「嘘つき・詐欺呼ばわり」は、異常者が行うものであり条件が揃えば「名誉毀損(犯罪)」です。

「嘘つき・詐欺呼ばわり」は、異常者が行うものであり条件が揃えば「名誉毀損(犯罪)」です。

「嘘つき呼ばわり名誉毀損」
「詐欺呼ばわり 名誉毀損」

Googleの関連キーワード(よく検索されるキーワード)で上記のワードがあります。

つまり、これだけ、不当に「嘘つき・詐欺呼ばわり」された人たちがいるということです。なぜ、「嘘つき・詐欺呼ばわり」する者がいるのか。それは「異常者(正常ではない者)」だからです。

逆に、正常者は他人のことを証拠や根拠なしで嘘つき・詐欺呼ばわりすることはありません。

正常者・・・証拠や根拠なしで嘘つき・詐欺呼ばわりしない
異常者・・・証拠や根拠なしで嘘つき・詐欺呼ばわりをする

正常者は、ちゃんと証拠や根拠に基づいて、事実として嘘つき・詐欺呼ばわりを公然の場以外で行います。公然の場に出せば、本当のことであっても名誉毀損になりますので。犯罪をしない正常な者は事実であっても公然の場には書かないのです。

一方、異常者は、証拠や根拠なしで、自分の思い込み、またはレッテル貼り、わざと炎上させる目的などによって、平気で他人を嘘つき・詐欺呼ばわりをするのです。これは「異常者(正常ではない者)」だからこそ出来ることです。そういった異常者が増えてきているから、Googleの関連キーワード(よく検索されるキーワード)にも「嘘つき呼ばわり名誉毀損」「詐欺呼ばわり 名誉毀損」が表示されるのです。検索数がそこそこあるということです。

本当に嘘つきで、詐欺があるのであれば、正しい手順を踏んで解決すればよいだけのことです。その正しい手順は踏まずに、公然の場で他人の名前は書かずに、根拠も証拠も無しに他人の噂話をしている者は「異常者(正常ではない者)」です。何らかの異常状態だから、それが出来るのです。

その異常状態の1つは、自分を信じることさえできないからです。つまり自分を欺いているのです。

自分を信じることが出来ない人たちは、世の中に対しても疑いばかり抱きます。「あれは詐欺だ」「あいつも詐欺だ」と。真実を語る者に対し未確認なのに詐欺師呼ばわり者は怯えている場合もあるのです。僕も自分を信じれない時はそうだった。自分を信じている者は正しく物事を見る力を持っている。

ですの、「嘘つき・詐欺呼ばわり」をされたなら、それは公然の場で個人を特定出来るように書かれたなら犯罪(名誉毀損)ですので、警察に相談するか、民事訴訟で対処するなど考えても良いかと思います。「嘘つき・詐欺呼ばわり」は、異常者が行うものであり条件が揃えば「名誉毀損(犯罪)」です。

ただし、相手に悪意がある場合、相手は「名誉毀損逃れ」をします。名誉毀損逃れというのは、名誉毀損がどういった条件で該当するかを知り尽くしているので、それに該当しないように「嘘つき・詐欺呼ばわり」をしてくるので厄介なのです。こういった悪質な者は、SNSなどで繰り返しターゲットの悪評を被害者に成りすましながら(私はターゲットにされている)とすり替えて、相手の名前を表には出さずに噂を広めています。

それを鵜呑みにした無知な者が、名誉毀損をするのを待っている(仕向けている)のです。そうすれば仕向けた側は逮捕もされないし、民事で訴えられることもない。こうやってセコイ手口を使いながら「嘘つき・詐欺呼ばわり」してレッテルを貼っていく悪質な者もSNSには隠れています。どうか、こういった他人をラジコンのようにして高みの見物をしている者に騙されないように。

嘘情報に騙された結果、名誉毀損をしてしまえば、それは自分の責任ですので。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)