悪い噂を勝手に作り出していく最初の瞬間!そして 「間に確認を入れる」、たったこれだけでトラブルは回避できるのです。

相手は、虚偽のツイートを削除していました。
僕としては「虚偽内容の文章が削除された」ので、文句もありません。ですので、これ以上、争う必要はありませんので弁護士さんへのご依頼は取り下げました。

先日、2019年2月28日~3月1日にかけての深夜、
以下のツイートを発見した。

https://twitter.com/Aguafresca5/status/1096776458553282561

「ふざけた心理士の・・」というツイートは確かに僕のツイート内容だ。
しかし、なぜか、意味の分からない話に僕のツイートのスクショが巻き込まれ、
話が飛躍していて、僕の悪い噂を勝手に作り出されていました。

悪い噂を勝手に作り出していく最初の瞬間を見つけたので、記事にしておこうと思います。

「へぇ!こんな手口があったんだ!なるほどなぁ、
自分もやられないよう注意しよう」と被害者にならないよう注意して頂ければ幸いです。

まず、1番最初のツイートは以下です。

Aguafresca(@Aguafresca5)さん

このご意見、真っ向から反論させていただく。
おそらくはあの者の信者で有ろうが、
あの者が「きちんとした真実」を「然るべき場所で」「自分の口から」語ってくれないから、
不誠実だと言われるのは当たり前のことだ。そのことに関して異論があるのならば受けて立つつもりでいる。

引用元:https://twitter.com/Aguafresca5/status/1096776458553282561

まず、「おそらくはあの者の信者で有ろうが、」という部分。
僕は、「あの者」も「どの者」も「その者」も、その「者」の意味が分からない。

僕が書いたことは「ふざけた心理士などのグループ」と書いたのです。
思っていることを書いただけです。誰かを傷つける発信ではありません。
特定の「誰か」を指している内容ではないから。

この「ふざけた心理士などのグループ・・」のツイートが、
Aguafresca(@Aguafresca5)さんの言っている
「おそらくはあの者の信者で有ろうが、」という部分にどのように関係があるのか、
勝手に繋げられています。結び付けられています。
(そして、僕と無関係の某氏の件と無理やり話を結びつけようとしていた)

僕が書いたのは、「ふざけた心理士などのグループ」であって、
それは「特定の誰か」を指すものではない
つまりは、「ふざけた心理士などのグループ」という言葉は、
「表現の自由の範囲内での表現の1つ」なわけであって、特定の対象ではないのです。
例えばそれを「飛んでいるあの鳥は可愛いなぁ」と言っても「あの鳥」が「どの鳥」かを知っているのは本人だけです。
本人以外は「あの鳥」が「どの鳥」かを知る由などないのです。確認をしない限り。

特定の誰かを指すものでもないし、特定の誰かを匂わせているものでもない。
それなのに、僕の言葉に勝手な意味付けや決めつけなどを行い、
「おそらくはあの者の信者で有ろうが、」という、意味の分からない話を勝手に作り出している。

繰り返しますが、僕は「あの者」なんて知りません。
知りもしない者の「信者」にもなっていない。
非常に気持ち悪く感じるし、不快です。モヤモヤしました。
(なのでここで整理している)(成長の1つ)

僕は誰かの信者でもない。本人が本音で言っているコレが事実です。
それなのに、勝手に「おそらくはあの者の信者で有ろうが、」という部分から勝手に話が進み出している。

「おそらく」から「話を進める」・・・。
これは大人として、問題ですよね。

次に、どのように進み出したか。

そこで、「かなざわK(@kibokanazawa)さん」が登場していました。
ここで登場人物が2名になっていました。

以下をご覧下さい。

かなざわK(@kibokanazawa)さん

これ、元のツイートは怪しい療法を広めている人で、洗脳じみた手法を批判されているのでこんなことを書いているようです。
それをよりによって性的カウンセラー氏が自分の都合のいいとこだけ切り取ってるので
二重三重に意味が捻じ曲がってる。
これだけだとかにも自分が正義の被害者みたいですよね。

