コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!
あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!

マインドコントロールの1つ。1度存在を殺してから外部を遮断し内部にだけ存在を認めるものがあると信じ込ませてから囲って逃がさないようにする。

マインドコントロールの1つ。1度存在を殺してから外部を遮断し内部にだけ存在を認めるものがあると信じ込ませてから囲って逃がさないようにする。



自分で選択したと思い込んでいる

マインドコントロールが根深いほどコントロールされた側は自分の判断で”それ”を選択したと思い込んでいます。つまり自分の判断で選択したと気付かれずにコントロールするのがマインドコントロールです。コントロールされた側は「強制なんかされてないよ自分で選んだんだから」と言うのです。

コントロールする側の完全なる駒

マインドコントロールが酷くなるとコントロールする側に命を捧げなければ苦しみから逃れられない心理状態になります。そうなればコントロールする側の完全なる「駒」です。自爆テロはこうして作られていきます。

僕もこのような心理状態に陥ったことがあるから心が雁字搦めになる感覚がわかる。心を殺されているから心を生き返らすために命を捧げなければいけない気になるのです。生き地獄のように感じます。だから本当の自分を大切にし続けることが大事なことです。

存在を知ってほしいから犠牲になる

コントロールされていた時の僕の言いたいことをハッキリ代弁してくれているかのように思える一文を日本の医学者(精神科医)、作家。博士(医学)である岡田 尊司(おかだ たかし)さんの「マインド・コントロール」という本から引用してご紹介します。

集団の絆が、今や彼を死に縛り付け、犠牲となることから逃れられなくする。愛する集団のために自らの命を捧げることによって、英雄となることでしか、自分の存在を証明する道は残されていない。もしそこから逃げれば、彼は愛する仲間を裏切るだけでなく、自分の存在を卑しめてしまう。仲間との絆という集団の圧力と、自分の存在価値を証明しようとする自己実現の願望の二つが、そこにはかかっている。それ以上に強力な駆動装置は存在しないだろう。

 

引用元:マインド・コントロールのP18より

パートナーと出会ったころパートナーは僕に対して「なんでこんなに家族のために何かやらなきゃ家族のために死ななきゃ」って思ってるんだろうとすごい不思議だったと少し前に言われた。最初は「シスコン野郎かと思った」と言ってました笑 コントロールされている時は本人はおかしいと思っていません。

僕は当時、親や姉の為に死ななきゃいけない。自分を犠牲にして、強盗などから家族を守るために死ななきゃいけない。そう思い家に強盗が押し入ってくることを長い間、待っていました。だけどそんなことは起こらない。だからその後、自殺を決意しました。心が雁字搦めだったのです。

支配する側や家族によって存在を殺される。そして、薄れゆく存在を知ってほしいから犠牲になれるのです。命を投げ出すくらいのことが出来るようになるには徹底して存在を殺して逃げられないようにしてわずかな餌に食いつかせる手口を使うのです。この心理状態に陥ると、外の人には助けを求めることは出来ない。そして支配から抜け出す気にもならない。引用にあったように「自分の命を捧げて英雄とならないと自分の存在を証明することはもうできない」状態なのです。それが出来なければ「死(自殺)」しかないというくらい雁字搦めになっているのです。

1度存在を殺してから外部を遮断し内部にだけ存在を認めるものがあると信じ込ませてから囲って逃がさないようにする。

<<下に続く>>

貴重な体験をした

だけど僕は貴重な体験をした。命を捧げなければいけないくらいコントロールされた対象が愛されたい家族からであり雁字搦めにされてそこから抜け出した。この体験のおかげで手口がわかるから二度とあの世までも操作するコントロールは受けないから見方変えたらかなりプラスです。

支配の手口がよくわかるようになった

家族の支配は手に取るようにわかるようになった。だから僕が〇〇が〇〇歳くらいに非行に走り出す可能性が高いよってパートナーとかに言ってたら後から本当に急激に非行に走り出して驚いていた。何ら不思議なことではなく「スケープゴート」の視点からみたら「可能性が高い」ことはわかります。

