Google検索

毒親は子を軽視する。そんな毒親を受け入れていると自分も軽視する人間になります。刷り込みなど粉砕してしまおう!

毒親は子を軽視する。そんな毒親を受け入れていると自分も軽視する人間になります。刷り込みなど粉砕してしまおう!

親から軽視されると自分も軽視する人間に!?

毒親が子供の存在そのものを軽視していると、無自覚で子供の全てを軽視するので子供はどんどん自信を無くします。 一般家庭で育った方には中々理解の出来ない事だと思いますが、例えば、生まれてからずっと親に「命よりも宗教を大事に」「家に火がついても自分の命よりも真っ先に御本尊さまを外に…」など、自分の命よりも紙切れ(相手にとっては大事)を大事だと言われて育ち、子供が親を信じると、悉く、その価値観を背負います。

そして、自分で(親の価値観で)、自分を軽視するようになります。自分を軽視した者は今度は後輩や部下や子供や動物を軽視するようになります。それが不幸の原因であり「不幸の連鎖」です。だから、軽視するような人間は自分の心から断ち切ればいいのです。断ち切るのは難しいけど、断ち切った先に本当の理解が待っているのではないでしょうか。

毒親は泣き落としや情に訴えてくる!?

毒親に引っかかる子は、相手の泣き落としや情に訴えてくるようなものに弱いことがあります。そして子供が気づき出したり、離れようとすると、今度は豹変し泣き落としや情に訴えてきて離れられないようにしてきます。子供の頃から「可哀相な親」を沢山刷り込まれているので「可哀相な親を見捨てる人間は許されない事だ」と刷り込まれている場合もあります。色々な無意識への刷り込みによって、一般の人には理解しにくい見えない”しがらみ”もあるのです。

つまり、幼少期から「自分の命を大事だと思う事はいけない」「死んでも嘘はついてはいけない」「可哀相な人を助けない人間は地獄に落ちる」「親を大事にしない者は地獄の特急列車に乗ることになる」「自分を大事にするものは許されない」「弱音を吐いたら許さない」と、書けば本一冊になっても書ききれないくらい子供の頃に刷り込まれて、それを恐怖の感情とセットで条件付けされて刷り込まれていると、気づきませんし、気づき出してから解くまでに何年もかかるものです。弱音を吐く事すら禁じられ親の苦しい感情を共有させられた辛さは想像を絶する辛さです。しかし、戦争の辛さも比較できない辛さであり、それを背負った親も辛いことはわかります。三つ子の魂百までとよく言ったものです。脳科学では5歳までに刷り込まれたものとして言われています。

脳科学での証明!?

脳科学で証明されたという以下の引用。

最近の脳科学の研究で、“3歳までの本の読み聞かせ”が、その後の子どもの一生を左右するという結果が出ており、その研究結果を受けて、アメリカの小児科学会が本の読み聞かせを積極的に進める方針を固めたという記事が、『The New York Times』に掲載されていました。

引用元:http://itmama.jp/2015/02/16/76921/

この研究結果が答えです。本の読み聞かせも、先ほど書いた、幼少期から「自分の命を大事だと思う事はいけない」「死んでも嘘はついてはいけない」「可哀相な人を助けない人間は地獄に落ちる」「親を大事にしない者は地獄の特急列車に乗ることになる」「自分を大事にするものは許されない」という日々の刷り込みも同じです。悲惨な写真や映画を繰り返し見せては、これらのことを子供に刷り込む。このように毒親は子供をマインドコントロールしていくのです。

これらは私たちの一生を左右するくらい強烈なのです。ですから、毒親に育てられた人や、アダルトチルドレンの方を「弱いからクズ」というのは、おかしな話で合って、何ら自然な事だとわかるでしょう。逆に毒親に育てられた人や、アダルトチルドレンの方を見つけて弱いと言っている者が弱であり、精神的な嫌がらせのモラルハラスメント加害者の傾向があるのです。自ら「モラルハラスメント加害者だと手を上げているようなもの」です。

<<下に続く>>

本当の自分を取り戻そう

では、毒親を責めて非難すればいいのか?そうではありませんし、そんなことをしても同じレベルにまで下がってしまいます。卑怯者だと分かったら認めて離れることです。そして親であろうが、兄弟であろうが、自分と区別することです。子供の頃から無意識(潜在意識)に刷り込まれた数々の不要なものは、今、自分の権限…心の管理者として自分の権限で、今すぐ断ち切っていいのです。大事にするのは親でも兄弟でもありません。自分なのです。自分を大事に出来るからこそ、後輩、部下、子供、動物を大事にしていけるようになるのです。自分の事さえ人はわからないものです。他人なんてもっとわかりません。ですから、自分の事を理解すれば、他人の事も理解しやすくなるのです。

刷り込みなど粉砕!?

モラルハラスメントを断ち切る数々の不要な刷り込みはイメージで粉砕すればいいのです。

「自分の命を大事だと思う事はいけない」⇒「ばかじゃねーのかこのタコ!自分を大事にしていいにきまってんだろ!」

「死んでも嘘はついてはいけない」⇒「嘘は防衛の為に必要なんだよ!勉強して来い!」

「可哀相な人を助けない人間は地獄に落ちる」⇒「アホか!自分を助けられない奴に他人は救えねーよ!」

「親を大事にしない者は地獄の特急列車に乗ることになる」⇒「怯えてんじゃねーよ!親なら親らしくどっしりかまえろや!」

「自分を大事にするものは許されない」⇒「それはお前が怯えているだけなんだよ。自分を大事にする勇気もてよ」

と、ちょっと言葉は悪くなってしまいましたが、このように言葉は悪くてもいいので、自分の中で断ち切ればいいのです。親を傷つけてしまいそうで怖くて言えない優しい方もいるでしょう。だけど、大事にするのは自分です。自分が本気なら、すぐに解けるものは解けちゃいます。また、刷り込みが強すぎると、解こうとすると邪魔するかのように腹痛や頭痛が一時的に起こる場合もあります。しかし、解けた後はスッキリします。

支配者とは「家族だから」「あなたの為にやったのに」など美徳を使いながら心を操作してきます。一切の操作は自分次第で断ち切れます。大事なことは自分が自分の心の管理者となる事です。

そして自分が自分の心の管理者となった時、戦争がどれほど人の心を傷つけ、どれほど破壊し、どれほどの恨みや悲しみを世代間連鎖して流れているのかがわかるでしょう。二度と戦争を起こしてはいけないのです。その為に「権力者に媚びることをやめる」そして「餌に釣られない自分」になることが大事です。「嘘」は「歯車をずらし」そして歯車がズレた時に、ズレた分の犠牲を無意識で必要とします。その犠牲は家族で言えば、アダルトチルドレンのスケープゴートタイプもそうでしょう。

そして、それでも歯車をずらしていけば、更なる犠牲が必要になり、その先に「生贄」が必要になるのです。「生贄」が必要な心理状態の時、心の中、主観世界には悪魔的なエネルギーが生まれています。そして、そのことを認められない時に、過剰に神を求めだすのです。

大事なことは「ありのままの自分」を生きて、他者を侵食しないことです。そして侵食させず…です。ですから「心の解毒」をする必要があります。

 

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。