原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

猫1匹殺した者は最低でも懲役10年にするべきです。動物を殺す者の中には自然死を装い子供を支配する道具にする場合も。

猫1匹殺した者は最低でも懲役10年にするべきです。動物を殺す者の中には自然死を装い子供を支配する道具にする場合も。

猫1匹殺した者は最低でも懲役10年にするべきです。これは犯人を苦しめたいからと言うわけではありません。猫を殺すような虐待者の歪んだ考え方を改善するには10年かかっても改善は難しい場合もあると思うからです。本当の意味で更生してほしいです。

これは僕個人の考えです。

カリフォルニア州サンタクララ郡上位裁判所で、21匹の猫を殺害した26歳のロバート・ロイ・ファーマー被告に収監16年の判決が下った。

引用元:21匹の猫を殺した男、懲役16年の判決が下される(アメリカ) : カラパイア

上記の引用を見て、僕は少し嬉しくなりました。引用元の記事にも書いてあるように日本は動物を殺しても重い刑罰を受けないことから、動物を平気で殺したり、動物を犠牲にしたり、動物を使って人を支配する者たちが野放し状態になっています。

例えば、ある母親がいたとします。この母親、まず動物を飼う。子供に世話をさせる。子供が言うことを聞かない時に支配する目的で子供がいない時に動物を餓死させる、または、寒さによって殺す。自然死を装って、それを子供に「あなたが家に帰ってきもせず、ちゃんと面倒を見ないから死んだんじゃない」と罪を植え付けていく。

こういった支配者は表面上はとても明るく元気で外面が良いのです。こういった支配者の道具にされるのが人に言葉で伝えることのできない動物たちなのです。ですので動物を1匹を故意的に殺した者は最低でも懲役10年にするべきだと僕は思っています。

そして、どうして猫が虐待されやすいか。

猫は自分勝手な生き物。そして支配者は自分勝手を許さない。だから動物虐待者の多くは猫を虐待する。それは、猫は支配を許さない生き物だから動物虐待者にとって虫唾が走るくらい頭にくる場合がある。そんな人間の支配によって傷つく猫はとても可哀相。

「虐待」や「嫌がらせ」は「人間だけのもの(とくに大人)」です。まだ素直な子供や、動物たちは、嫌がらせをしようなどとするわけがありません。大人の最高の趣味が「嫌がらせ」です。そして子供や動物はその犠牲者となっているのです。賢いほど嫌がらせも巧妙で水面下に潜っています。

子供は「理解力」「説明力」「言語化する能力」などがない。だから「児童虐待」される。動物は人間の言葉を喋れない。人間に本当のことを伝えられない。だから「動物虐待」される。如何に虐待者が弱い者を選んでいるかがわかりますよね。知識と力を持った者には絶対に向けない。

平気で猫をまたいでいる人は上司や自分が怖いと思う相手を平気ではまたがないですよね。動物は言葉を喋れない、だから見下して舐めているのです。そこに虐待的要素があるのです。だから「児童虐待」や「動物虐待」は騒いで考えて改善していかないといけない問題なのです。騒がれていることは良いこと。

<<下に続く>>

カリスマドッグトレーナーのシーザー・ミラン氏が言った「飼い主を訓練する」

飼い主の「非言語のコミュニケーション(本音、性根)」を変える必要があるのです。そこに自覚のない「苦しむ原因」が隠れているからです。

動物が悪いのではなく人間の無自覚のコミュニケーションに問題があるのです。カリスマドッグトレーナーのシーザー・ミラン氏はこう言ったとのこと。「犬をリハビリし、飼い主を訓練する」と。本質を分かっているからこその言葉ですよね。(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%B3 …)

「迷信・言い伝えに見る猫(http://www.necozanmai.com/zatsugaku/superstition.html )」の内容を引用したツイートの「猫を支配しないと幸運を引き寄せる」の視点で見ていくと僕は「なるほど」と思うことが多いです。支配者だから苦しむ。支配をやめると人は幸せになる。猫を支配は出来ない。

例えばリンク先にある「猫をまたぐのは縁起が悪い (アメリカ)」を支配の視点で考えれば「支配者だから相手の気持ちはお構いなしだから平気で猫をまたげる」ということ。だって猫からしたら自分より何倍も大きい人間がまたいでいくだけでも怖いかもしれない。もし踏まれたら…。そう考えれば納得。

自分が猫の立場なってみればわかることですよね。巨人が平気で自分をまたいでいく。怖いですよね。踏まれてあばらが折れて内臓がつぶれるかもしれない。そう考える人は猫をまたがない。だから「猫をまたぐのは縁起が悪い (アメリカ)」も繋がる話です。それも非言語のコミュニケーションです。

例えばリンク先にある「飼い猫が家を去ると、病気がその家を支配する (イングランド)」も支配の視点で考えれば「支配されない猫が去るほど支配が強すぎる」ということ。強すぎる支配が自らのストレスとなり身も心も病む原因になっていく場合もあります。猫はただ支配が嫌なだけ。何も悪くない。

つまり、隠れた虐待者、水面下で虐待をする者たちの周辺に猫を殺すとか、猫を虐待するという問題が起こっている可能性が高い。だから、猫1匹殺した者は最低でも懲役10年にすることで、そういった隠れ虐待者の悪事を未然に防ぐ事にも繋がるのです。

※過去に発信した内容を貼り付けて記載したので、繋がりがない部分があるかもしれません。後で修正する予定です。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。