けることも大切

「嫌なことから逃げるな!」としつこく寄り付いてくる者に対しては「お前なんだよ?気持ち悪いな、寄り付くなよストーカーが!迷惑なんだよ!お前に関係ないだろ!」と、ハッキリ跳ね除けようとする「気持ち」が大切なことです。相手が押し付けてくるものはそれだけ「異常なこと」ですから。

自分の心に素直に従って生きましょう

支配された人は自分がわからない
だから逃げることが大切
逃げる勇気も大切

逃げて逃げて逃げまくれば
本当の自分の道が見えてくる

だから逃げる勇気が必要
支配者は巧みに逃がさないようにする

そんな支配者は古い価値観で縛ろうとしている
無視して切り離して
自分の心に素直に従って生きましょう

逃げて本当の自分を取り戻していくと「無理をする」とか「頑張る」とかが減っていきます。これは「本当の自分が嫌がっている」からこそ、無理、頑張り、なのです。本当の自分が潜在意識(無意識)で決めたことは頑張りなんて不要です。自分が心から望むことは頑張ろうとしなくてもやってしまうのです。

例えば、僕は13歳から吸い始めて、1日3箱のヘビースモーカーでしたが簡単にやめました。本当の自分が本心から「やめたい」と思ったら、何の努力も頑張りもなしにやめることが出来ました。(必要な情報は手に入れましたが)そして一生吸うことはありません。本当の自分に素直に生きればよい。

本当の自分が心から思ったことは、「頑張ろう!」とか思わないのです。勝手にやります。よく「わかっちゃいるけどやめられない」と言いますが、これもよく言われるよう「単にやめたくないだけ」なのです。自分が潜在意識(無意識)レベルから「やめたい」と思えばやめてしまうのです。頑張り不要で。

自分が自分らしく生きるために適した環境を自分に与えよう

嫌なことから逃げて、好きなこと(本当の自分が楽しいと感じること)に向かっていけば心は回復してきますし、少しずつ育っていきます。植物が育つために適した環境があるよう、人間も自分が自分らしく生きるために適した環境がある。その環境を自分に与えることが大事なこと。その為に逃げるのです。

あなたがあなたらしくいられる環境、とくに「人間関係」は「環境」の中で”最も影響力が強いもの”です。だいたい5人くらいによって自分が作られます。この影響は避けることは出来ないからこそ「環境選び(人間関係選び)」が重要なのです。5人、誰を選ぶか、それで自分の育ち方が決まってきます。

ですので、良いカウンセラー探しも、とても大切なことなのです。カウンセリングを受け続けることで、良い影響を与えてもらえるのです。人には「神経細胞ミラーニューロン」があります。緊張やあくびがうつるように、他にも色々と無意識のうちに”うつっている”のです。良くも悪くも…。

「笑顔」も無意識のうちに「うつりやすい(ミラーニューロンされやすい)」ので、素敵な笑顔な人は、「笑顔」と「言葉」でどんどん周囲の人をプラスに変えている。本当、アレってすごいなって思う。誰にでもできることじゃないし、ミラーニューロンを有効活用した素晴らしい能力だなって思います。

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!