Google検索

ダブルバインド(二重拘束)で心に溜め込む仕組みを作られている人は気づこう!統合失調症患者の家族のコミュニケーションのパターンにダブルバインドが多い!

ダブルバインド(二重拘束)で心に溜め込む仕組みを作られている人は気づこう!統合失調症患者の家族のコミュニケーションのパターンにダブルバインドが多い!

※すべての人に当てはまるものでは御座いません。またこの話が社会の至る所に隠れて蔓延しているというわけではなくごく一部のお話です。

溜め込む仕組み

辛さやストレスなどを溜め込んでしまう人は、弱いとか、意見も言えない情けない奴だとか否定されがちです。しかし、本当は弱いわけでも情けないわけでもないのです。辛さやストレスなどを溜め込まなければ良いのですが、無意識で他者の汚物感情を背負わされる約2割の人は「溜め込んでしまうようにされている」ことがあります。

何故、約2割なのかというと「2:6:2の法則」というものがあって、アリの世界では「良く働くアリ(2割)」「普通に働くアリ(6割)」「働かないアリ(2割)」と2:6:2で分かれてしまいます。引用文も合わせてお読みください。

よく働いているアリだけを集めても、一部がサボりはじめ、やはり2:6:2に分かれる。
サボっているアリだけを集めると、一部が働きだし、やはり2:6:2に分かれる。

引用元:働きアリの法則 – Wikipedia

このような働きがあるということですが、これは人間にも似たような感じで起こります。たとえば”いじめ”ですが、「いじめる側(2割)」「傍観者(6割)」「いじめられる側(2割)」と2:6:2で分かれてしまいます。機能不全家族でも「汚物感情を背負わす側(2割)」「傍観者(6割)」「汚物感情を背負わされる側(2割)」と2:6:2で分かれてしまいます。機能不全家族の「汚物感情を背負わされる側(2割)」はスケープゴートタイプ(身代わり、犠牲になる者)もそうです。

そうやって「汚物感情を背負わされる側(2割)」が、感情を吐き出せずになり、溜め込んでしまうようにされている方法の一つが「ダブルバインド(二重拘束)」と言います。

ダブルバインド(二重拘束)とは

ダブルバインド(二重拘束)という「二つの矛盾した命令」を受け取った子が、その矛盾を親(相手)に指摘できないのに、子(自分)は親(相手)に応答せざるを得ないような状態を作ることで「溜め込むシステム」が作られていくのです。

ダブルバインド(二重拘束)とは、文化人類学・精神医学などの研究者であるグレゴリー・ベイトソン(遺伝学者ウィリアム・ベイトソンの息子)という人が、「統合失調症の子供をもつ家族を調査する中で発見」した「コミュニケーションパターン」のことを言います。

ダブルバインド(二重拘束)は、まず最初に「○○するな!」というような「禁止命令」を出します。従わないと「罰する」という禁止令です。コントロールですね。そして次は「条件付け」をします。「親からの愛が欲しかったらいうことを聞けと無言のメッセージ」など。ここで不満や矛盾を子供は感じると、そこに強制的に第二の禁止令を発します。第二の禁止命令は「意見を言うことは禁ずる」です。

このようにして子供が当たり前に必要とし、欲する愛情や、心配などに条件を付け、「欲しかったら、意見を言うな、従え、従わないと罰するぞ。」という感じで、心に手錠をかけて無意識レベルから心を縛っていくのです。

これがコミュニケーションにおいて、どんどん行われてリズムに乗っていると、何が起きているか中々理解できないもので、しかしもそれが子どもであれば尚更理解できません。そして、矛盾したコミュニケーションパターンで日々縛られていくと混乱していきます。そして、ベイトソンの言う「統合失調症のような症状を示す」ようになっていくのです。

ダブルバインド(二重拘束)はモラルハラスメントの加害者が使うこともあり、ダブルバインド(二重拘束)で心を縛り上げ、逃がさないようにしてから、相手の心を理解不能なレベルで傷つけて、執着を生み出し、相手がしつこくしてきているように見せかけ、加害者が被害者のフリをしたりして、モラルを使って相手に嫌がらせをしていく場合にダブルバインド(二重拘束)が使われる場合もあります。

