敵意を持ってしまう…。敵意をなくす方法

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨
敵意を持ってしまう…。敵意をなくす方法

敵意を持ってしまう…。そんな人が「敵意をなくすための方法」です。それは、まず過去の自分を認めて受け入れてあげることです。敵意を持つだけのことは過去に確かにあった。だから敵意を持つことで同じように傷つかないように守ってきた。それは素晴らしいことです。



明確に区別する

しかし、「過去」と「今」は違います。「過去の本当の敵」と「今、自分が敵意を向けている相手」は「別人」です。別だということが納得できるだけでも敵意をなくすことに近づけます。そして、別人ですから「本当に敵なのか?」をしっかり判断する必要があります。人は、過去の記憶で今を見ることがよくあります。つまり、敵ではないのに敵だと思い込んでいることもあるのです。

敵意を持つことが悪いわけではないのです。自分の存在が脅かされる危険性があれば誰でも敵意を感じます。当然のことです。問題は、敵ではない相手に敵意を抱いてしまうことです。

本質的な部分では皆同じ

嬉しい、悲しい、痛い、気持ち良いなどは、皆、感じること。人と違う部分はたくさんある。 だけど、本質的な部分では皆、似ているのです。同じ人間だから。 美味しいものを食べたら美味しいと感じる。嬉しいと笑顔にもなる。自分が楽しいと「楽しいな」と感じる。楽しく運動して汗を流したらスッキリする。皆、似ている。こういった、「同じ人間なんだ」って思う視点で人を見るようにしていくと敵意は減ってきます。それぞれ違う部分はあるけれど、「本質的には同じ」なんだって。

目もあれば、髪の毛もある。口もある。耳もある。足も手もある。手や足がなくてもそれ以外同じです。本質的に同じ部分がこんなにもたくさんあるのです。それを考えるだけでも敵意は減ります。

間違いもあれば、勘違いすることだってある。時に病むことだってある。誰でも。誰にでも弱いところがある。誰にだって醜い部分はある。人に言えないこともある。

このような本質的に同じ部分にフォーカスするようにしていくことで敵意を減らすことが出来るのです。

<<下に続く>>

相手に害を加えない敵意

大切なことは、「相手に害を加えない敵意」を持つことです。普通は、敵意を持っていると相手に害を加えようとする心があったりします。相手に害を加えれば「加害者」です。そうすると相手も害を加えようとしてくる。すると今度は被害者になる。そうやって害を加えたり被ったりするループにはまることもあります。

なので、最初にも書いたよう、敵意を持つことが悪いわけではない。自分を守るために必要な場合もありますので。その敵意をもって「相手に害を加える」となると話は別です。

敵意を通じて自分を成長させる

相手に害を加えるのではなく、その敵を通じて「自分の中にある支配する心」に気づくことが大切なのです。この自分の中にある支配する心が、敵を増やし、敵を強くし、敵からの攻撃を増やすのです。

過去の僕も、この支配する心が強くありました。なので、自分と違う存在を忌み嫌い、認めることが出来ませんでした。そうすると敵が増えてしまうのです。

大切なことは、違う部分はたくさんあるけれど「同じ人間なんだ」って広い心で認めることが出来る自分へと成長していくことです。

自分の中から支配する心が消えてくるほど、敵意も減ってきます。

敵意を持った者たちが形成する家庭ではスケープゴートされる

N.J.スメルサーによれば,敵意が集合行動の形で噴出するとき,リンチや暴動のような攻撃的な群衆行動になる。その標的がスケープゴートである。

引用元:敵意(てきい)とは – コトバンク

N.J.スメルサーはアメリカの社会学者です。詳しくはこちら

わかりやすい例が、一昔前の暴走族ですね。集団になると集団心理の敵意が一般人や敵対チームに向いて残酷な事件を起こしてしまうこともあります。

機能不全家庭でも、スケープゴートされる者が出てくる場合もあります。その場合は、家族全体が敵意を抑圧していたりします。

その隠れた敵意がスケープゴートタイプの人に一斉に向き、そして、それが正当化される。だからスケープゴートタイプの人の傷はとても深いのです。

 

関連コンテンツ

続きをメール購読

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)