引用元:https://twitter.com/kibokanazawa/status/1097665700972265472

上記の「元のツイート」は、以下、僕の発信したツイート内容を指していると思われます。

1%の可能性として仮にそうでないとしても、
周囲にマイナスな誤解を与えるには十分な書き方となっています。

元のツイートは怪しい療法を広めている人で、
洗脳じみた手法を批判されているのでこんなことを書いているようです。

・怪しい療法を広めている人
・洗脳じみた手法を批判されているのでこんなことを書いているようです

このように2点、作り出しています。
別アカウントで、「洗脳じみた手法を批判されている」部分をねつ造している可能性は否定は出来ない。
別アカウントで作っておけば「思い込ませ」を作るのは簡単なことでしょう。

「サヨナラ・モンスター」は実際にプラスな変化が起こっている方も多く喜ばれています。
⇒ 体験談・実績報告・気づき・変化

個人的な気持ちを言うとすれば、
「おそらく」で勝手に話を進めるのが大人のやることかって。
とんでもない迷惑な話、しかも公然の場で、しかも「かなざわK」のは名誉毀損(犯罪)レベル。
僕はプロフにリンクを設置していて個人を特定出来る状況下なので特定の個人に対しての名誉毀損。

悪い噂を作り出して、さも本当かのように書く。悪質だなと思う。
人の言葉を勝手にとって、勝手に意味付けして、勝手に決め付けて、
勝手に騒いで、やってることまるで暴力団だな、と思わずにはいられない。

ネットって本当にこわいな。

本当以下が大事だと思う。

そしてこれ。

噂話、しかも嘘の。それを言いふらす。悪質な犯罪ですね。

事実を捻じ曲げながら悪い噂を作り出そうとするのは本当に、自分のためにやめたほうが良いと思います。

・勘違い
・嫌がらせ
・作話

相手側がどうしてこんなことをするのかはわかりませんし、
目的もわかりませんが、上記のうち「勘違い」なのであればツイートを削除すると思います。
誰が見ても【悪い噂を勝手に作り出していく最初の瞬間】がわかるので、
相手に悪意がないのであればツイートを削除するでしょう。

その瞬間は、前記した通りです。

おそらくはあの者の信者で有ろうが、」で始まり、
元のツイートは怪しい療法を広めている人で、
洗脳じみた手法を批判されているのでこんなことを書いているようです。」と、
連係プレーによる印象操作、名誉毀損ですね。こんな事実は一切ありません!
「洗脳じみた手法を批判?」というのも、嘘つき以外誰も言っていませんよね。言われたこともありません。
意味が分からない。

悪意がある嫌がらせならば、何としても続けて、騒ぎ出そうとすると思います。
ここまで明確にして、それでも尚、勝手な意味付け作り話のツイートを残すというのは悪意があるとしか思えませんね。

僕は、、、

・Aguafresca(@Aguafresca5)さん
・かなざわK(@kibokanazawa)さん

この2名は全く知りません、
初めて見た人です。しかも「匿名(本名をかくして別の名前にすること)」。
なぜ、この2名、本名を出さないのか、その理由は僕にはわかりません。

初めて見た人が、僕のツイートを元にして、
僕が誰かの信者だという話を勝手に作り出して、
更にお仲間さんだと思われる者が、
怪しい療法を広めている人、
洗脳じみた手法を批判されているのでこんなことを書いているようです。
などと話を作っていく…。

印象操作」「名誉毀損

過去にも名誉毀損をされたことがありますが、本当そっくりです!

まさに「虚偽の告白」です!

僕からすると昨日ツイートしたように、
「勘違いが勝手に進むところが、非常に、気持ち悪い。」という感じです。
意味が分からないし、ストーカーをされているような気分です。
なぜなら、ストーカーが勝手に抱く「恋愛妄想(相手と付き合っていると思い込んでいるから、勝手に話が進んでいく)」に似ていると感じるからです。

そうではないのなら、僕に「このツイートは誰のことですか?」と聞いてくると思います。
実際、過去に僕が発信しているツイートを見て、弁護士の方が「これは誰を指すものですか?」と聞いてきたので、
「特定の誰かを指すものではありません」と返事したところ、相手からは「わかりました(*^-^*)」と返事が来ました。
これは普通ですよね。