ダブルバインドの例

ダブルバインドの例1:

1、親が子供に言葉で「こっちにおいで」と言う。
2、子供が親の所に行くと、親は言葉以外の仕草や声のトーン視線など非言語部分で「こっちにくるな」というメッセージ時を送る。
3、こっちにおいでと言われたから行ったのに嫌な態度をされるので子供は混乱する。
4、そして離れることを禁止してこの矛盾からの不快感を食らい続けるように仕向ける。

ダブルバインドの例2:

1、親が子供に「親を非難する者は絶対に許さない」「人の思いを裏切るやつは許さない」「辛い人の事は助けろ」「弱い人間はうちでは不要だ」など暴力や脅迫、威圧、家族内の空気作りで罰し禁止令を出します。
2、子供が愛情なしでは生きられない点を悪用し、「愛情が欲しかったら強くあれ」と繰り返し刷り込みます。
3、親は「俺は子供たちがいつも心配で大事で忘れた時などなかった。必要であれば子の為に命を捨てれる」親は「俺はお前たちに言っていない思いがあるんだ」と子供にどれだけ大事に考えているかということと、自分の寂しさを言語で繰り返し伝える。
4、これで心が拘束される。
5、親は日々「具合は大丈夫か?」と心配している親を演じて聞く。
6、子供が具合が悪いから素直に言うと非言語的メッセージで追い込む。逆に子供が嘘で「具合は大丈夫」と言うと子を褒める。
7、そして3の親は「俺は子供たちがいつも心配で大事で忘れた時などなかった。必要であれば子の為に命を捨てれる」と子供に伝えることを繰り返す。子は感情が麻痺していく。
8、子供は親を裏切っても自分は悪。親の事を心配しないとそれも悪。自分の弱さを出すことを悪。その悪から唯一逃れる方法は親が知っていると匂わせておく。子供は苦しみのどん底だけどそれを出すことすら禁じられているので神経症のような症状や精神疾患になっている可能性がある。
9、これによって混乱の中に子供は落ちていき、生きる力が奪われて作り出された架空の悪の苦しみに拘束されてしまう。脱出のカギは親だけが知っていると思い込まされているので親から離れるには命懸けになる必要がある。

ダブルバインドの例3:

1、AさんがBさんの承認欲求(人を助けなければいけないという深い思い込み)に働きかけ、AさんがBさんに「助けて」のメッセージを伝える。
2、Bさんが、助けてほしいというメッセージを出したAさんの所に行きAさんを助ける。するとAさんがBさんから巧みに搾取する。搾取が終わると、Aさんは言葉以外の仕草や声のトーン視線など非言語部分で「熟知しているBさんの傷」を刺激する。
3、助けてと言われたから助けたのに、搾取されて、傷つけられるのに、傷つけていないと言われ、混乱する。
4、そして「Bさんだけが助けてくれそうな気がするから」と「助けてくれなかったら死ぬ」かのように思わせ、Bさんが離れることを禁止して、この矛盾からの不快感、搾取、精神的な嫌がらせを食らい続けるように仕向ける。そして気がついたらBさんが加害者になり、Aさんが被害者になり、心が嘘と事実が織り交ざり、雁字搦めになって混乱状態と極度のストレスになってしまう。

<<下に続く>>

本人も気づいていないことが多い

統合失調症患者の家族のコミュニケーションのパターンに、このダブルバインドが多いことがベイトソンによって発見されています。子供を統合失調症にしないために、このダブルバインド(二重拘束)をやめなければいけません。ダブルバインド(二重拘束)は、ほとんどが無意識で行われているので、やっている本人も気づいていません。なので、自分の無意識に責任を持つ必要があるのです。ですので、一般的には溜め込む方が悪いと言われ責められるのですが、実は溜め込む人はダブルバインド(二重拘束)を悪用したモラルハラスメント加害者からの被害者だったりする場合もあるので、かわいそうなのは溜め込む人なのです。巧妙になればなるほど理解されず、抜け出しにくいのです。

