親を支配する子供

親を支配する子供

子供を支配する毒親もいれば、逆の「親を支配する子供」もいます。親のほうがすごい恐怖を抱いていることもある。親を奴隷にように利用している子供。親に恐怖心を植え付け、親の強がりたい気持ちを逆手にとってコントロールする。そして子供は周囲から見たら大人しくて弱い子を演じている場合もある。

子供の特権である「弱さ」や「涙」を武器にして親を巧みに操る子供もいるのです。そういった子は30歳過ぎたら苦労すると思いますよ。人を支配する味を占めると、なかなか抜け出せませんからね。

親は、子供に舐められたらお終いです。健全な親子関係はありえません。家庭内で子供が親に色々な脅迫をするようになる場合もありますが、それは親として舐められた結果です。親を放棄すると奴隷になってしまう場合もあるのです。また、子供と祖父母が組んで、その子の親を奴隷のように扱うこともあります。

そういった、家庭で親を支配する味を占めた子供は本当にえげつないことを陰でやる場合もあります。演技力も高ければ平気で周囲を騙す。証拠が残らないよう親の大事にしている者や動物に危害を加え「私に意見すると、またやるよ」というような脅迫的な非言語メッセージを送り続け支配する場合があります。

それがバレても「そんなつもりじゃなかった」と平気で嘘をついて誤魔化す子もいます。そして、気づいたほうを頭がおかしい扱いする場合もあるのです。「証拠がない限り堂々巡り」ですから、こう言った場合は、「確かなこと」が本当に大切になってきます。1つ1つ慎重に進めていくことが大事です。

その上で、家庭はすでに崩壊していたことを認めたほうがいいと思います。子供も頼る親がいなければ支配的になっていきやすい者です。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)