スケープ・ゴート(身代わり):家族の問題を行動化するタイプ
外面 – 反抗的、陰気、反感を買う行動、張り合わない
内面 – 心の傷、見捨てられ感、怒り、拒絶、不適応感、低い自己評価
言動 – 問題を起こし注目を集める、自虐自傷自罰行為、自暴自棄
弱点 – アルコール等依存傾向、問題児、年少妊娠や犯罪の傾向
長所 – 現実の直視、立ち直る勇気、人を助ける力

引用元:アダルトチルドレン – Wikipedia

スケープゴートされた者は非行に走りやすいのです。

視野狭窄

日本の医学者(精神科医)、作家。博士(医学)である岡田 尊司(おかだ たかし)さんの「マインド・コントロール」という本には「視野狭窄(しやきょうさく)」と言う言葉が出てくる。

マインドコントロールは「視野狭窄」状態にするものだと今振り返ってみても納得ですが、僕の場合は「世の中は悪に満ちているという数々の子供頃からの刷り込み」と「○○(家族)のことさえ黙って信じて言うこと聞いていれば間違いない」というこの大きな2つによって見事に「心の視野狭窄状態」に入り込んでいった。

回復するには

マインドコントロールされていたことに気づきだしたら自分の心がボロボロだと気が付きます。間違いないく言えることは「心の安全基地」なしに「回復」はあり得ないということ。心を回復させるにはまず心の安全基地を手に入れなくてはいけません。あなたを否定する人やあなたを傷つける人からまず離れることです。そのうえで「現実」を見ていくと回復してきます。

心の中にある、無数のゴミや、鉄くず。汚い貼り紙。嘘の網。そういったものをすべて綺麗に区別して捨てるものを捨てていくと時間はかかるけど「光」が見えてきます。その光は「何とも言えない嬉しい気持ち」になるものです。心の中に芽が出てきたような感じです。それを見つけるために本を読み自己理解を深め自分で自分を成長させることが大切です。

他人の感情や価値観を省いていくと心の中で芽があることに気づきます。自分で育てるのです。それは「自分が自分の親になる」ということです。その気持ちを持つと「自分軸」で生きていけるようになってきます。自分軸で生きていけば「本当の自分」に近づいていけます。

「心の安全基地がない」と思うときは、これは僕の考えですが、無いと断定しないで「探す」「見つける」それでもなければ「自分で作る」のが大切だと思っています。

関連コンテンツ

「成長」「気づき」「回復」に役立つ教材一覧

デイリーパラダイムシフト
「デイリー(毎日)」「パラダイム(物事の見方、視点。)」「シフト(変える事)」でコミュニケーション能力を向上させる方法。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム
1日15分30日の実践で、吃音(どもり)を改善する方法。
『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
自己肯定感を高め無意識のうちにプラス思考が出来るようになるためのメールトレーニング。
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
必要な「回復のプロセス」を自己学習し、自分を癒して回復させていくための自己学習キット。
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】
モラルハラスメントの被害をあなた自身で解決することが出来る根本解決のための「自立的」な方法。
感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法。
精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ
ドラクエで最初の街から一歩も出られない主人公…。のようになっていませんか?精神的な弱さを改善するシンプルな方法。
あがり症改善プログラム
あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

言葉のイジメに打ち勝って人生を好転させる方法!
つまらない口げんか、心無い言葉で、あなたの心を蝕む相手に左右されない人生を送るための方法。

阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間
1日9分・21日間のトレーニングで恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わる方法。
毎日10分で分かる!アドラー心理学 簡単マスターブック「理解する勇気」
アドラー心理学基礎講座「徹底する勇気」
アドラー心理学 完全理解セット【「理解する勇気」+「徹底する勇気」】音声特典付き
他者の言葉の一言一言にすごく傷つく、人の意見におびえている。あなたが、もしこんな悩みを抱えているなら、アドラー心理学を学んでください。

あなたを救うことが出来るのは、
あなた自身です。

あなたが自分の「」になり、
自分がしてほしかったことを
あなた自身にしてあげるのです。

自分の「」になるということ
それは「本当の自分」を取り戻すということ。

1歩ずつ、日々、歩いていきましょう。

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!
もしよろしければ記事を共有して下さい。この記事が誰かのお役に立てることを願って。

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)