心を監禁してはいけない

悪いという言葉を使うのなら巧妙にダブルバインド(二重拘束)で心に手錠をかける側です。ダブルバインド(二重拘束)で悪質な心の手錠をかけることは、本来は懲役に行くべきようなものです。人を刺したら懲役に行くのに、ダブルバインド(二重拘束)で心を破壊し子供の人生を奪う人間はのうのうと生きている。おかしな話なんです。監禁すると逮捕されるのに心の監禁は逮捕されない・・。今後はどんどん無意識の悪事は暴かれていくのです。小さいころから情報をコントロールしていけば成長材料が偏りますからダブルバインド(二重拘束)×365日×数年で、完全に心の牢獄に閉じ込めることが可能なのです。

これほど悲惨なことはないのです。しかも目に見えないので今まではダブルバインド(二重拘束)を行っている側は善人のフリをしたり欺きが得意なので良い人だと言われていることがあります。ダブルバインド(二重拘束)で心に手錠をかける側の特徴として、表面上はモラルを振りかざすので良い人だと言われやすいけど、よく話を聞くと矛盾をよく発すること、妄想が強いことがあると、私の経験から感じております。ダブルバインド(二重拘束)を巧妙に使い、背負わされる約2割の犠牲のもと、自分の立場を確立している人間。ここを理解する必要が高まってきています。モラルハラスメントは嘘と欺きで相手の心を知らない間に縛っていくのです。

モラルハラスメント加害者はダブルバインドを使うことも

モラルハラスメントは相手の人格を破壊し攻撃を隠ぺいしダブルバインドで矛盾と混乱を量産し支配していくケースもあります。悪化すれば、まるで悪魔がコミュニケーションに潜んでいるかのような異常なコミュニケーションになり、ターゲットとなった人は屈しないでいると頭がどうにかなりそうになり暴れることがあります。そのターゲットが暴れる時はこの見えない「矛盾と混乱による支配」に対して反抗している時なのです。

そしてダブルバインドにより「傷つくことを防ぐことすら」禁止されて「心に溜め込む仕組み」が形成されることもあります。

ですので、心に溜め込む仕組みを作られている人は逆に「心に溜め込まない仕組みを作る」ことが大事なのはお分かりいただけたかと思います。「心に溜め込まない仕組みを作る」にはまず「自分が溜め込んでしまう仕組みを理解」することが必要です。

「矛盾や混乱を一掃する!」という決意も大事です。矛盾したコミュニケーションをしてくる人との会話などを録音したり録画したりして一言一句聞き逃さない姿勢で自己分析をしてみて下さい。

すると、どのように自尊心が傷つき、どのように相手の心理的賄賂を受け取って、どこに気づいていないか、どんな攻撃を見逃しているか、どのくらい集中力がないか、相手に媚びてはいないか、自分を犠牲にしていないか、など分かってきます。

心に溜め込む仕組みを作られている人はこういった事に気付けないままコミュニケーションをとっているので自尊心への攻撃する人からすると”良いカモ”なのです。ですから「心に溜め込まない仕組みを作る」には真剣に集中し一言一句聞き逃さないような感じでコミュニケーションを取らないと、気づかない隙間からマイナス感情を背負わせられているのに気付かないので、段々と溜まっていきます。

言葉は悪くなりますが「心に溜め込む仕組みを作る側の勝手な言い分」としては「適当に成長もせずボーッと生きてる奴が悪い」という事らしいです。

美徳を使って巧みに心を縛り上げてくるモラルハラスメントについては加藤諦三さんのモラル・ハラスメントの心理構造 ~見せかけの愛で他人を苦しめる人~を読んでみて下さい。理解が深まります。

このような、心を縛られることについてもっと深く知りたい方は、是非読んでみて下さい。読むと、何故自分が苦しかったのか、見せかけの愛とはなにか本質から気づけます。縛られない自分になっていきましょう。世の中には平気で嘘をついて騙す人もいます。それが自然なことです。だからこそ心は自分で守ることが大事になってくるのです。そのためには「知識」も必要です。

ここまでお読みいただけると、統合失調症とダブルバインドには深い関係があるということが分かって来たかと思います。単純にダブルバインドだけが原因と言うわけではなく、統合失調症には食事や生活習慣も関係しています。生活習慣を改善し、心を開放し、理解を深め、コミュニケーションを改善していくことが、自分を守ることに繋がります。

