精神(心)の健康とは?

381 views
精神(心)の健康とは?

精神(心)の健康とは(厚生労働省)

精神(心)の健康とは何か……。一番しっくりくることが厚生労働省の記事に書かれていました。引用させていただきますので、お読み下さい。

こころの健康とは、世界保健機関(WHO)の健康の定義を待つまでもなく、いきいきと自分らしく生きるための重要な条件である。具体的には、自分の感情に気づいて表現できること(情緒的健康)、状況に応じて適切に考え、現実的な問題解決ができること(知的健康)、他人や社会と建設的でよい関係を築けること(社会的健康)を意味している1引用文献:休養・こころの健康|厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/www1/topics/kenko21_11/b3.html)

厚生労働省がいう心の健康(3つ)
・自分の感情に気づき表現する(情緒的健康)
(サヨナラ・モンスターで行っていること)
・状況に応じて適切に考え、現実的な問題解決ができること(知的健康)
(サヨナラ・モンスターで行っていること。対処法を書くことや、心の問題解決)
・他人や社会と建設的でよい関係を築けること(社会的健康)
(これは、自分の成長を通して、各自行うようにして下さい)

これが心の健康です。厚生労働省は心の健康のために上記(自分の感情に気づき、表現すること)が大切だと言っているのです。

感情の大切さがわからない無知な者を相手にしてはいけない

以前、サヨナラ・モンスターの凄さも、何故王道なのかも何も知らず、無知で愚かを極めている加害者が、「感情バカww」「感情書くより行動だろww」なんて言っていましたが、僕は彼の愚かさに対し返事をする気さえありませんでした。相手にする時間も勿体無いです。僕は更生した健全な人間ですから、そのような無知な加害者を相手にしている暇はありません。遠くの裏路地で1人で吠えていれば良いのです。弱い犬ほどよく吠えるというように、キャンキャン吠えておけば良いのです。話にもなりません。

まず、厚生労働省が、心の健康のために「自分の感情に気づき、表現すること(情緒的健康)」が大切だと言っています。そこらへんの加害者ではなく、厚生労働省が言っていることを信じるようにして下さい。感情が大切だということが間違いないとご理解出来たかと思います。この作業は、サヨナラ・モンスターで促しています。「感情バカww」と言っている加害者は、自分のことをバカだと言っているのでしょう。次に、「感情書くより行動だろww」、、、ですが、これも話にならないほど恥ずかしいことを言っています。まず「書くこと」も「行動」の一種です。行動という言葉の意味さえ理解出来ていないのです。そして書くという素晴らしい行動が、癒しにつながるという多数の研究結果があるのに、それさえも理解出来ないのでしょう。そんな支配者や加害者は、相手にする価値もありません。

書くことが癒しになることについて、最前線の研究者である、テキサス大学オースティンの心理学者ジェームズ・ペンネベーカー博士(社会心理学者)の200以上の調査研究でわかったこと、それが「○○○な文章」が身体的、心理的改善に繋がるいう報告がされているとのことです。下記記事でお伝えしたことです。

世界トップクラスの研究者たちの200以上の調査研究でわかったこと!「○○○な○○」が身体的心理的改善に繋がる!

自分の無知を赤の他人に投影して自分を叩いている加害者が否定することは、このように素晴らしいことなのです。わかりますよね。加害者は、如何に、相手の邪魔をして足を引っ張り、良いものを悪いと思わせて、相手を成長させないようにしているか……。情けない人間だと個人的に思います。勇気がないから変われない。そこまではまだいい。それどころか、変わろうとしている人たちの足を引っ張る。彼らに必要なのは勇気です。勇気がないから、くだらない小細工をするのです。そんなものの相手をせず、無視して、自分を成長させていきましょう!!

自分の感情に気づき、表現しよう!

もう一度お伝えします。

精神(心)の健康とは?

厚生労働省がいう心の健康(3つ)
・自分の感情に気づき表現する
(サヨナラ・モンスターで行っていること)
・状況に応じて適切に考え、現実的な問題解決ができること
(サヨナラ・モンスターで行っていること。対処法を書くことや、心の問題解決)
・他人や社会と建設的でよい関係を築けること(社会的健康)
(これは、自分の成長を通して、各自行うようにして下さい)

サヨナラ・モンスターの作業は、エビデンスのある素晴らしい方法です。厚生労働省が心の健康のために「自分の感情に気づき、表現すること(情緒的健康)」が大切だと言っているように、あなたの幸せや健康を願う側は、サヨナラ・モンスターと同じことを言います。サヨナラ・モンスターを否定した者は、支配者と加害者です。話にもなりません。健全な方法です。1つ1つ、自分のために取り組んでいきましょう!!

下記の公式サイトの記事(会員限定コンテンツ)を更新しました。

アメリカ心理学会(APA)の記事からも学ぼう!書くことが癒しになることについての研究の最前線の研究者たちが言っていることはこれだ!

記事下部に、「この5つを正すことが精神の健康に繋がる」を追加しました。

1感情の発散だけでは不十分
2感情を理解する最初の一歩
3書くときに、集中的な思考が必要
4書くことは悪化を防ぐ
5自分が書く言葉を変えてみよう!!
6この5つを正すことが精神の健康に繋がる ← 追加

購入者さまは読んで下さい。記事に書いた5つを、書いたものをまとめる際に意識して下さい。そして、厚生労働省が心の健康のために「自分の感情に気づき、表現すること(情緒的健康)」が大切だと言っているように、あなたの大切な感情に気づき(未処理未消化の感情)、それを「書くこと」で「表現」して下さい。表現をすると、必ずと言って良いほど加害者が寄り付いてきて、それを傷つけようとします。以前お伝えしたことをもう一度お伝えします。

精神の健康のために最も大切なこと!

「表現」をしたがる人が多い理由の1つ。それは「表現」することで傷を癒すことが出来るからです。だから傷ついた人は、音楽、文章、絵、色々な形で自分を表現していきます。他者の「表現」を嘲笑う人は表現をすることに恐れているから他者の足を引っ張り他者の表現を潰そうとします。表現は大切です。

公式サイトの記事に書いた5つを正せば正すほど、あなた自身の感情に気づきやすくなります。そして表現をして心の健康づくりをしましょう!

サヨナラ・モンスターで精神(心)の健康づくりをしていきましょう!! あなたが書き出して、溜めて、貯めた心の情報、、、それをまとめ上げたら「自分史」として電子書籍などでセルフ出版してみて下さい。あなたの過去はお宝です。価値です。

追伸:

支配者や加害者も、心を入れ替えてやってみたらどうかな? 変わる気になったらいつでもサヨナラ・モンスターを手に入れて下さい。メールサポートは無料、無期限、無制限ですから、あなたが本気なら、最後までお付き合いしますよ。人は改心することが出来るのです。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    引用文献:休養・こころの健康|厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/www1/topics/kenko21_11/b3.html)

読者登録&解除(無料)

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に対しての評価をお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより恨みも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。