何故、人のことを勝手に決めつけて話を進めていくか。
それでは「妄想」に「妄想」が重なりますよね。非常に迷惑です。
やめて欲しい。

とりあえず気味が悪いのでブロックしました。
これ以上、相手が僕のことを言っていれば、原点であるこの記事を見れば一目瞭然です。

僕は今、「サヨナラ・モンスター」に真剣に取り組んでいるのです。
サヨナラ・モンスターに妬んでいるのか、邪魔したいのかわかりませんが、
悪い噂を作って流すのはやめて頂きたい。
自分自身のためにもやめたほうが良いです。

悪い噂を作って流す人間って、もう旧人類ですね。今は多くの人が自分に誠実になり、自分を取り戻しています。自分を取り戻している人は、悪い噂を作って流すなんて真似は出来ないのです。

https://twitter.com/plusplus713/status/1101165501508595712

悪い噂を流しながら自分を取り戻す。
これはあり得ないことです。

他人の足枷のように邪魔をするのは自分自身の足枷となるのです。
僕の発信内容に何か不満があって消してほしい理由があるのなら公然の場で悪い噂を作って流すのではなく
DMで「こうこうこういう理由があるので、このツイートは消してくれませんか?」と言われればこちらだって検討くらいしますよ。

僕は争うことを願っているわけではない。
多くの人が、すべての国民が、この日本を好きになれるような、
誰にとっても幸せを感じれる日本になったらいいなと願っています。

そんな国になるために、
「悪い噂を作って流す」なんて必要か?
国民同士が陥れたり、でっち上げたり、そんな工作が何になるのか。
僕は、不要だと思いますけど。

今回お伝えしたいことは「勝手に進める・飛躍させる」ことが問題・トラブルを生み出すということ。
認知の歪みの10パターンにあるように(https://bright-ms.net/post-642/

結論への飛躍
・心の読みすぎ(読心術)
人の一部分の行動や言葉で、その人がどう思っているかを決めつけてしまい、それが本当か確かめようとしない思考パターン。

確かめるということをせずに進めること、これは認知の歪みなのです。
今回の件で言えば前記した弁護士の方との話、

実際、過去に僕が発信しているツイートを見て、弁護士の方が「これは誰を指すものですか?」と聞いてきたので、
「特定の誰かを指すものではありません」と返事したところ、相手からは「わかりました(*^-^*)」と返事が来ました。
これは普通ですよね。

これが認知の歪みがない状態です。
間に確認を入れる」、たったこれだけでトラブルは回避できるのです。

僕は、根も葉もないことを書かれたので、
「あれはウソだよ」と正直に書きました。

それをどう解釈するかは、皆様の自由です。

・怪しい療法を広めている人
・洗脳じみた手法を批判されているのでこんなことを書いているようです

こんな根も葉もないことを書かれても、
今の僕は傷つきません。
今回の件は不快ですが、、
昔のように心が傷つかないのです。

何故か、それは「サヨナラ・モンスター」の良さを僕自身がよく知っているからです。
揺らがないのです。

そして、僕のパートナーも「サヨナラ・モンスターで心が大きく変わった」と何度も言ってくれている。
更に、購入された方からもお礼のメールが届いている。

僕の心は、このように、
「プラスな気持ちの変化が起きたという方たち」によって支えられているようです。

・この方法に自信を持っている
・プラスな変化が起きた人たちの言葉で心が守られていると思われる

この2点のお陰で、傷つきにくなったのです。
ありがたいことです。

サヨナラ・モンスターを制作し、取り組んで、心が傷つきにくくなった。
勝手な噂を流す者たちの「嘘」や「歪曲」が以前は深く傷ついていた。
それは過去の家庭環境がそうだったから。つまりトラウマがあったから。
だけどその「トラウマ」が「成長」に変化している。自分の心の持ち方と目的次第だ。

以上、よろしくお願いいたします。

追記、

・Aguafresca(@Aguafresca5)さん
・かなざわK(@kibokanazawa)さん

こちらの2名の方は、今回の「歪んだ飛躍」を認めてくれれば・・と思ってはいますが。
どうでしょうかね…。

事実を言われたり、商品に対しての素直な感想など、そういった普通のことはその人の自由です。だけど、それとは違って、特定可能な個人に対して話を作り出したりして、公然の場で悪い印象を作り出そうとすることは「名誉毀損罪」と「犯罪」だということを自覚したほうが良いと思う。この「区別」大事。