薬に頼らずに統合失調症を改善する方法

ダブルバインドをする人の改善

ダブルバインドをする人が改善されるには「意識」と「無意識」で矛盾が多い事に気づくことが大事だと思います。「意識」で発するメッセージと「無意識」で発するメッセージに矛盾が多いので、本人が自覚していないことが殆どです。本人が自分の矛盾したメッセージを発している部分に自覚することが必要です。

ダブルバインドは「連鎖」していく事がありますので「矛盾したメッセージを受け取らず、そして、流さず」を大切にしていく事も必要です。

ダブルバインドで悩んでいるということは、心の開放をするチャンスかしれません。多くの人を苦しめるダブルバインド。ダブルバインドを使う人をやっつけても、結局いたちごっこになると思います。

アメリカ臨床催眠学会の創始者であり、初代会長だったミルトン・エリクソン。ミルトン・エリクソンはダブルバインドをプラスに使ったそうです。以下の引用文をお読み下さい。

治療的ダブルバインド(therapeutic double bind)はダブルバインドを積極的に利用することで精神治療に役立てようとするもの。矛盾する指示に対する二者択一的な状況に、相手を置く点では通常のダブルバインドと同じであるが、そのどちらを選んでもよい結果となる(勝つ)ようにする点が異なる。ミルトン・エリクソンが提唱した。

引用元:ダブルバインド – Wikipedia

どんなことにも良い方法と悪い方法、プラスとマイナスがあります。相手を良い方向へ導くダブルバインドなら素敵なことだと思います!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by しゃけ鍋いべー

    モラルハラスメントの記事からこれをみて、まさに自分と親に当てはまるので、驚いています。

    本当に自分を変えなければ状態はどんどん悪くなるんでしょうね…

    私の場合、どんなに苦しくても楽しくしなければならず、誰にも愚痴は言えず、常に死にたいです。
    こんなに苦悩しているのに、周りの人は気づかないくらい普段は明るく振舞ってしまうから、ますます自分で自分の首をしめてしまう。

    最近は無気力になって最低限のやる事だけやって、あとは家のどこかで転がっている状態…
    自殺もやってみようとするも直前で恐怖が湧いてできないし、このままではいけないと焦りばかりが募るのみ。

    それでも頑張って呪縛を解かなければ、悪化してさらに周りに迷惑をかけてしまう事はわかるのですが、何をやったらいいのかわからない。

    とりあえず、お勧めされている本を読んでみようと思います。

    参考になる記事でした。
    ありがとうございましたm(__)m

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      コメントありがとうございます。
      そうなんですよね。
      誰かを変えるのではなく、自分を変えていく。
      変えていくためには行動も大事ですが、行動の基盤である「知識」が必要になります。
      「知識」をつけずに行動すると失敗したときのダメージが大きいので、
      行動の基盤としての知識をつけていくと良いと思います。
      記事で紹介している本のおかげもあり、私は1つの支配の仕組みから抜け出すキッカケになりました。
      参考になれば幸いです。

  2. by 匿名

    >言葉は悪くなりますが「心に溜め込まない仕組みを作る側の勝手な言い分」としては「適当に成長もせずボーッと生きてる奴が悪い」という事らしいです。

    間違っていたらすみませんが、この部分「心に溜め込まない仕組みを作る側」となってますが「溜め込む」ではないですか?

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      コメントありがとうございます。

      確認しましたところ、匿名さんの仰っている通り「溜め込む」です。「心に溜め込まない仕組みを作る側」は記載ミスです。
      教えていただけたおかげで修正することが出来ました。

      ありがとうございました。

  3. by 痛いです…

    苦しい…この記事を読ませていただいき、息がしづらくなりました…
    明確に自覚はできていませんが、二重か三重くらいの箱の中にいる感じが普段からあります。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      ダブルバインドを使われているのに気が付かないでいると、理由がよくわからず苦しいと言う状態になっていた経験があります。
      私の場合ですが相手がどのような方法で使っているかを明らかにしそれを相手にしっかり伝えて楽になっていきました。
      当時は何重にも蓋をされた箱の中というイメージでした。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。