親を支配する子供

2563 views
約 2 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
親を支配する子供

子供を支配する毒親もいれば、逆の「親を支配する子供」もいます。親のほうがすごい恐怖を抱いていることもある。親を奴隷にように利用している子供。親に恐怖心を植え付け、親の強がりたい気持ちを逆手にとってコントロールする。そして子供は周囲から見たら大人しくて弱い子を演じている場合もある。

子供の特権である「弱さ」や「涙」を武器にして親を巧みに操る子供もいるのです。そういった子は30歳過ぎたら苦労すると思いますよ。人を支配する味を占めると、なかなか抜け出せませんからね。

親は、子供に舐められたらお終いです。健全な親子関係はありえません。家庭内で子供が親に色々な脅迫をするようになる場合もありますが、それは親として舐められた結果です。親を放棄すると奴隷になってしまう場合もあるのです。また、子供と祖父母が組んで、その子の親を奴隷のように扱うこともあります。

<<下に続く>>

そういった、家庭で親を支配する味を占めた子供は本当にえげつないことを陰でやる場合もあります。演技力も高ければ平気で周囲を騙す。証拠が残らないよう親の大事にしている者や動物に危害を加え「私に意見すると、またやるよ」というような脅迫的な非言語メッセージを送り続け支配する場合があります。

それがバレても「そんなつもりじゃなかった」と平気で嘘をついて誤魔化す子もいます。そして、気づいたほうを頭がおかしい扱いする場合もあるのです。「証拠がない限り堂々巡り」ですから、こう言った場合は、「確かなこと」が本当に大切になってきます。1つ1つ慎重に進めていくことが大事です。

その上で、家庭はすでに崩壊していたことを認めたほうがいいと思います。子供も頼る親がいなければ支配的になっていきやすい者です。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

投稿(質問・感想・一言・お礼)はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)