その「作り出された悪い噂」によって人生が奪われた人たちもいますし、自殺をした人、自殺をした子供だっています。「名誉毀損罪」や「嘘からの誹謗中傷」は「心を殺す行為」だという「自覚」も必要です。大人なら普通にわかることでしょう。特に子を持つ親なら尚更。

「”青森市立中2年の葛西りまさん(13)が8月にいじめ被害を訴えて自殺した問題で、りまさんが2学期の始業式で登校した際、自らに関する新たな噂がインターネットで流されていると友人に知らされたことが29日、同級生の証言で分かった。”引用元:(https://www.sankei.com/affairs/news/161030/afr1610300007-n1.html)」噂は心を殺す行為

よく、1人の人間が自殺するほど追い詰められるまで「噂(恐らく作り出した噂もあると思う)」でジワジワと追い詰めたなと思う。周りも「悪い噂を流す悪人を平気でのさばらしたな」と思う。情けない…。僕が知り合いなら他の誰の言葉よりこの子の言葉を信じた。見て見ぬふりする者も同罪。情けない。

「”スマートフォンに残したメモには「もう耐えられません。うわさ流したり、それを信じたり、いじめてきたやつら。二度としないでください」などと記していた。”引用元:(https://www.sankei.com/affairs/news/161030/afr1610300007-n1.html)」

どれだけ辛かったか。どれだけ悲しかったか。悪い噂を流す者に対して甘すぎます。僕はこの気持ちがよくわかります。

暴行罪】 法定刑 2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料

【名誉毀損罪】 法定刑 3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金 名誉毀損罪より、

暴行罪のほうが軽いですね。 名誉毀損がどれだけ悪質な犯罪か…、 ということをもっと知っていくことが大事です。

暴行罪は、相手に暴行を加えたけど、 相手に傷害(傷や害、怪我)を負わなかった時に成立する犯罪です。 名誉毀損罪は、 これよりも罪が重いということです。 名誉毀損罪を軽く見ることは、 まさにモラルハラスメント加害者が人の心の傷を軽く見ているのと同じこと。

子供たちを自殺に追いやるほどの悪い噂を流す名誉毀損や巧妙なSNSなどを使ったハラスメントに対して、多くの人間が目を向けていくことはとても大事なこと。同時に、その「手口」に光を照らすことも大事です。手口の詳細を、細部まで知り尽くすことこそ、その知識、知恵が子供の自殺を防ぎます。

「”列車にはねられ亡くなった。スマートフォンに残したメモには「もう耐えられません。うわさ流したり、それを信じたり、いじめてきたやつら。二度としないでください」などと記していた。”引用元(https://www.sankei.com/affairs/news/161030/afr1610300007-n1.html)」

上記引用文の「それを信じたり」という部分。ここですよここ…。

この「それを信じたり」という部分、ここに「思い込みを植え付けるのが上手い者」「潜在意識に働きかける者」「刷り込み、洗脳が上手い者」が隠れています。この者がいじめ首謀者として隠れています。いじめ問題は全員でこの首謀者を引きずり出すことが解決の1つになります。知識と成長の意味で。

ま、長い時間をかけて、いずれそこまで光が届くでしょう。多くの人が今、そこに向かっているのですから。本当に苦しんでいる人たちは「真実」に向かっていますから。「闇」に「光」が届けば、闇は、闇ではなくなる。根底には「恐怖」があると思います。「恐怖」が勝つか、それとも「愛と勇気」が勝つか

