自己免疫疾患の原因の1つは過度なストレスです。自己免疫疾患のような心の状態も同じで勘違いしているのです。免疫力をアップさせることが重要です。

6664 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
自己免疫疾患の原因の1つは過度なストレスです。自己免疫疾患のような心の状態も同じで勘違いしているのです。免疫力をアップさせることが重要です。

バセドウ病も橋本病も、どちらも「自己免疫疾患」です。

自己免疫疾患とは、人間の免疫システムが「異常」になっている状態です。

本来ならば、外部から入ってくる異物を攻撃する免疫システム。この免疫システムが勘違いして狂って、自分の体の一部を攻撃してしまうのです。つまり「自分で自分を攻撃している状態」です。円形脱毛症の原因の1つも自己免疫疾患です。

免疫システムの勘違いが自分の体のどの部分に対し勘違いをするかによって症状が変わってくるというわけです。

この自己免疫疾患は様々な様々な要因で起こります。

今まで見てきたバセドウ病の人たちに「共通」していると思うことがありました。それは「自分」と「他人」を、しっかり「区別」していないということ。そして他人に流されやすく、本当の自分を大切に出来ていないということ。それによって「大きなストレスを生み出してしまっている」ということでした。そして「とても人間的にレベルが高くなる素質がある」ということ。

例えば、バセドウ病と噂されていたサッカー選手の本田圭佑さん。シンガーソングライターの絢香さん。X JAPANのYOSHIKIさん。第64、65代、内閣総理大臣の田中角栄さん。他にも心理カウンセラーの人なども。

僕が思うのは、「とても人間的にレベルが高くなる素質がある」こと。そして「真っ直ぐに進んでいる」と思う人たちです。そういった人たちがまるで試されるかのように自己免疫疾患で苦しむことが多いなと感じています。そして「極度のストレス状態」であることも多いと感じています。

自己免疫疾患は、自分が進んでいる道を更に突き進めるために大切なことを教えてくれている成長のチャンスだと僕は考えています。しかし、その道を進み続けるにあたり、「敵」と「味方」の区別が正確についていない状態。それが自己免疫疾患として教えてくれているのだと思います。

<<下に続く>>

僕は、病院に頼ることが子供のころから嫌いで本当にやばいと思うまで病院に行きません。ですので、自己免疫疾患だったか正確にはわかりませんが、自己免疫疾患のような症状で苦しんでいたことがあります。酷い動機、抜け毛、小さな円形脱毛症、指先の震え、異常な皮膚のかゆみ、急激な体重減少など。その時の僕は、「敵」と「味方」の区別が正確についていない状態でした。

そして本当に苦しい時期に自分の「敵」に気がつきました。今まで気づかなかった「敵」です。その「敵」と闘いました。すると、徐々に症状が改善していったのです。

そんな僕が思うこと。自己免疫疾患からの回復に必要なこととして、「敵」と「味方」の区別を正確につけて自分を大切にするために闘うこと。そして、味方を守ること。それが「ストレスが減ることに繋がり回復していくことに繋がる」と思っております。

以下の引用文も読んで下さい。

免疫に力があると余裕ができますので、体は無理しませんし、間違いも起こしにくくなりますので、自己免疫疾患は起こしにくくなるでしょう。

引用元:自己免疫疾患と免疫力UPは矛盾する? -自己免疫疾患にかかっている人- 熱中症 | 教えて!goo

上記の引用文によれば「免疫力をアップさせることで、自己免疫疾患を起こしにくくなる」ということ。僕もそうだと考えています。

免疫システムが勘違いしているように、自分自身も勘違いして味方を攻撃し敵と闘えていない可能性があるのです。それがストレスを増やしている場合もあります。なので免疫力をアップさせたり、ストレスの原因となる者と時には闘うことも必要です。

何か、参考になれば幸いです。

自己免疫疾患の人はストレスを減らすために免疫力アップに繋がる「呼吸法」もおすすめです。

呼吸法によって免疫力をアップさせることも出来るので、以下の2つの記事も読んでみて下さい。

1、免疫力がアップする呼吸法とは?

2、【がん治療】免疫力を高める方法~呼吸法~

 

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)