兎に角、自分のやっていることや、妄想、そういったものをこっちに投影したり、邪魔したり、嘘の話を作ったり、そんなカッコ悪いことは自分のためにやめればいいでしょう。

元のツイートは怪しい療法を広めている人で、
洗脳じみた手法を批判されているのでこんなことを書いているようです。

これ、これこそが言った本人の心です。その者、その者の周辺が行っていることがそれなのでしょうね。だって、僕はその者たちのことを書いていたわけではないのです。僕が書いたのは、特定の誰かを指すものではない。

https://twitter.com/Aguafresca5/status/1096776458553282561

これです。「異論があるなら受けて立つ」なんて言っていますが、
異論も何も、あなた誰?って話です。僕の独り言に対して、勝手になんか言ってくるのがおかしいのです。
あなたたちなんて、見たことも聞いたこともありませんから。

例えば、ツイッターで「心理士」で検索をしても、心理を名乗っている者は山ほどいます。
このように大量に心理がいる中で、僕が書いた「ふざけた心理士」が「誰のことか」が「勝手に決められている」のか。
そこが問題です。僕に確認していないじゃないですか。人のことを勝手に決めつけているのが問題です。

繰り返しますが、前記した弁護士の方との話、

実際、過去に僕が発信しているツイートを見て、弁護士の方が「これは誰を指すものですか?」と聞いてきたので、
「特定の誰かを指すものではありません」と返事したところ、相手からは「わかりました(*^-^*)」と返事が来ました。
これは普通ですよね。

この弁護士の方は一切決めつけていません。

なぜ、これに対し、
勝手に自分たち側の誰かのことを言われたと勘違いしたのか?

それは無意識の中に”何らかの答え”があるからでは?
はっきり言います、迷惑です。

僕は、過去、機能不全家族の中で、兄弟が自分の泥棒を隠蔽するために、「嘘」や「事実の歪曲」を使い、僕がやってもいないことをやったと扱われ続けて育ってきて、それも含めて酷い症状が出ていたので、僕はこういった勝手な決めつけには敏感に反応しやすいのです。酷いトラウマだったので。勝手な決めつけをやるのは自由ですけど、悪影響が出る公然の場で、僕のことをネタにして嘘をまき散らすのはやめて下さい。非常に迷惑です。僕の文章を使って、話を捻じ曲げていくのはやめてください。

このように勝手な噂を流しておきながら、「勘違いでした申し訳ございません。削除します」という大人な対応もない。つまり「公然の場で、名誉を毀損したままにしておく(作った悪い噂を残してく)」という意思表示だと思います。

目次

追記

このように相手に伝えました。

この画像は実際の「判決正本」ですが、僕のパートナーに成りすまして掲示板に悪評を流していた者がいました。見た人が信じるような書き方で。当初は、驚きました。そして、名誉毀損で172万円支払えという裁判所命令が相手に下されました。こういうことはやめてほしいなと思います。

僕のパートナの実名を勝手に使って、成りすまして、僕のパートナーが書いているかのように見せかけていたのです。IPが開示され、発信者情報が開示され、明らかになった犯人は大阪の知らない人でした。知らない人が勝手に寄ってきて悪評を流す。これは本当に気持ち悪いことです。

パートナーが書いているかのように「成りすまし」をして、見せかけて、不特定多数の者に閲覧させていたのです。印象が悪くなるように細工をしていました。しかも僕が「強姦」で逮捕されたとか、色々な「嘘」を平気で書いていたのです。そんな酷いこと、僕は出来ない。しかも信じる者も出てきました。

やってもいないことを書かれ、それを信じる者も少しずつ増え、僕は「嘘」によって「悪い人」と見られるようになり、当初、僕らは大変傷つきました。やったことなら全部認めます。しかし嘘を認めることは出来ない。そこまで自分を裏切ることは出来ない。だから嘘に対し、裁判で光を照らしたのです。

書き込みをした者のIP、そこから発信者が開示され、大阪の全く知らない者が犯人だったのです。この大阪の者が、成りすましや、工作などをして、嘘を使って、巧みな手法で、僕らの印象が悪くなるように仕向ける書き込みを長期間繰り返していたのです。本当に驚きました。普通考えつかないレベルです。

嘘を流すのやめて、悪評やめて、名誉毀損やめて、と言うと更に難癖をつけてくる。ツイッターでは、一部、カルト化してきているのかもしれない。だって普通に話せばわかる話です、こんなこと。子供でもわかる話。「嫌だからやめて」と伝えてもやめない。ハラスメントでもあり、それを通り越して、名誉毀損という犯罪ですよね。

本当、この「すり替え」も、ハラスメントの世界に多い。冤罪も。加藤諦三(早稲田大学名誉教授ハーヴァード大学ライシャウアー研究所客員研究員)さんの「モラルハラスメントの心理構造」に「心の世界は冤罪が多い」と書かれていますが、本当にその通りだなと実体験を通して納得しています。モラルハラスメントについて個人的に1番おすすめな本です。

この問題はとてもシンプルです。「かなざわさん」が「名誉毀損」をしなければ良い、それだけの話なのです。僕らは「嫌だからやめて」とお伝えしているだけなのですから。本当のことならなんぼでも言ってくれたら良い。嘘を流されるのは嫌だと感じるのです。人間ですから自然なことだと思います。

これで、彼がどのように「話を作り出しているか」がハッキリとしました。今、僕の発信を見ている人たちがいます。それはこのような手口に傷ついた人です。「そうそうこれこれ!」「このやり方!」「すり替えるやり方!」との声が上がっており勉強になったとのことです。

この声を上げた人は、今回のすり替える手口やそれに似た手口に恐怖している人でした。しかし今、その恐怖が減ってきていると言っています。それは「知らないことを知った」からです。恐怖感情は、知り尽くすと消えるのです。すり替える手口が恐怖なら、どの瞬間ですり替えているか、詳細を知れば良い。

どんなに巧みに悪評を流しても、
本当に心から変わった人たちの心を操作することは出来ない。

彼らのような嘘つきの悪評を信じる者は、
自分で自分を傷つけ続ける者のみ、です。
そして、自分の心に毒を盛り続けているのだから、
いずれ、毒されていくと思います。それも良いでしょう。

追記

昨日の嫌がらせの始まりの原点は()です。自称麻酔医が、僕のツイートのスクショを貼って気持ち悪く感じる無関係な話に、僕のツイートを混ぜて巻き込んでいるから「嫌だからやめて」と言ったわけです。すると?「削除しない」のです。誰が見てもわかる立派な嫌がらせです。

「嫌だからやめて」と伝えてもやめないのは「悪意のある嫌がらせ」なのです。だって「嫌がっている」と伝えているのですから「相手が嫌がっている」とわかっているのですから。言い逃れの出来ない、悪意のある立派な嫌がらせなのです。

このツイートに書いてある通りです。

今回の件からもわかるように、あのような嫌がらせを行う者は、「本当に嫌だからやめて」が通じない生き物です。他の人には一回で通じる話です。

「嫌だからやめて」と伝えてもやめない「悪意のある嫌がらせ」を行う者は、

「劣等感」「劣等感」「劣等感」
「劣等感」「劣等感」「劣等感」
「劣等感」「 傷 」「劣等感」
「劣等感」「劣等感」「劣等感」
「劣等感」「劣等感」「劣等感」

「人を傷つけずにはいられない状態」なのです。

そして、しつこい加害者は自分が悪いと認めないのだから、最後は民事訴訟、刑事告訴などになってしまうのです。そうでもしないと目が覚めないし、悪影響が酷いからです。それも尚、自分悪いとわからない場合は「妄想性障害」の可能性があるのです。

被害妄想とは

「”訴訟を起こされるほどのことでも自分が悪いとは思えず、更には敗訴したにもかかわらず自分の悪い部分を認めることが出来ずに逆恨みをし、”」

引用元(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E5%A6%84%E6%83%B3)

有名なウィキペディアからの引用です。

相手が本当に嫌がっているから裁判を起こしたのに、今度はそれを「脅迫された」などと思い込むのは相手の気持ちがまったくわからないからです。そして自分が被害を受けているのだという強い思い込みがある可能性が高いと思います。その思い込みをSNSで繰り返し植え付けている者がいるようですね。

わかる人にはわかると思いますが、あのSNSでの集合的な「被害妄想」現象、危険な傾向にあると思いますよ。あるカルトは、自分たちは被害者であると強く信じ込んで最後にはその信念を曲げずに集団自殺をした。有名な話ですよね。「被害妄想」は、本当に危険なことです。

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)

最新情報をチェックしよう!